古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

PCを上手に光らせるには? 小物+間接照明で豪華なライトアップPCを作る

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/25
PCを上手に光らせるには? 小物+間接照明で豪華なライトアップPCを作る © KADOKAWA CORPORATION 提供 PCを上手に光らせるには? 小物+間接照明で豪華なライトアップPCを作る

光マシマシにしてからが本番 光マシマシにしてからが本番  Aura Sycn対応製品をある程度揃えていくとPCが全体的にまばゆくなり、ライトアップPCっぽさが増してくる。対応機器をひととおり揃えてみると、ある段階で特定の部分だけアピールしたくなったり、自分の好みの方向性が見えてきて、さらなるステップアップに繋がるはずだ。今回はより突っ込んだライトアップのツボを探ってみる。 LEDテープを上手く活用する  ある程度の長さ調整ができるLEDテープは、ケース形状に合わせて設置しやすいため、マストアイテムだといえる。ただしそのまま設置すると、妙に輝度が高い製品ばかりなので、目立ちすぎる問題とぶつかってしまう。そこでオススメしたいのが、間接的に照らす目的でのテープ配置だ。たとえば、ケースの四隅に設置してみるだけでも、暗くなりがちなケースの隅をマーヴェラスに照らすことができる。 LEDケーブル。両面テープタイプとマグネットタイプがあるので、ケースに応じて選ぼう LEDケーブル。両面テープタイプとマグネットタイプがあるので、ケースに応じて選ぼう PCI-Eスロット周辺のライトアップにもいい PCI-Eスロット周辺のライトアップにもいい  Aura Sync対応ではないPCケースを使用している場合にも、LEDテープは便利だ。天板部や側面にあるスリットから光が漏れるようにすると、よりサイバーな感じが強くなる。とくに冷却性能を重視するケースほど光の漏れる箇所が多い傾向にあり、光らせにくいと思ったケースも十分ライトアップの対象になるわけだ。またキューブタイプのケースを光らせてみたい場合にもLEDテープは便利。間接的なライトアップはアクセントにもなることは覚えておきたいポイントだろう。 ケースによっては天板や側面の吸気/排気口がある。LEDテープを上手く配置して、写真のように光らせてみるのもいい ケースによっては天板や側面の吸気/排気口がある。LEDテープを上手く配置して、写真のように光らせてみるのもいい LEDテープではないが、タイミングよくこれからPCを組む予定であれば、ThermaltakeのLED搭載電源『Toughpower』シリーズも狙い目 LEDテープではないが、タイミングよくこれからPCを組む予定であれば、ThermaltakeのLED搭載電源『Toughpower』シリーズも狙い目 分岐アイテムやファンも買おう!  2017年7月時点で見ると、4ピン RGBコネクターの分岐ケーブルやなにやら使えそうなアイテムはAmazonで簡単に入手できる。具体的な情報が皆無に近いため、人柱精神を必要とするが、オススメは分岐ケーブルだ。4ピン RGBコネクターを大量に搭載するマザーボードはないため、コネクター数に合わせてPCを組もうとすると結局対応パーツが少なくなり、自分以外の環境と似よたり寄ったりになってしまう。そのあたりを強引にねじ伏せるためにも、分岐ケーブルかコントロールユニットは用意すべきだ。 分岐ケーブル。ケーブルマネージメントの苦労は増してしまうが、背面配線で誤魔化すのならば、アリ 分岐ケーブル。ケーブルマネージメントの苦労は増してしまうが、背面配線で誤魔化すのならば、アリ SilverStoneの『LSB01」はAura Sync対応のコントロールボックス。自分でケーブルの長さを調整するのであれば、こちらのほうが都合がいいだろう SilverStoneの『LSB01」はAura Sync対応のコントロールボックス。自分でケーブルの長さを調整するのであれば、こちらのほうが都合がいいだろう  次にファンを見ていくと、今のところ国内で入手できるのはアイネックス『AK-FN093」のみとなっている。初心者向けのライトアップ講座(参考記事)でも触れているが、ケースの吸気/排気ファンとして使用してもいいし、CPUクーラーのファンとして使うのもアリだ。とくにCPUクーラー方面は、Aura Sync対応製品が海外でも少なく、お気に入りのCPUクーラーをライトアップするのも楽しい(参考記事)。 使用しなくなったCPUクーラーをデコレーション目的で光らせて、PC周辺に設置というのもアリではないだろうか。祭壇的な意味で 使用しなくなったCPUクーラーをデコレーション目的で光らせて、PC周辺に設置というのもアリではないだろうか。祭壇的な意味で トップフロータイプであれば、発光部分が目立つ。サイドフローの場合は設置環境次第になる トップフロータイプであれば、発光部分が目立つ。サイドフローの場合は設置環境次第になる 引き算をしよう  何かと光らせてみると、逆に眩しすぎて困るというシーンもあるし、アクセントが多すぎて、眩しいだけになりがちだ。そうなると“どこを光らせるか”の方向づけが重要になってくる。たとえば、エッジのみを光らせる方向に走ってみるのもいいし、LEDテープにトレーシングペーパーを巻いてディフュースしてみてもいい。 今回は何かとマシマシをしてみたが、正直なところ、PC操作をしようとすると眩しい 今回は何かとマシマシをしてみたが、正直なところ、PC操作をしようとすると眩しい パーツによってはほんのり光るタイプもあるが、大半は直球な光り方をするものが多い。店頭のライトアップPCを見て、どのように光るのかもチェックしておきたい パーツによってはほんのり光るタイプもあるが、大半は直球な光り方をするものが多い。店頭のライトアップPCを見て、どのように光るのかもチェックしておきたい LEDテープの種類が増えると、より楽しくなるかも  現状のLEDテープは太いものが多く、ケース内に設置しようとすると意外と制限を受けやすい。カットすることで対応できなくもないが、パーツのエッジだけを光らせるといった用途には厳しく、細いLEDテープが登場すると、パーツだけでなく、ケース自体のライトアップもやりやすくなるかもしれない。そういった製品の情報はまだないため、いずれの話になるが、2017年7月時点のライトアップを考えると、使い勝手のいいパーツを選んだあとは、LEDテープやファンでオリジナリティーを強調していくのがいいだろう。  なお組み上げたら記念撮影になるのだが(編注:ならない場合もあります)、マニュアル撮影のできるデジタルカメラがオススメだ。コンパクトデジタルカメラでもマニュアル撮影が可能なモデルもあるし、一部スマホでもOK。ただし焦点距離は広角より中望遠付近のほうが雰囲気がいいため、35mm判換算60~105mm付近で撮影してみるといいだろう。 自作PCファンの一部においては、ふらっとカメラ沼に入っている読者もいると思うが、オフカメラでの撮影は楽しいのでオススメ 自作PCファンの一部においては、ふらっとカメラ沼に入っている読者もいると思うが、オフカメラでの撮影は楽しいのでオススメ 【ライトアップPCコンテスト開催!】  ASUS×ASCII.jp特別企画として、Aura Sync機能を搭載したライトアップPCのコンテストを開催中! 最優秀賞者には、日本三大夜景のうち一都市を選べる旅行をプレゼントとのこと(ライトアップPCだけに)!! 詳細はこちらのページをチェック! ■関連サイト ライトアップPCコンテスト特設サイト ASUS AURA SYNC

PCを上手に光らせるには? 小物+間接照明で豪華なライトアップPCを作る

PCを上手に光らせるには? 小物+間接照明で豪華なライトアップPCを作る
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon