古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Ryzen 3は性能でもコスパでもCore i3と真っ向勝負

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2017/07/31
Ryzen 3は性能でもコスパでもCore i3と真っ向勝負: 【その他の画像】 © ITmedia PC USER 提供 【その他の画像】

 AMDからRyzen CPUシリーズとしてはエントリーに属する「Ryzen 3」が登場した。AMDはRyzen 7、5と、ライバルに対してコア/スレッド数を拡大し、一方でコスパという点でも競争力をアピールしてきた。そしてエントリー向けのRyzen 3では、どのような点で自作ユーザーの心をときめかせてくれるのだろうか。

●Ryzen 3はエントリー向けで4コア/4スレッド

 Ryzen 7は8コア/16スレッド、Ryzen 5では6コア/12スレッドまたは4コア/8スレッドだった。そしてRyzen 3は4コア/4スレッドとなる。ここにきて初めてSMTが無効化されたコアが登場したわけだ。ちなみに、CCX(Core Complex)は2+2構成。つまり、Ryzen 5 1500Xや1400をSMT無効化したと思えばよい。

 Ryzen 3 1300Xと1200は、動作クロックのほかは違いがない。L3キャッシュについては、4コア/8スレッドのRyzen 5 1400と同様に8MBなので、エントリー向けCPUとして見ればリッチと言える。TDPは65Wだ。Ryzen 7 1700は、例外だが、CCX4基のRyzen 5 1500X、1400、Ryzen 3 1300X、1200はすべて65Wということになる。

 その中でも、Ryzen 3ではSMTが無効化されているため、実際にはより消費電力を抑えられると期待できる。ほか、CPUクーラーはWraith Stealthが付属。Wraithシリーズとしてはベーシックな製品だが、TDP的には十分であり、特に自作PCを初めて組み立てるような場合、コストを可能なかぎり圧縮したい方にとって、純正クーラーが付属することはありがたい。

 さて、Ryzen 3をサポートするチップセットは、引き続きX370、B350、A320の3つがある。エントリーCPUでも多機能を望めばX370だが、コストを抑えるならB350やA320が有力になる。このタイミングで一度復習しておこう。

 X370はOC対応でレーン分割マルチGPU対応の全部入り、B350はOC対応でレーン分割マルチGPU非対応、A320はOC非対応でレーン分割マルチGPU非対応となる。そのほか、USBやSerial ATAポート、チップセット側のPCI Expressレーン数などが若干異なる。このように、大きな機能で見れば、X370とB350についてはマルチGPUを利用するかしないか、B350とA320はOCをするかしないか、といった判断が分かれ目になる。

●やや低クロックな物理4コアと、高クロックな論理4コアがほぼ互角

 それではRyzen 3 1300Xを用いてベンチマークで性能を見ていこう。一部Ryzen 3 1200を加えるとともに、比較としては、Ryzen 5 1600XおよびCore i3-7350Kを加えた。

 AM4プラットフォームのマザーボードは、AMD評価キットに付属した「MSI B350 TOMAHAWK」を用いた。チップセットはB350で、Ryzen 3に合わせてシステムコストも多少抑えた構成になる。LGA 1151プラットフォームのマザーボードにはASRock「Fatal1ty H270 Performance」を用意した。X370に対するZ270、A320に対するB250と考えれば妥当だろう。

 メモリに関しては、AMD評価キットに付属したGeIL「EVO X GEX416GB3200C16DC」を用い、安定動作を確認したDDR4-2933モードでテストしている。Ryzenの正式なメモリサポートはDDR4-2666までだが、メモリコントローラのOCメモリのサポートが拡大しており、シングルランクのデュアルチャネル、2枚使用の場合、かなり高クロックのものまで動作するようになった。

 ただしそれはIntelでも同様だろう、と言いたいところだが、今回のようにB350の同クラスのチップセット「H270」を用いた場合は、メモリのOCに対応していない。ハンデができてしまったわけだが、そこはプラットフォームの違いとして頭の片隅にメモしておくとよい。そのほかの検証環境には、グラフィックスカードがNVIDIA GeForce GTX 1080 Ti FEリファレンスカード、ストレージがCrucial MX300 CT750MX300SSD1(Serial ATA 3.0、750GB)、電源ユニットはSeasonic SS-1000XP(1000W、80PLUS Platinum)を用いた。

 それでは結果を見ていこう。

 CINEBENCH R15は、論理コア数で勝るRyzen 5 1600Xがダントツとして、Ryzen 3 1300Xが500cb台、Ryzen 3 1200とCore i3-7350Kは400cb台と続いた。Core i3-7350Kも論理4コアだが、Ryzen 3の物理4コアが勝っていることが分かる。

 ただし、論理コアと物理コアという違いからするとわずかな差だ。その理由の1つがクロック、もう1つはシングルコア側のスコアが物語っている。シングルコアで最も高いスコアはCore i3-7350Kだ。4.2GHzというブーストクロックが抜きん出ていることに加え、IPCの差もある。これはRyzen 7/5でも言われてきた点だ。

 PCMark 10のOverallは、最も高スコアだったのがRyzen 5 1600Xであるのはよいとして、次に続くのはCore i3-7350K、そしてRyzen 3 1300X、1200となった。CINEBENCH R15の順位とは異なり、システムパフォーマンスが単に演算性能だけでないことが分かる。

 次にPCMark 10のスコアを個別に見ていこう。EssencialsシナリオのOverallは論理12コアのRyzen 5 1600Xがわずかにリードし、次に続くのがCore i3-7350K。Ryzen 3の2製品はそこから若干差をつけられている。Ryzen全体で見ると不得意なのはApp Start-upとWeb Browsingの2点。Ryzen 3が不得意とするところはVideo Conferenceで、ここはCore i3-7350Kが同じ程度、Ryzen 5との差が大きいことからコア数がモノを言うことが分かる。

 Contents Creationシナリオは、これはほぼすべてコア数がモノをいうテストのため、Ryzen 5と3とで差が目立つ。この分野で生産性を上げるのであれば、予算を確保して少しでもコア数の多いCPUを用いるべきだ。ただし、Photo Editionのように、家庭における用途の中心になるところでRyzen 3勢がCore i3-7350Kを上回っているところは明るい。

 Productivityシナリオは、スプレッドシートとライティングという2つのテストから構成されているが、どうもこのテストはRyzenが不得意としているようだ。デスクワーク系のPCを検討するのであれば、Core i3のほうがRyzen 3よりもコスパに優れると言えるだろう。コスパと言えばRyzen 3は統合GPUを統合していないため、グラフィックスカードが必須。この点でも、事務用PCではCore i3がベターだろう。

 Gamingシナリオは、ほぼ3DMarkなので、次で詳しく見ていこう。

●グラフィックスベンチマークへの影響は

 3DMarkのスコアを見ると、同一GPUでは、基本的にGraphicsスコアはほぼ同じで、CPU、Physics、Combined(GPU性能が飽和したFire Strike時のみ差が付いている)というCPUが関わるテストでのみ差がついていることが分かる。

 CPUが絡むテストで見ると、Ryzen 3 1300XはCore i3-7350Kよりも高く、Ryzen 3 1200はCore i3-7350Kとほぼ同等だ。Graphicsテストについては、厳密に見ればCore i3-7350Kが少しだけ高いスコアを出す傾向が見られる。ここはシステム周りの性能差がついたと言えるだろう。

 Tom Clancy's Ghost Recon Wildlandsを見ると、3840×2160ピクセルについてはさほど大きな違いはなく、フレームレートで1.5fps差に収まっている。GPU側の限界がフレームレートに現れると言える。

 一方、GPU負荷がそこまでではない1920×1080ピクセルではCPU毎のフレームレートの違いも大きくなる。最も高いフレームレートを出したのはRyzen 5 1600Xであり、これに続くのはギリギリでRyzen 3 1300Xだが、実質的にCore i3-7350Kと同じ程度だ。ただし、ここまでの3つの製品のフレームレートの差は2fps程度だ。Ryzen 3 1200のみ、どうも力不足という印象がある。この要因はクロックの低さだろうか。

 同時に結果が出るCPU使用率(平均)では、3840×2160ピクセル側は多少荒れるが、フレームレートで差が出た1920×1080ピクセルで見ると、Ryzen 3とCore i3-7350Kが同じ程度だ。

 Rise of the Tomb Raiderも、3840×2160ピクセルに関しては先にGPU側の限界がくるため、性能差が出るのは1920×1080ピクセルだ。最もフレームレートが高かったのはCore i3-7350Kで、かなり大きな差が付いているので、これはアーキテクチャの違いが影響していると考えられる。Ryzen 5がここまで低かったことも気になる。クロックではRyzen 3 1300Xよりも高いため、SMTやより大きなL3キャッシュが悪い方向に働いたと考えるほかない。

 消費電力は、アイドル時は4製品さほど変わらず、高負荷時はTDPが95WのRyzen 5 1600Xのみ高いが、ほか60W台の3製品は120W前後で落ち着いている。マザーボードが異なるため、厳密に同じ条件ではないが、Core i3-7350Kと同じ程度であることは安心材料と言えるだろう。

●Core i3とがっぷり四つ。GPU非統合なぶんコスト計算は念入りに!

 ベンチマークを振り返ると、得手不得手はあるもののRyzen 3 1300XはCore i3と概ね同程度のパフォーマンスを示し、消費電力でも同程度に収まっている。この2点を指標とするならば、あとは好みでプラットフォームを選べばよいのではないだろうか。

 販売が始まった秋葉原のショップではRyzen 3 1300Xが1万8000円弱、1200が1万5000円弱(税込み)。Core i3に当てはめると、ミドル〜ローエンドに合わせた価格と言える。Core i3の最上位である7350Kが1万9000円前後なので、この点では魅力的だ。

 ただし、Ryzenにはグラフィックスカードのコストがかかり、Core i3-7350Kに限ればCPUクーラーのコストがかかる。こうした理由で最小限のグラフィックス機能でよい場合でも両者同じようなトータルコストになるだろう。比較的高性能なグラフィックスカードを搭載する前提ならば、Ryzen 3のほうが間違いなく低コストだ。マザーボードやメモリ等、そのほかのパーツを、魅力やコストの面で検討し、Ryzen 3とCore i3のどちらを選ぶか決めればいい。

 1つ注意点を挙げるならば、Ryzen 3はスモールフォームファクタ(SFF)向きの製品ではない。グラフィックスカードが必須であるためだ。1スロットのロープロファイルカードを選べばブックサイズPCまでは小型化できるが、Core i3とMini-STXケースのようなさらに一回り小さなPCは構築できない。そうしたニーズは、同じ4コアと言われているRyzen APUを待つのがよいだろう。

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon