古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

SaaSとオンプレミスシステムの統合が直面する課題とは?

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/05/14 ITMedia

 企業には、自社のデータセンターでアプリケーションを実行する、コロケーションセンターを利用する、完全にホスティングされたデータセンターを運用するといった選択肢がある。ほとんどの企業にとって、何もかもクラウドに移行させるのは非現実的だ。

 だが、誰がITを保有あるいは運用するかという問題以上に、CIOはクラウドアプリケーションを本格的なエンタープライズシステムの一部として機能させることの現実性を検討しなければならない。

 英国の調査会社Ovumの最近の報告書「Exploring Different Approaches to SaaS Integration」(SaaS統合への各種アプローチの検討)の中でアナリストのサウラブ・シャーマ氏は、クラウドコンピューティング全般、特にSaaS(Software as a Service)の急成長が、エンタープライズアプリケーションポートフォリオの混在性を加速させていると指摘した。

 同氏によると、クラウドコンピューティングが情報サイロの増大と、統合の一層の複雑化につながりかねないことは多くの組織が認識している。「複数のエンタープライズプロセスの自動化を伴うオンプレミスとSaaSやB2Bの統合など、複雑な統合要件を満たせる点が、サービス指向アーキテクチャ(SOA)普及の最大の原動力となっている。SOAがふさわしい選択肢になるオンプレミスとSaaSアプリケーションの統合には、共通するシナリオが幾つかある」と同氏は言う。

 Gartnerによれば、SaaS統合はSaaSの普及曲線を追う形で進行している。言い換えれば、企業は単一のSaaSアプリケーションを運用してビジネスプロセスに組み込むだけでなく、SaaSを統合する必要がある。これは中堅企業で起きているとGartnerは見る。ただ、この1年ほどでさらに規模が大きい企業もSaaSと非SaaSシステムの統合に乗り出した。

 Gartnerフェローのマッシモ・ペッツィーニ氏は、SaaSとオンプレミスシステムの統合に当たって企業は幾つもの筋書きに対応しなければならないと指摘する。まず第1に、明らかに最も直接的なものとして、顧客情報をSAPのようなシステムからSalesforce.comにアップロードする際に行わなければならない一度限りのタスクの抽出、変換、ロードの作業がある。ペッツィーニ氏は、「採用から退社までといったエンド・ツー・エンドのビジネスプロセスも統合されるようになっており、統合の条件はさらに高度化している」と話す。

 IT部門が導入済みの技術は何であれ使い続けることが可能だが、クラウドサービスの統合にはオンプレミスの統合プロジェクトとは異なる問題があるとペッツィーニ氏はくぎを刺す。例えばセキュリティリスクはクラウドサービスを使った方が増大する。もう1つの要因はタイムスケールだ。ユーザーはSaaS製品を導入するに当たり、新しいソフトウェアがすぐ使える状態になることを期待する。「統合は実現しなければならず、迅速にプロビジョニングする必要がある」とペッツィーニ氏は言う。

 SaaSとオンプレミスITの統合に関してIT部門が直面するもう1つの問題は、アップデートの調整だ。「Salesforce.comのソフトウェア更新は3カ月ごと、Googleでは毎日行っている。従ってユーザーが全ての変更を把握し続けるのは非常に難しい」とペッツィーニ氏は指摘した。

●主なSaaSプラットフォーム

 主なサプライヤーを見てみよう。SAPは、クラウドベースのコマースネットワーク事業者Aribaの買収や、SAP HANAクラウド統合に関する戦略的な発表を通じて一定の進展を見せている。Aribaの買収はSAPの統合戦略上、理にかなうとペッツィーニ氏は言う。

 SAPはプレパッケージ型インテグレーションを提供する計画だ。システムインテグレーターは、HANAクラウド統合プラットフォームを使って独自のプレパッケージ型ソリューションを構築できるようになる見通しだ。

 一方、OracleのいわゆるRed Stackは、まだクラウド統合の答えにはなっていないと同氏は見る。

 Oracleのクラウド製品には「RightNow」(CRM)、「Taleo」(タレント管理)などのSaaS製品が含まれる。WebLogicプラットフォームはクラウドサービスとして提供され、Oracleのデータベースサービスをクラウドで提供している。それでも「今のところ、Oracleは統合戦略に対応できずにいる。これは重大なギャップだが、Oracleが修正しようとするのは確実だ」とペッツィーニ氏。

 多くの点で、Oracleはサードパーティーのクラウドサービスをサポートすることにはほとんど関心を持っていない。宣伝文句の中心にあるのはRed Stackのメリットであり、Oracleのエンド・ツー・エンドの売り込みだ。

 だがこれは非現実的だとペッツィーニ氏は言う。「顧客は世間知らずではない。たとえオンプレミスのOracleスタックを運用していたとしても、Oracle E-BusinessからどうやってクラウドのSuccessFactorsに移行するのか。Oracleは孤立状態にある。クラウド統合について何も言っていない」(同氏)

 現実的な観点から見ると、Red Stackを採用したCIOは、Oracle Fusionミドルウェアを使ってSAP傘下のSuccessFactorsのようなサードパーティークラウドプロバイダーに接続できる。

 MicrosoftにはDynamicsがあり、確実にSaaS市場に波紋を起こしているようだ。理論的にはMicrosoftの筋書きは、1つのAPIを使ってオンプレミスとクラウド用のアプリケーションを開発することにある。だが、Microsoft Azureと.NETのAPIは似てはいるが同じではない。ペッツィーニ氏が指摘するように、.NETアプリケーションを同社のクラウドプラットフォームであるAzureに移行するためには、ある程度の作業が要求される。

 ペッツィーニ氏によると、「Azure SQLデータベースはSQL Serverと同一ではない」。しかし、SaaS製品をオンプレミスアプリケーションに統合しなければならないことはMicrosoftも分かっている。

 IBMは2010年にクラウド統合ソフトウェアとアプライアンス、サービスを手掛けるCast Iron Systemsを買収した。この買収によってWebSphereビジネス統合ソフトウェアのポートフォリオが強化されると同社は説明する。Cast Iron Systemsでは、(数週間以上ではなく)数日で、高速かつ柔軟性の高いSaaSとクラウドアプリケーションの統合が期待でき、コスト削減やクラウドおよびSaaSモデルへの投資収益率アップも期待できる。ただこれまでのところ、統合に関してはほとんど何も存在していない。

 IBMがSmartCloud戦略を確立し、WebSphereがそれに果たす役割を確立すれば、将来的には統合が進むとGartnerは予想する。

 Dellは2010年にBoomiを買収した。Boomiのプラットフォームは既存のオンプレミスアプリケーションとクラウドベースアプリケーションの間で情報を結び付ける。クラウド統合は、数カ月ではなく数週間で実現できると同社は説明している。Oracleが2012年に買収したクラウドベースのタレント管理スイート「Taleo」はBoomiを使っている。

 問題は、OracleがTaleoを使い続けるか、それとも独自の製品を開発するかだ。状況は一層複雑になっている。Gartnerによれば、Oracleが2011年に買収したRightNowは、ある程度のクラウド統合機能を提供している。

 Informatica、Tibco、Software AGも、それぞれクラウド統合プラットフォームを強化する見通しだ。

●スキル統合

 Forresterの首席アナリスト、リズ・ハーバート氏がまとめた報告書「Clients Need Services Providers That Can Help Them Get The Most Value Out Of SaaS」(顧客が求めるのはSaaSから最大の価値を引き出せるサービスプロバイダー)の中で、SaaSに関連したスキル問題について論じた。

 同氏によると、Salesforce.com、SuccessFactors、Workday、RightNow Technologiesといった大手のSaaSパッケージは基本的に水平的な性質を持っている。「しかしこうしたアプリケーションを取り巻くエコシステムに身を置くコンサルタントは、深い業界スキルや業界固有のテンプレート、さらには特定分野へのアプリケーション導入で身に着けたノウハウや教訓を提供している」という。

 従って、SaaSへの水平的なアプローチを、垂直統合されたビジネスプロセスに組み込まれた業界ノウハウとどう組み合わせるかが問題になる。

 SaaSが企業に浸透すれば、従来型のERPなどオンプレミスアプリケーションや、サードパーティーのクラウドアプリケーションとシームレスに連携させる必要が生じる。ITにとって不運なことに、クラウド統合の市場はまだ成熟の途上にあり、あと半年〜1年はほとんど進化が見込めない状況だ。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon