古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Safariの複数タブを一括削除する方法

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/04/10
Safariの複数タブを一括削除する方法 © ITmedia Mobile 提供 Safariの複数タブ

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「Safariタブを一括削除する方法」です。

 Safariを使っていると、知らない間に複数のタブが大量に開いてしまっているときがありませんか? サイトによってはリンク先が別タブで開くようになっていて、ちょっと閲覧するだけであっという間に複数のタブが開きっぱなしになってしまうことも! 

 通常、開いたタブは左上の×をタップして消すところですが、これが複数のタブとなると、ちまちました作業が厄介になります。そんなときに、一括で複数のタブをザクッと削除する方法があるので覚えておくと便利です(iOS 10.2.1で検証)。

 方法はとっても簡単! Safariを開き、右下にあるアイコンを長押しすると「○個のタブを閉じる」という項目が現れるので、そこをタップするだけで全てのタブをまとめて閉じられます。iOS 10ではタブの上限がないようなので、この削除方法も活躍するはず。タブを開きすぎたときに使ってみてください。

 その他、Safariのタブといえばこんな便利な機能もあります。

 タブ一覧画面に表示される「+」アイコンから新規タブを作成できますが、このアイコンを長押しすると、「最近閉じたタブ」を確認できます。うっかり閉じてしまったページを見るのに便利です。

 この+アイコンは、縦画面のときは右下のタブアイコンを押さないと表れませんが、iPhoneを横向きにすると、画面の右上に「+」のアイコンが表示されるので、簡単にタブを増やせます。

 さらに横画面のときにブックマークのアイコンを押すと、「お気に入り」や「履歴」「リーディングリスト」などのブックマークの項目と、通常のページビューとの2画面を隣同士に並べて閲覧できます。お気に入りに登録しておいたサイトを次々見たいときや、履歴に残ったサイトを見ていく際にとても便利です。

 普段は横向きで使うことが少ない人も、こうしたWebページの閲覧では使いやすいので、時々画面の向きのロックを解除して横向きで使うのもおすすめです。

 ・連載→iPhone Tips

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon