古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Samsung、フラッグシップスマホ「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を発表 大画面とスリムさを両立

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/03/29
Samsung、フラッグシップスマホ「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を発表 大画面とスリムさを両立 © ITmedia Mobile 提供 「Galaxy S8」

 Samsung Electronicsは3月29日(米国東海岸時間)、米国・ニューヨークで開催したイベント「Galaxy Unpacked 2017」において、新型Androidスマートフォン「Galaxy S8」「Galaxy S8+」と、新型VRカメラ「Gear 360(SM-R210)」を発表した。

●Galaxy S8(5.8型)/Galaxy S8+(6.2型)

 Galaxy S8とGalaxy S8+は、Samsungのフラグシップスマホ「Galaxy S」の第8世代に相当する。S8は5.8型、S8+は6.2型の1440×2960ピクセル(画面比9:18.5)のInfinity Display(Super AMOLED【有機EL】ディスプレイ)を搭載している。

 ボディーは画面と背面にガラス素材、側面にアルミニウム素材を採用している。ガラスはCorningの「Gorilla Glass 5」を採用しており、耐傷性と耐衝撃性を高めている。画面は超狭額縁化され、横幅はS8が68.1mm、S8+が73.4mmとなった。とりわけ、S8については「Galaxy S7 edge」比で画面サイズが9%大きくなったにもかかわらず、横幅は4.5mm削減されている。

 超狭額縁化に伴い、Galaxyシリーズの象徴だったボタンとタッチセンサーからなるナビゲーションキーが画面内に「移動」した。画面内のホームキーは感圧センサーに対応し、バックキーと履歴(タスク)キーは端末設定で入れ替えることもできるため、他社のAndroidスマホに慣れた人でも安心して使える。

 バッテリー容量はS8が3000mAh、S8+が3500mAhで、ユーザーによる交換はできない。

 ボディーサイズとバッテリー容量以外の基本仕様は、S8とS8+で共通だ。メモリは4GB、ストレージは64GBを備え、外部ストレージはmicroSDXCに対応する。OSはAndroid 7.0をプリインストールする。生体認証は指紋認証(センサーは背面に搭載)に加え、虹彩認証にも対応している。外部接続端子はUSB 3.0 Type-Cを搭載している。

 モバイルネットワークはLTE(Category 16対応)、W-CDMAとGSMに対応し、市場によって「シングルSIMモデル」と「デュアルSIMモデル」が用意される。デュアルSIMモデルはDSDS(Dual SIM Dual Standby)に対応しているが、2枚目のSIMカードとmicroSDは排他となる。

 アウトカメラは約1200万画素のデュアルピクセルセンサーを、インカメラは約800万画素センサーを搭載している。シャッターを切ったときに3枚の写真を撮ってよりブレの少ない写真とする「マルチフレームテクノロジー」は、適用できる範囲が広がった。

 ボディーカラーはMidnight Black、Orchid Gray、Arctic Silver、Maple Gold、Coral Blueの5色を用意する。ボディーはIP68等級の防塵(じん)・防水性能を備えている。

●Gear 360(SM-R210)

 Gear 360(SM-R210)は「4K Social 360 Camera」をコンセプトに、リーズナブルな価格と従来モデル(SM-C200)よりも可搬性を高めたことが大きな特徴。

 スマホでの撮影はGalaxyシリーズに加えてiPhone(iOS 10以降を搭載する「iPhone 6s/6s Plus」以降の機種)に、PCでの撮影はWindowsに加えてmacOSに対応した。

 Galaxy S8/S8+と新型Gear 360については、別記事として実機レポートを掲載する予定だ。楽しみにしていてほしい。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon