古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Samsung、米企業評判ランキングで7位から49位に転落

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/02/20
Samsung、米企業評判ランキングで7位から49位に転落: Galaxy Note7 © ITmedia NEWS 提供 Galaxy Note7

 米調査会社Harris InteractiveとReputation Instituteが毎年発表する米国での企業評判ランキング「Reputation Quotient Ratings」の2月9日(現地時間)公開の2017年版で、韓国Samsung Electronicsは2016年の7位から49位に転落した。

 調査によると、企業の評判にとっても最大のリスクは企業幹部による不正で、次は製品やサービスに関する嘘や誤解を招く情報という。Samsungについては、「Galaxy Note7」の2度にわたるリコールと、事実上のトップである李在鎔副会長の韓国政府との癒着疑惑(調査期間後に逮捕)が影響したとみられる。

 “Harris Poll”とも呼ばれるこの調査は、HarrisとReputation Instituteが開発した指標「企業評価指数(Reputation Quotient; RQ)」を用いて1999年から毎年実施している。

 2017年版は、まず認知度の高い100社をオンラインアンケートでピックアップし、その100社について、2万3633人の米国在住者を対象に、2016年11月29日〜12月16日に英語によるオンラインアンケートで実施した。

 2017年のトップは昨年と同じAmazon.com。2位だったAppleは5位に、3位だったGoogleは8位にランクダウンした。2位は2015年にトップだった自然食中心のスーパーマーケットチェーンWegmans。IT企業としては、昨年は圏外だったTesla Motorsが9位に急上昇した。日本企業では、トヨタが16位に、ホンダが30位に、ソニーが42位にランクインしている。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon