古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

SMAP・香取慎吾『SMOKING GUN』早くも視聴率1ケタ転落で“俳優業”の危機

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/04/18 Cyzo

 SMAPの香取慎吾が主演を務める連続ドラマ『SMOKING GUN~決定的証拠~』(フジテレビ系/水曜夜10時~)の第2話が16日に放送され、平均視聴率7.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と、早くも1ケタまで落ち込んだことが分かった。

 同作は、法や警察に助けてもらえないような些細な事件まで手がける民間の科学捜査研究所を舞台にした、サイエンスヒューマンミステリー。初回の平均視聴率は10.3%だったが、16日に同時間帯でスタートした池井戸潤原作・杏主演『花咲舞が黙ってない』(TBS系)が、平均視聴率17.2%を記録。『SMOKING GUN』は、裏番組に視聴者を奪われてしまった形だ。

 第2話では、流田縁(香取)たちが、ラーメン屋の強盗事件に遭遇。調べを進めると、「雷麺」を批判する石井祐二(天野ひろゆき)という男がネット上で浮かび上がる……というストーリーだった。

「ネット上では、『主人公が魅力的に見えない』『内容は面白いんだけど、キャストが……』『主役は、大泉洋だったらハマリそう』『香取さんには、淡々とした役より人情的な情に深い役の方が合う』といった、キャスティングに対する不満が目立つ。しかし一方で、『科学捜査のシーンはわくわくした』『香取くんの抑揚のない、だらっとした喋り方が好き』『西内まりやちゃんがかわいすぎる』といった好意的な意見もあり、見る人によって大きく意見が別れている」(芸能ライター)

 さらに、今回のドラマで、香取が「いよいよ窮地に立たされるのでは?」と心配する声も。「香取の主演ドラマは、数年にわたり不振続き。昨年、杏と共演した『幽かな彼女』(同)は、全話平均視聴率11.5%とイマイチ。2012年に山下智久とダブル主演で敏腕刑事を演じた『MONSTERS』(TBS系)は、最低視聴率8.0%を記録し、『ジャニドラでは前例のない急降下』などと報じられてしまった。さらに11年の『幸せになろうよ』(フジテレビ系)では、“月9”枠にして平均視聴率1ケタを記録。09年の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(TBS系)も、最低視聴率5.9%を記録し、大コケしてしまった。一部ネット上では、すでに“大コケ役者”のレッテルを貼られている香取ですが、もし『SMOKING GUN』まで大コケしてしまえば、いよいよ“ゴールデンでの主演は、厳しい”という印象を与えかねません」(同)

 俳優として、後のない香取。『SMOKING GUN』は、落ち込みを食い止めることができるだろうか?

※画像はフジテレビ『SMOKING GUN~決定的証拠~』番組サイトより

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon