古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

SpaceXが2018年中に民間人2人を月旅行に

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/02/28
SpaceXが2018年中に民間人2人を月旅行に: ISSから帰還したSpaceXのDragonカプセル(AP Photo/SpaceX) © ITmedia NEWS 提供 ISSから帰還したSpaceXのDragonカプセル(AP Photo/SpaceX)

[AP通信] 米宇宙開発企業SpaceXは2月27日、2018年に民間人2人を月旅行に送り出す計画だと発表した。人を月に送るという偉業は米航空宇宙局(NASA)のアポロ計画以来、約半世紀ぶりとなる。

 この驚くべきニュースを発表したのは、億万長者の起業家でSpaceX創業者のイーロン・マスク氏だ。

 マスク氏によれば、お互いに知り合いだという2人の人物から1週間の飛行で月まで送ってほしいと持ちかけられたという。マスク氏は2人の氏名や費用については明らかにしなかった。2人は既に“相当な額”の手付金を支払っているという。

 SpaceXは現在、2018年半ばにNASAの国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を搬送する計画を進めている。現在のスケジュールでは、月への往復旅行はその約半年後となる2018年末までの実施を予定しているという。有人のカプセル型宇宙船「Crew Dragon」に2人を乗せ、「Falcon Heavy」ロケットで打ち上げる計画だ。

 マスク氏によれば、何か問題が起きない限り、この月へのミッションは自律制御となる。

 「リスクがあるということも含め、2人は全て承知の上でこの計画に乗っている」。マスク氏は電話での記者会見で記者らにそう語った。発表の前日、同氏はTwitterでSpaceXが何かしらの発表を予定していることを明らかにしていた。

 「2人は馬鹿ではない。私たちはリスクを最小限に抑えるためにできることを全部するが、それでもリスクはゼロではない。だが彼らはそれを承知の上でこの計画に乗っている」とマスク氏は語る。2人は飛行までに“徹底的”な訓練を受けることになる。

 マスク氏は氏名を公表する許可を得ていないとして、2人の性別や操縦士であるかどうかについては語ろうとしなかった。ただし、「ハリウッドの関係者ではない」ことだけは認めている。

 2人の乗客は月面近くを通過し、地球から30〜40万マイルほど先まで飛行してから地球に戻ることになる。このミッションでは月面着陸は予定していない。

 地球から月までは片道約24万マイルだ。

 マスク氏によれば、NASAにそのつもりがあれば、NASAには先に同様のミッションを実行する権利があるという。NASAは記者らと同じタイミングでマスク氏の計画を知ったため、この発表に関する声明の準備で忙しいようだった。

 「実に楽しみなミッションだ。人類を再び深宇宙へと送ることについて、世界中の人たちにワクワクしてほしい」とマスク氏は語る。

 有人型のCrew Dragonはまだ宇宙を飛行したことはない。Falcon Heavyロケットも同様だ。Falcon Heavyは「Falcon 9」ロケットをベースとしており、左右に2機の補助ロケットを搭載する。マスク氏によれば、月へのミッションまでにこの宇宙船とロケットをテストする時間は十分にあるという。

 マスク氏は今後、月旅行の顧客を増やしていきたい考えだ。

 NASAは先週、トランプ政権の要請を受けて、新型宇宙船を載せた大型ロケットの月軌道への試験飛行に宇宙飛行士を搭乗させる可能性を検討中であると発表したところだ。無人で予定していた試験飛行を有人に切り替えるとなった場合、その実現は早くて2019年となる。

 誰が先に行くことになろうが、宇宙探査の大義を推進する動きは何であれ素晴らしい、とマスク氏は語る。

 「非常にワクワクする計画だ」(同氏)

 SpaceXは無人宇宙船「Red Dragon」を2020年に火星に打ち上げる計画も進めている。Red Dragonは観測機器などを搭載し、火星への着陸を目指している。

(日本語翻訳 ITmedia NEWS)

(C) AP通信

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon