古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Taipeiで発見したM.2対応デバイスとDDR4対応メモリ

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/06/09 12:39 ITMedia

 Intel 9シリーズチップセットの登場と、その採用マザーボードが展示製品の主力だったCOMPUTEX TAIPEI 2014では、新しいチップセットがカバーすることになった「M.2」と「SATA Express」で利用できる周辺機器にも期待が高まった。

 SATA Exppressについては、MSIやASRock、GIGABYTEといったマザーボードベンダーの一部がウェスタンデジタルのHDDを接続して動作デモを展示する程度と、当初の期待ほどではなかったが、M.2対応デバイスについては、データストレージ機器メーカーの多くが新モデルのサンプルを展示していた。

 さらに、インテルの未発表チップセット「Intel X99 Express」を搭載するマザーボードの開発途上サンプルの公開と呼応したかのように、そのマザーボードが搭載を予定している次期ハイエンドCPU(関係者の多くは“Haswell-E”という開発コード名で呼んでいる)が対応するメモリ規格「DDR4」メモリサンプルが、多くのメモリベンダーブースに展示していた。

 いずれも、明確な投入時期や価格などが未定のものが多いが(特にDDR4メモリについて)、ここでは、南港展示場を中心に日本市場に製品を投入しているベンダーが展示していたサンプルをまとめてみた。M.2対応デバイスを探しに行くときの参考となれば幸いだ。

Apcer

 M.2対応ストレージをT42、T60、T80準拠のデバイスを用意するほかに、M.2アダプタとしてMini PCI Express x1接続拡張カードも用意する。また、ユニークなところでは、DIMMにM.2インタフェースを実装したコンボモジュールも投入する予定だという。

プレクスター

 M6GシリーズとM6eシリーズでM.2デバイスを投入する。M6GシリーズではT42準拠の「M6G-2242」とT60準拠の「M6G-2260」、そして、T80準拠の「M6G-2280」を

M6eシリーズでは「M6e M.2-2280」を展示していた。容量はM6G-2242で64〜128Gバイト、M6G-2260で128〜768Gバイト、M6G-2260とM6e-2280で64〜512Gバイトとなる。

ADATA

 ADATAは、M.2ストレージとしてT42準拠の「M.2 2242 SSD」とT80準拠の「M.2 2280 SSD」を展示していた。現時点ではOEM向け限定でリテールとして販売店に出荷する計画はないとブースのスタッフは説明している。

トランセンド

 トランセンドはM.2ストレージとして、T42準拠の「MTS400」、T60準拠の「MTS600」、T80準拠の「MTS800」を展示していた。容量は、MTS400で32〜256Gバイト、MTS600とMTS800で32〜512Gバイトだ。いずれも駆動電圧は3.3ボルトで消費電力は、アイドル状態で0.4ワット、アクセス状態で3ワット、さらに、ディープスリープ状態では2.5ミリワットまで抑えるという。

 DDR4対応メモリでは、ECC対応するDDR4-2133 REG-DIMMシリーズの「TS1GHR72V1H」とECCに対応しないDDR4-2133 U-DIMMシリーズの「TS1GLR64V1H」を展示している。動作クロックの標準設定はDDR4-2133MHzで駆動電圧は1.2ボルト。

[長浜和也,ITmedia]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon