古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Tesla、一般道での完全自動運転の動画を公開

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2016/11/21
Tesla、一般道での「レベル4」自動運転動画を公開: Teslaが公開した動画 © ITmedia ニュース 提供 Teslaが公開した動画

 米Tesla Motorsは11月18日(現地時間)、一般道を自動運転で走行する同社製自動車の、車内からの映像を公開した。3分30秒のタイムラプス動画の間、運転席に座っている人は1度もハンドルに手を置かない。

 つまり、米運輸当局のNHTSAが「レベル4」と定義する、「加速・操舵・制動をすべてシステムが行う」運転で一般道を走行しているようだ。

 同社は10月、すべてのTesla車両に完全な自動運転機能を搭載すると発表しており、この機能を使っているとみられる。

 動画は、メインにフロントガラスから人間が見る映像が、右側に車の3カ所に搭載したセンサー付きカメラの映像が並ぶ。センサー付きカメラでは、センターラインや車や歩行者、標識などを検知している様子が分かる。

 例えば、飛び出してきた自転車や、車道にはみ出し気味で歩く歩行者に反応して自動的に止まったり、一時停止の標識で一時停止したりするのが分かる。

 BGMはローリング・ストーンズの「Paint In Black」だとイーロン・マスクCEOがツイートしている(この曲には「I see a line of cars and they’re all painted black」という一節がある)。

 Teslaの車両にはレベル4の機能が搭載されているが、ソフトウェアでロックされている。同社は、今後安全性が確認できたらOTAでロックを解除していくとしている。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon