古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

TOKIO 松岡昌宏が“女優あるある”に納得「綺麗な女優さんはカラオケで椎名林檎を歌ってる」

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/01 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 フジテレビ系列にて11月30日、『TOKIOカケル』(フジテレビ系)が放送された。同番組は、TOKIOメンバーとゲストが駆け引きを使ってさまざまなオリジナルゲームなどを展開するバラエティー番組。ゲストには、女優の蒼井優と高畑充希が出演し、軽快なトークを繰り広げた。 (参考:SMAP 中居、TOKIO 城島、嵐 大野…様々なかたちで“グループの中心”担う最年長メンバーたち)  質問が書かれたカードをめくり、順に答えていく「生まれて初めて聞かれました」のコーナーでは、国分太一が「女優あるある1つください」と質問。蒼井が「きれいな女優さんはカラオケで椎名林檎さんを歌う」とあるある話を披露すると、松岡昌宏は「確かに歌ってる女優さん多い! 打ち上げの2次会とかで。名前は出さないけど3、4人見てるわ」と納得していた。  番組では、TOKIOのメンバーが職業欄をどう記入しているかという話題になり、長瀬智也と山口達也は「俺、会社員」と回答し、悩んでいた国分も「俺も会社員かな」と発言。すると松岡が「俺は自由業」と答え、スタジオメンバーからは「自由業って何?」と疑問が浮かぶも、蒼井から「似合う」とひと言を受けていた。また、城島は「僕は契約社員って書くかな」と答えると、笑いが起こり、長瀬が「正しいよね。派遣社員っぽい要素もあるよね」とアイドルとしてグループ契約していることを踏まえ、メンバー全員が頷いていた。  番組の後半には「男子のダメ行動どこまで許せる?」と出題された質問に対し、「許せる」「許せない」で判定する場面では、「酔っ払った時にだけ電話をかけてくる男子」を蒼井と高畑は「許せない」と判定。蒼井が「4時、5時くらいに掛けてくる人とか」と話すと、国分が「どうなんですかリーダー、4時、5時っていうのは掛けたくなる時間なんですか」と城島に質問。城島は「なんやろね。思い出すんやろうね」と感慨深い表情で回答し、長瀬が「それは声が聞きたくて? 会いたくて?」と重ねて質問すると、「それが知りたくて電話する」という城島の回答に、笑いが起こった。  今回ゲスト出演した蒼井と高畑が出演している映画『アズミ・ハルコは行方不明』は12月3日から公開をスタートする。 (向原康太)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon