古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Touch Bar付き13インチ「MacBook Pro」をiFixitが分解──SSDの交換はほぼ無理

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2016/11/17
Touch Bar付き13インチ「MacBook Pro」をiFixitが分解──SSDの交換はほぼ無理: 分解完了の図 © ITmedia ニュース 提供 分解完了の図

 米Appleの一連のモバイル製品の分解マニュアルを掲載しているWebサイトiFixitが11月15日(現地時間)、米Appleが10月27日に発表した新しい「MacBook Pro」のTouch Bar付き13インチモデルの分解レポートを公開した。

 同時に発表されたTouch Barなしの13インチモデルとサイズは同じだが、重さが20グラム軽いのはバッテリーの違いであることなどがこの分解で分かった。

 恒例の“修理しやすさ”判定は、10点満点中1点。Touch IDセンサーがパワースイッチと一体となっており、ロジックボード上にはんだ付けされているT1プロセッサと接続しているため、パワースイッチが壊れたらロジックボードごと交換しなければならない。プロセッサだけでなく、RAMとSSDまでがロジックボードにはんだ付けされている。つまり、SSDを後から拡張できない。バッテリーはケースに接着剤で固定されており、こちらも交換は難しい。

 iFixitが分解したMacBook ProのRAMはSamsung製の4GB×2枚で8GB、SSDはSanDisk製、Wi-Fiモジュールは村田製作所製だった。

 詳細は、iFixitによる分解レポートを参照されたい。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon