古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

VERBALが目指す、理想のパフォーマンス「“思い出作りマスター”がオーディエンスをロックできる」

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/08/03 株式会社ブループリント
© Real Sound 提供

 EXILE HIRO、DJ MAKIDAI、VERBAL(m-flo)、DJ DARUMAによるクリエイティヴ・ユニット“PKCZ®”が8月2日、1stフルアルバム『360°ChamberZ』をリリースした。デジタルシングル「PLAY THAT feat.登坂広臣,Crystal Kay,CRAZYBOY」のほか、「X-RAY feat 三代目J Soul Brothers」、GENERATIONSとのコラボ曲「ROAM AROUND」、EXILE THE SECONDとのコラボ曲「INTO THE CIRCLE」などを含む本作には、ニューヨークの伝説的なラッパーMETHOD MAN、世界的トラックメイカーAfrojackが参加。その他、国内外のシーンで活躍するラッパー、DJ、トラックメイカーなども加わった、まさに世界標準の作品に仕上がっている。 PKCZ®連続インタビュー企画の3回目は、VERBAL。10代の頃から本場のヒップホップ・ムーブメントを体感し、その後、m-floのメンバーとしてメジャーシーンを席捲。現在はプロデューサー、ジュエリーブランドの運営など、多方面で才能を発揮している彼に、音楽的なルーツ、PKCZ®の展望、日本のシーンに対する思いなどについて語ってもらった。(森朋之)(関連:

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon