古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

W・スミス、K・ウィンスレット、K・ナイトレイら共演 『プラダを着た悪魔』監督の新作公開決定

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/10/21 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督最新作「Collateral Beauty」が、『素晴らしきかな、人生』の邦題で2017年2月25日に全国公開されることが決定した。 参考:スチャダラパーANIが語る、50セント製作総指揮『POWER/パワー』の面白さ  本作は、ニューヨークを舞台にした人間ドラマ。最愛の人を失った喪失感に見舞われていた広告代理店代表のハワードが、3人の奇妙な舞台俳優に出会ったことから、人生が徐々に変化していく模様を描く。主人公のハワードを『スーサイド・スクワッド』のウィル・スミスが演じるほか、『スティーブ・ジョブズ』のケイト・ウィンスレット、『はじまりのうた』のキーラ・ナイトレイ、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のエドワード・ノートン、『クィーン』のヘレン・ミレン、『アントマン』のマイケル・ペーニャらが出演する。  クリスマスシーズンのニューヨークが舞台の本作では、プラダ、グッチ、クロエ、トム・フォード、ジル・サンダー、イザベル・マランなどの秋冬コレクションやヴィンテージが使用されているほか、2015年に新オープンしたホイットニー美術館のレストランなど、ニューヨークのトレンドエリアで撮影が行われた。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon