古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Webメディア殺しの「広告ブロック」、セキュリティにも有効な理由

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/06/26
Webメディア殺しの「広告ブロック」、セキュリティにも有効な理由: 右上のリロード(回転矢印)ボタンを長押しすると、コンテンツブロッカー(広告ブロッカー)を一時的に外した状態で再読み込みが行われます © ITmedia エンタープライズ 提供 右上のリロード(回転矢印)ボタンを長押しすると、コンテンツブロッカー(広告ブロッカー)を一時的に外した状態で再読み込みが行われます

 先日、私が個人的に運営しているサイトの記事が、Twitter上に“スクリーンショットとともに”流れてきました。

 自分を含めた“うるさい人たち”が言い続けた結果か、最近のスクリーンショット投稿には元記事のURLが貼り付けられていて、オリジナルの情報にたどりつけるものが(私の観測範囲では)増えてきた印象です。改ざんされていないことが分かる、よいことですね。

 しかし、少し気になることもありました。自分のサイトに貼られている広告がきれいにカットされているのです。過去のスクリーンショット付きの投稿を見返してみると、その多くで広告が消えていました。「アドブロック」「広告ブロック」と呼ばれる仕組みが思った以上に浸透していることが分かったのです。

●身近になった「広告ブロック」

 広告を中心としたビジネスを展開しているメディアの上でこういう話をするのは、編集部に対しても心苦しいところなのですが、今、iPhoneのWebブラウザ、「Safari」には、「コンテンツブロッカー」という仕組みがあり、比較的簡単に「バナー広告」を消すことが可能になっています。

 今、スマートフォンの広告ブロッカーはとても簡単に導入できます。スクリーンショットを使って情報をシェアするのは、そこまでITに詳しい人ではないという先入観があったので、まさかその人たちが広告ブロックを使っているとは! と驚いた次第です。その手軽さと効果を考えると、もはや止められない動きになりつつあると感じています。

●原因は「ギガ不足」? それとも……

 広告ブロッカーが浸透した理由は幾つもあると思いますが、その1つが“ギガ不足”です。今、スマートフォンユーザーにとって重要なのは、「通信容量の上限とどう戦っていくか」。月末に近づくにつれ「通信制限のお知らせが来た」というSNS投稿を目にすることが増え、実際に多くのWebサービスの運用状況においても、日本では月末に通信量が激減し、月初にドカンと増えるという状況であることが報告されています。

 そんな状況下では、当然、通信量を削減したいというニーズが出てきます。TwitterやFacebookは、低スペックのスマートフォンでも使いやすいアプリを出していますが、日本においては「高スペックのスマホを使いながら、通信容量を抑えたい」というニーズがあります。いわゆる「ギガ不足」対策ですね。

 個人的には、スマホで見るWebサイトの「広告」は、ギガ不足を引き起こす大きな要因になりつつあると思っています。無料ブログサイト(いわゆる「まとめサイト」)の目を覆いたくなるような広告バナーの嵐だけでなく、著名なニュースサイトで、いきなり画面の上4分の1くらいを占める動画広告がどんどん通信容量を消費していくさまを目の当たりにすると、普通の感覚なら「広告を見たくない」と思ってしまうでしょう。

 もう1つの理由は、この広告が「セキュリティ面の脅威になる場合がある」ということです。

 例えば広告バナー配信の仕組みを使ってマルウェアを配信する「マルバタイジング」は、その一例です。

 バナー広告の中には、突然、「あなたのスマホはウイルスに感染しています!」と警告を出すものがあり、見た人をだますことが目的のものも見受けられます。そんな広告が存在していることを考えると、広告ブロッカーの利用もやむなしと考えざるを得ないのです……あまり大きな声では言えませんが。

 もちろん、無料でコンテンツを提供することなどできないのだから、広告は受け入れるべきというのが「正論」といえるでしょう。しかし、その正論を覆すほどの「嫌悪感」がネットにまん延しているのも、また事実です。「広告ブロッカーを使ってはいけない」と、正論を振りかざすだけで納得されない状況があるのです。

●「ネットコンテンツ」が先細らないためにできること

 ネットの記事を書くことで生計を立てている身としては、「広告ブロッカーを使わないでね」といいたいところです。この点は、個人の視点で正しいと思うことをみんなが行うと、全体では取り返しの付かない間違った結果になる「合成の誤謬(ごびゅう)」が起きていると思っています。

 こうした広告に関する問題は、業界側が本気で取り組むべき問題です。Googleが提供する「Chrome」でも、将来的に「劣悪な」広告をブロックする機能を追加するという発表をしており、それだけ、この問題は深刻なのかもしれません。

 広告ブロッカーは「使うべき」とも「使うな」ともいいにくいと、個人的には思っています。ただ、これは現時点ではおおっぴらに使っていることをアピールすべきものではないとも思っています。使うなとはいえませんが、ばれないように使う程度におさえていただけると……。

 ちなみにSafariでは、右上のリロードボタンを長押しすると、コンテンツブロッカーを外した状態で読み込むことが可能です。スクリーンショットを撮るときにはこれをぜひ。

●著者紹介:宮田健(みやた・たけし)

元@ITの編集者としてセキュリティ分野を担当。現在はフリーライターとして、ITやエンターテインメント情報を追いかけている。自分の生活を変える新しいデジタルガジェットを求め、趣味と仕事を公私混同しつつ日々試行錯誤中。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon