古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Wi-Fiで訪日観光客行動データをクラウド分析

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/02/06
Wi-Fiで訪日観光客行動データをクラウド分析: ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」サイト © ITmedia エンタープライズ 提供 ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)の「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」サイト

 日本IBMは2月3日、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)が訪日外国人観光客向けに提供する「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリのデータ集約基盤として、NoSQLデータベース「IBM Cloudant」とインメモリー型列指向データベース「IBM dashDB」が採用されたことを発表した。

 TRAVEL JAPAN Wi-Fiは、Wi2が運営する空港・主要駅・飲食店・観光地などを中心とした日本全国20万カ所以上のアクセスポイントに自動接続するAndroid/iOS対応の訪日外国人向けのWi-Fi接続支援アプリ。配信開始から約1年3カ月弱の期間に外国人によるダウンロード数が累計150万以上を記録し、アジアのユーザーを中心に日々利用者数を伸ばしているという。同アプリは情報配信機能を備え、100社以上の日本の企業・自治体が商品・サービス・店舗・観光情報などを訪日外国人に配信しており、配信コンテンツ数は年間1億規模。また、利用者の位置情報を基にした行動分析も可能だという。

 このアプリによって取得する全国のアクセスポイントの利用状況や、提供コンテンツの開封状況、訪日外国人の位置情報、時間情報、属性情報などの膨大なデータは、データの種類や粒度が異なり、Wi2によると、従来、ログ分析に必要なデータの構造化作業の生産性向上が求められていたという。また、これらのデータを基にユーザーの行動を分かりやすく地図画面で表示するジオコーディング処理の費用低減と時間短縮が課題となっていたという。

 今回構築したデータ集約基盤では、ドキュメント型のNoSQLデータベース「IBM Cloudant」へデータをロードし、そのデータをIBM Bluemix上で稼働する分析に特化したインメモリー型列指向データベース「IBM dashDB」と自動連携させることで、膨大なデータを構造化してクラウド上に収集し、迅速な分析を実現。膨大なログから必要なデータを抽出してデータ変換プログラムを作成するなどといった手間を掛けることなく、膨大なデータを瞬時に分析できるようになったという。

 Wi2は、新しい基盤を活用して、訪日外国人旅行客が求める情報を把握することで、インバウンドビジネスの活性化を目指す企業や自治体へ提供するTRAVEL JAPAN Wi-Fiサービスにおいて、最適なタイミングで観光客向けの無線LANサービスや旅行・観光に役立つコンテンツの提供を実施していくとしてしている。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon