古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Windows 10アップデートの「サイズが大きい問題」に改善策

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2016/11/11
Windows 10アップデートの「サイズが大きい問題」に改善策: Creators Updateは名前の通り、次世代のクリエイター向けプラットフォームを目指し、一般ユーザーでも簡単に3Dデータを作成したり共有したりできるのが大きな特徴だ © ITmedia PC USER 提供 Creators Updateは名前の通り、次世代のクリエイター向けプラットフォームを目指し、一般ユーザーでも簡単に3Dデータを作成したり共有したりできるのが大きな特徴だ

 Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」は、2017年の早い時期に公開される予定だ。Windows Insider Programでは、既にCreators Updateの初期バージョンとなるプレビュー版が配信されており、11月に入ってからもバグの修正や新機能の追加が続いている。

●Creators Updateから利用可能になる新機能「UUP」とは?

 Windows 10の大型アップデートを導入したいが、ダウンロードするファイルサイズは巨大で、ストレージの残量が少ないデバイスや、低速なデータ通信環境では困ってしまうこともあるだろう。2017年に配信される予定の大型アップデートでは、こうした問題が改善されそうだ。

 米Microsoftは11月3日(現地時間)、Windows Insider ProgramのFast Ring参加者向けにWindows 10 Insider Preview(PC&Mobile)の「Build 14959」を公開した。

 注目は同ビルドから追加されたモバイル向けの新機能「Unified Update Platform(UUP)」だ。今回はWindows 10 Mobileが対象だが、PC向けのWindows 10をはじめ、Xboxを除くWindows 10ファミリーにも順次この機能を展開していくという。

 UUPとは、これまでWindows 10で年に1〜2回ペースで行ってきた大型アップデートを差分ダウンロード方式にして、ダウンロードの容量を大幅に削減する技術だ。現状の大型アップデートでは、ほぼフルサイズのOSイメージが毎回配信されている。これに対して、UUPでは更新が必要なファイルのみを認識してダウンロードサイズを大幅に圧縮する。Microsoftによれば約35%、つまり3分の1程度までサイズを削減できるという。

 過去に配信されたWindows 10の大型アップデートである「November Update(1511)」や「Anniversary Update(1607)」は、ダウンロード中のサイズ表示はなかったものの、32bit版/64bit版ともに3GB超のファイルサイズだった。これが1GB程度まで小さくなる計算だ。

 一般ユーザーの場合は、2017年の早い時期に公開される次期大型アップデート「Creators Update」の適用後にUUPの利用が可能になる。そのため、実際にUUPの恩恵を受けられるのは2017年秋登場とみられる次々回の大型アップデート(RS3)以降になるだろう。

 またWindows 10 Mobileには、UUPの提供後に「1回のアップデートでOSを最新状態にする」機能も付与される。現状では、最新状態にするまで場合によって「2回のアップデートと再起動」が必要だったが、UUPの適用以降はどのビルドであっても「必ず1回のアップデートで最新状態になる」という。アップデートの簡素化ということで、PCとモバイルともに2017年期待の技術だ。

 なお、Build 14959にはHyper-Vの仮想マシン向けのディスプレイスケーリング調整機能が追加されたほか、いくつかのバグ修正がみられる。

●タブレットからマウスなしで外部ディスプレイを操作可能に

 さらに、米Microsoftは11月9日(現地時間)、Windows Insider ProgramのFast Ring参加者向けにWindows 10 Insider Preview(PC&Mobile)の「Build 14965」を公開した。

 このビルドでは、Windows 10タブレットに外部ディスプレイを接続した際、マウスなしで操作できる仮想タッチパッド機能が加わった。タブレットの画面上にあるタスクバーから仮想タッチパッドを立ち上げ、タッチ操作することで、外部ディスプレイ上のマウスポインター操作が行える。

 また、付せんアプリ「Sticky Notes」が強化され、日本語でもフライト情報やメールアドレス、URL、株式について認識可能になった。そのほか、Windows Inkの改善、レジストリエディタにおけるアドレスバーの追加や短縮入力のサポートなどが追加されている。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon