古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/08/16
Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする © KADOKAWA CORPORATION 提供 Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする

次の大型アップデート「Fall Creators Update」と同時に「Windows 10 Pro for Workstations」もお目見えする予定 次の大型アップデート「Fall Creators Update」と同時に「Windows 10 Pro for Workstations」もお目見えする予定 監視報告Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする  2017年8月10日、マイクロソフトのWindows Blogにて、「Windows 10 Pro for Workstations」を発表した。秋に控えている次の大型アップデート「Fall Creators Update」時にリリースされる予定だ。  「Windows 10 Pro for Workstations」は名前の通り、企業のサーバーなどで利用される最先端のハードウェアをサポートした上位エディションで、さまざまな新機能を搭載している。  サーバー用途で使われるファイルシステムの「ReFS(Resilient File System )」を採用し、大規模なデータセットを利用できるようになる。NTFSの最大ボリュームサイズは256TBだが、ReFSは4.7ZB(ゼタバイト)。1ゼタは10垓で、1テラの10億倍となる。障害に強く、データを保護するための機能を備えている。  性能を追い求める企業にとってはSSDの速度も遅く、メモリー上にシステムを展開することもある。その際、通常のメモリーだと停電で全ての情報が失われるので、ログを記録する必要があるが、ここでSSDを使うのは本末転倒。そこで、DRAMとNANDを併用した「不揮発性メモリモジュール(NVDIMM-N)」が利用される。電源を切っても内容が維持されるのだ。「Windows 10 Pro for Workstations」では、この「NVDIMM-N」がサポートされる。  ネットワーク面では、リモートダイレクトメモリアクセス(RDMA)機能を備えたネットワークアダプタを使うことで、「SMBダイレクト」機能を利用できるようになる。「SMBダイレクト」はCPUをほとんど使わず、高速でデータを送受信できるのが特徴だ。その分CPUパワーを他に利用したり、電力を節約することができる。  CPUの対応も拡張される。現在のWindows 10は2CPUまでの対応だが、「Windows 10 Pro for Workstations」は4CPUまで対応。これで、Intel XeonやAMD Opteronをフルに活用できるようになる。利用できるメモリー量も増えており、現在2TBまでのところ6TBまで使えるようになる。 これでズバッと解決!  企業のサーバーなどで利用される最先端のハードウェアをサポートしたWindows 10の上位エディション。ReFSやNVDIMM-N、SMBダイレクト、4CPU、6TBメモリなどをサポートする。  Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに! ■関連サイト Windows Blogs(マイクロソフト) Windows Insider Program 日本マイクロソフト

Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする © KADOKAWA CORPORATION 提供 Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする © KADOKAWA CORPORATION 提供 Windows 10 Pro for Workstationsがお目見えする

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon