古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

WordPress、Cisco Spark、Azureとも連携、“つながるkintone”を体験

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/08/25
WordPress、Cisco Spark、Azureとも連携、“つながるkintone”を体験 © KADOKAWA CORPORATION 提供 WordPress、Cisco Spark、Azureとも連携、“つながるkintone”を体験

 サイボウズは7月7日、デベロッパーを対象としたkintone勉強会「kintone devCamp 2017」を開催した。  これまでに11回開催されてきたkintone devCampは、回を重ねるごとに規模を拡大し、2017年は参加人数、セッション数ともに過去最大規模に。今回は、約230人(イベント登録人数)がサイボウズ本社のイベントスペースに集まり、kintoneのJavaScriptカスタマイズや外部サービスとのAPI連携、プラグイン作成など様々なテーマでハンズオンを行った。 「kintone devCamp 2017」の様子 「kintone devCamp 2017」の様子  コミュニティが活発なkintone界隈では有志による勉強会「kintone Café」などが全国で毎月のように開かれているが、kintone devCampは、サイボウズの「cybozu developer network」という開発者向けコミュニティ運営チームが主催する、本家の勉強会だ。「kintoneでビジネスをしているSIerさんたちにとってIT勉強会は気楽に参加できるイベントですが、企業の事業部門でkintoneを使っているユーザーさんにとってはちょっと参加のハードルが高いかもしれません。でも、サイボウズ主催のイベントであればユーザーさんにも安心して足を運んでもらえるのではないでしょうか」---今回のイベントオーナーであるサイボウズの古田麻依氏はこう話す。  今回のイベントプログラムのコンセプトについて、古田氏は、「よりエンタープライズでのkintone活用を意識し、日本マイクロソフトやセゾン情報システムズなどの大手企業から講師を招いて各社のサービスとkintoneを連携するハンズオンセッションを用意しました。また、シスコシステムズやCData、SendGridといった海外で実績のあるベンダーさんによるセッションが多いのも特徴です」と説明した。 サイボウズの古田麻依氏 サイボウズの古田麻依氏  例年通り、kintoneカスタマイズの入門者向けセッション「はじめての○○」シリーズも設けられた。「はじめてシリーズは、業務でkintoneを使っているユーザーさんがカスタマイズ開発などへ“もう1歩踏み込みたい”という気持ちをサイボウズ社員が直接応援する企画です」(古田氏)。  この記事では、各セッションで行われたハンズオンの内容を紹介する。併せて、当日のセッション資料やハンズオンで使ったサンプルファイルへのリンクも掲載したので、興味のあるテーマを見つけたら是非試してみてほしい。 WordPressとkintoneを連携してデータを有効活用  kintoneの魅力の1つは、APIで外部サービスと簡単に連携できること。H2O space たにぐちまこと氏によるセッション「WordPress × kintone API連携実践 ~CMSとの連携でデータの有効活用をしよう~」では、kintone APIの利用方法と、WordPressとの連携について解説された。 H2O space たにぐちまこと氏のセッション H2O space たにぐちまこと氏のセッション  ハンズオンでは、まずWordPressで「お問い合わせフォーム」サイトを作成。作成したフォームにデータを入力、送信するとデータがkinoneに蓄積される仕組みを構築した。お問い合わせフォームに入力された内容をkintoneに蓄積すれば、データ分析やチーム内での情報共有がしやすくなる。  もう1つ、kintoneに添付した画像を、WordPressで公開するシステムも構築。これにより、例えば不動産屋の物件情報サイトに掲載する大量の画像データをkintoneで管理できるようになる。 ・セッション資料 Microsoft AzureやOffice 365とkintoneが連携  日本マイクロソフトテクニカルエバンジェリストの松崎剛氏によるセッションでは、kintoneとマイクロソフトクラウドサービスとの連携をテーマに、ハンズオンとデモンストレーションが行われた。 日本マイクロソフトテクニカルエバンジェリストの松崎剛氏 日本マイクロソフトテクニカルエバンジェリストの松崎剛氏  ハンズオンでは、kintoneの操作ログをAzureのデータレイクサービス「Azure Data Lake Store」に収集する仕組みを構築。ログデータがAzureに蓄積されると、Azureの機械学習サービスなどを使ったデータ分析・活用が容易になる。  そのほか、Microsoft Flowを使ってノンコーディングでkintoneとOffice 365を連携するデモ、Azure Active Directoryで、kintoneとマイクロソフトSaaS(Office 365やDynamics 365など)にシングルサインオンの仕組みを構築するデモ、kintone上でSkype for Businessのチャット画面を開くデモなどが披露された。 ・セッション資料 Cisco SparkとkintoneがBotで連携  シスコシステムズが提供する「Cisco Spark」は、テキストメッセージ、ファイル共有・閲覧、ビデオ会議などの機能を備えたクラウドベースのコラボレーションサービスだ。Cisco Spark APIを使って、外部のアプリケーションやサービスとの連携を簡単に実装できる。 Cisco Sparkとkintoneの連携 Cisco Sparkとkintoneの連携  シスコシステムズ ディベロッパーサポートの大園通氏のセッション「Cisco Spark × kintoneで今すぐ作ってみよう!Botな世界」では、Botを介してCisco Sparkとkintoneが連携するコンセプトデモ(例:Cisco Sparkのメッセージに商品のQRコード画像を投稿するとkintone上の在庫管理データベースを検索する)などが紹介された。 ・セッション資料 Monaca、CLOMO、kintoneの3製品が連携  アシアルが開発・提供するHTML5モバイルアプリ開発ツール「Monaca」、アイキューブドシステムズのMDM(モバイルデバイス管理)ツール「CLOMO」。アシアル 生形可奈子氏とアイキューブドシステムズ 西園義行氏の2人によるセッションでは、Monacaでkintoneとデータ連携するモバイルアプリを開発し、それをCLOMOで配布する流れをハンズオンで体験した。 ・セッション資料 DataSpiderを使ってノンプログラミングでAPI連携  アプレッソが開発する「DataSpider」は、異種システムのデータやアプリケーションをノンプログラミングでつなぐデータ連携(EAI)ツールだ。セゾン情報システムズ 築山春木氏のセッションでは、DataSpiderを使ってkintoneと他システムがデータ連携する様子が紹介された。 DataSpiderを使ってkintoneと他システムをデータ連携 DataSpiderを使ってkintoneと他システムをデータ連携  ハンズオンでは、kintoneのWebhook機能を使い、kintoneへの画像アップロードをトリガーにその画像がDataSpiderを介して「How-Old.net」(Microsoft Azure上に構築された被写体の年齢判別サービス)へ送信、判定結果を(DataSpiderを介して)kintoneに返すシステムをノンプログラミングで構築するシナリオが用意された。 ・セッション資料 CDataを使って何個のサービスと連携できるかのタイムトライアル  CData Softwareの「CData」も、ノンプログラミングでデータ連携するためのサービスだ。CData Software Japan テクニカルディレクターの桑島義行氏のセッションでは、「kintoneデータ連携タイムアタック」と題して、30分間で何個のサービスと連携できるかにチャレンジした。  また、このセッション終了後にはdevCamp運営によるプレゼント企画を実施。参加者がハッシュタグをつけてツイートした内容をkintoneに蓄積し、その中から抽選でノベルティを贈呈した。このシステムでは、Twitterデータをkintoneに連携する機能をCDataを利用して実装、kintone側ではTwitterデータの中からランダムに人を選ぶ処理のみを行っている。 CData Software Japan テクニカルディレクターの桑島義行氏携 CData Software Japan テクニカルディレクターの桑島義行氏携 ・セッション資料 SendGridでkintoneからメール送信  「SendGrid」は、クラウドベースのメール配信プラットフォームだ。SendGridの国内販売代理店である構造計画研究所の中井勘介氏と、サイボウズ システムコンサルティング本部 大味慎弥氏の2人が登壇したセッションでは、SendGridを使ってkintoneからメールを送信する方法や、SendGridとkintoneを組み合わせたユーザー事例が紹介された。 ・セッション資料 構造計画研究所の中井勘介氏 構造計画研究所の中井勘介氏 kintone専用の開発者向けサービス「gusuku」  アールスリーインスティテュートの「gusuku」は、開発者がkintoneを使う上であればいいなという機能を詰め込んだサービス。kintoneアプリケーション開発に必要なデプロイ・バージョン管理や実行環境の管理機能、プラグインなどを提供する。  アールスリーインスティテュートの金春利幸氏と池上緑氏のセッションでは、gusukuの基本機能や顧客事例の紹介とプチハンズオンを行った。 ・セッション資料 アールスリーインスティテュートの金春利幸氏のセッション アールスリーインスティテュートの金春利幸氏のセッション 初心者向け、中級者向けのkintoneカスタマイズ開発ハンズオン  そのほかにも、kintoneカスタマイズ開発の入門者向けハンズオンセッションとして「はじめてのWebhookでメールとkintoneをかんたん連携」(講師:サイボウズ 檀原由香子氏)、「はじめてのkintone JavaScriptカスタマイズ」(講師:サイボウズ 三宅智子氏)、中級者向けの「webpackを使ったワンランク上のモダンJSカスタマイズ」(講師:クローバ 代表取締役 門屋亮氏)が行われた。 クローバ 代表取締役 門屋亮氏 クローバ 代表取締役 門屋亮氏 セッション資料はじめてのWebhookでメールとkintoneをかんたん連携はじめてのkintone JavaScriptカスタマイズwebpackを使ったワンランク上のモダンJSカスタマイズ

WordPress、Cisco Spark、Azureとも連携、“つながるkintone”を体験

WordPress、Cisco Spark、Azureとも連携、“つながるkintone”を体験
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon