古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Xperiaで操作すると快適すぎるレコーダー「nasne」:Xperia周辺機器

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/17
Xperiaで操作すると快適すぎるレコーダー「nasne」:Xperia周辺機器 © KADOKAWA CORPORATION 提供 Xperiaで操作すると快適すぎるレコーダー「nasne」:Xperia周辺機器

 ドラマやアニメを見て世間の話題についていきたいと思っても、仕事やプライベートの予定に追われているとなかなかタイミングが合わず、番組を見逃してしまいがちな際に便利なのがブルーレイレコーダーです。  ただし、購入したレコーダーが壊れる前に買い換えるのはもったいないですし、設置スペースの問題や録画番組の視聴場所が限定されるなど、レコーダーによってはいろいろと制限があります。  そこでオススメなのが、ソニーのネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne(ナスネ)」です。nasneは2012年の登場から何度もアップデートを繰り返し、現在でも快適なレコーダーとして市場に君臨しています。  ブルーレイディスクの再生や録画機能はなく、ひたすら内蔵HDD(もしくは外付けHDD)に録画するだけのシンプルな構成ながら、比較的低価格で小さく設置スペースをとらないというメリットがあります。  チューナーはシングルで地上デジタル+BS/110度CSのみですが、nasneを増やせば複数チューナーによる同時録画も可能です。しかも、Xperiaとの相性もバツグンでTVアプリ「torne mobile」を使うと、家の中でも外出先からでもテレビの録画・視聴が楽しめるスグレモノです。  torne mobileは、基本的には無料のアプリとして使えます。ただし、いちばんのキモであるテレビ番組の視聴や録画番組の視聴には、別途アプリ内課金(500円)が必要です。いちど課金してしまえば、Xperiaを機種変更した場合でも同一アカウントであれば、何度でも利用できます。  さっそくtorne mobileを使ってみましょう。メインメニューはアイコンがタテに並ぶシンプルなUIで、すぐに直感的に操作できるようになります。そして、驚くのがその番組表です。非常にレスポンスよく操作は快適そのもの。番組ジャンルは色分けされており視認性も最高です。  全体を見回して左右でチャンネルを移動し、タテで時系列に番組を追いかけ、気になるところがあればピンチインでググっと大きく表示。すべての挙動がなんとも気持ちよく、思い通りに操作できます。もちろん、自宅に限らず外出先からの録画予約も可能です。ちなみにnasneは最大4台まで登録できるので、録画先を好みで振り分けるといった使い方もできます。  どんな番組が人気なのかを知りたい場合は、番組を録画している人数(トル数)がわかる“ランキング”で人気番組を探せます。また、さまざまな情報からtorneアプリの鳥のキャラクター、トルネフが独自にピックアップしたオススメ番組を紹介してくれる“トルネフピックアップ”もあります。  録画番組を探す際の操作系も非常にユーザーフレンドリーです。録画番組を「放送日時」と「番組名」ごとに一瞬でソートしたり、タイトルごとにツリー状に表示したり、ジャンル/チャンネル/曜日/録画先(nasne)で絞り込んだりと自由自在です。しかも、スマホアプリからネットワーク越しのnasneをコントロールしてるとは思えないほどレスポンスは爆速。  500円の課金が必要とはなりますが、家の中でも外出先からでも、好きな場所から自宅のnasneにアクセスし、放送中の番組をリアルタイム視聴や録画番組視聴が可能です。放送中の番組を視聴中は他のチャンネルが画面下に表示されています。左右にフリックもしくはチャンネル解説をタップすると、サッと番組間を横断できザッピング視聴もラクラクです。  録画番組視聴の際は再生、停止、フラッシュ送り/フラッシュ戻し、チャプタースキップができるのはもちろん、30秒/1分/2分/5分ごとの“ビジュアルシーンサーチ”も可能です。しかも、どの操作でもラグはほとんどありません。  このほか早見(1.5~2倍)再生や早送り、早戻し、音声切り替えと字幕切り替えにも対応しており、ここまでストレスフリーなアプリはそうそうないのでは、という感動すら覚えます。  また、コンソールゲーム機の「PlayStation4」には「torne PS4」というnasneを操作できるアプリがあります。さらに“リモコンモード”ではXperiaからPlayStation4のtorneアプリをリモコンとして使うことも可能です。  タップやフリック操作ができるほか、PlayStation4がスタンバイ状態でも起動させてメニューを操作できるため、本来のコントローラー(DUALSHOCK 4)を探す手間もないのが非常に便利。  torne mobileを使っていると要所要所で画面にトルネフが登場し、コミュニケーションをとってきます。たまにアドバイスをくれるほかアプリ内でカンタンなアンケートに答えて集計結果を見たりすることで貯まる「トルネフポイント」を使うと、トルネフルーレットにチャレンジしてアイテムをもらったりもできます。  最初はテレビを見ることが目的だったのに、いつのまにかトルネフに愛着が湧いてくると、Xperiaからついついtorne mobileを起動したくなります。Xperiaでテレビを観たいと思ったら、nasneの導入をオススメします! ■関連サイト ソニーモバイル

Xperiaで操作すると快適すぎるレコーダー「nasne」:Xperia周辺機器

Xperiaで操作すると快適すぎるレコーダー「nasne」:Xperia周辺機器
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon