古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Xperia XZ Premiumは4K HDR映像の鑑賞はもちろん、写真家にもオススメだ

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/06/16
Xperia XZ Premiumは4K HDR映像の鑑賞はもちろん、写真家にもオススメだ © KADOKAWA CORPORATION 提供 Xperia XZ Premiumは4K HDR映像の鑑賞はもちろん、写真家にもオススメだ

 ソニーモバイルのフラグシップスマホと言える「Xperia XZ Premium SO-04J」が、本日6月16日にドコモから発売されました。  今年の夏には、「Xperia XZs」も発売されましたが、こちらはあくまでも昨年に発売された「Xperia XZ」のマイナーチェンジモデルという位置づけです。  5.5型という大画面と4K解像度(2160×3840ドット)の超高解像度ディスプレーを持つモデルとしては、2015年後半に発売された「Xperia Z5 Premium」からすると、久しぶりの登場です。 Xシリーズ初めてのPremiumはいままでの「いいところ」が凝縮  「Xperia XZ Premium」を手にした印象は、大型ディスプレーのわりに持て余すほどの巨大感を感じない、ということです。  本体デザインは、「Unified Design」といコンセプトをもつ「Xperia XZ」と共通するサイド面が滑らかにカーブして手に馴染むフォルム。手の大きな成人男性目線ではありますがしっかりとグリップできます。  それよりも「Xperia Z5 Premium」でおなじみの鏡面仕上げのボディは引き継がれて、2色あるカラーの「ディープシーブラック」「ルミナスクロム」ともに反射するほどの光沢っぷりです。  ですが、いい意味で裏切られたのが今回使ってみたディープシーブラックです。単に黒いというよりは、深みのあるブルーという印象で、どちらかというと「Xperia XZ」のフォレストブルーをより暗く落とし込んだようで、なるほどネーミングどおりの「深い海の黒」です。  本体の上下パーツの金属パーツのカット、ボディーカラーと一体化したディスプレー周辺ベゼル、スリットのない1枚板になった背面、大きくなるとパーツ分割から野暮ったく見えてしまいがちな処理も、とてもキレイにまとまっていて、手にしながら素直にコレはイイね!と思えます。  それから、サイド面にある指紋認証つきの電源ボタンや、ボリュームキー、カメラキーはマットブラックになっているところが見た目のクールさに一役かっています。ちなみに、指紋認証の解除レスポンスは快適そのものです。 インターフェースやカメラは最先端のものを搭載  「Xperia XZ」との違いとしては、ボリュームキーが電源の上部にきていることと、FeliCaアンテナがディスプレー上部ではなく背面中央にもどっていることです。  底面にある接続端子は、表裏を気にせずに挿し込めるUSB Type-Cになっただけではなく、USB 3.1 SuperSpeed Gen1に対応して5Gbpsに対応するケーブルを使うことでPCから高速転送できるほか、Quick Charge 3.0による高速充電もできるようになっています。  もちろんIPX5/IPX8相当の防水性能とIP6X相当の防塵性能を備えているので、水回りでも安心して使えます。  唯一の外部スロットはnano SIMカードと、microSDカードが収まります。最初に、フタと一体化したmicroSDカードトレイをはずして、その後からnano SIMカードのトレイが抜けます。microSDは最大256GB(microSDXC)まで対応しています。 カメラは、約1920万画素と画素数を抑えたメモリー積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobile」となる「Motion Eyeカメラシステム」を備えて「先読み撮影」機能と、最大960fpsのスーパースローモーション撮影ができるようになりました。 先読み撮影は、被写体が動いている時にシャッターをきると、自動的にメモリー内に最大4フレーム分の画像をバッファして、シャッターが押される直前の画像も記録してくれるので、撮り逃しを防げる便利な撮影機能。スーパースローモーション撮影は、日常で撮れる動画を最大960fpsのスローモーションとして記録できます。 カメラが非常に高性能化したためなのか、「Xperia XZs」では背面カメラの周辺が出っ張ってしまい完全な平面ではなくなっています。 XZ Premiumは、本体サイズが大きくなっているおかげか内部処理によりフラットを保っているというのも地味に修正されているのもポイントになります。 もちろん4K動画も撮影できれば、コントラストAFと像面位相差AFを組み合わせた「ハイブリッドAF」や、被写体の動きを予測して写体を捉えてブレのない撮影が可能な「先読みオートフォーカス機能」、5軸の電子手ブレ補正のきく「インテリジェントアクティブモード」も健在で、カメラまわりは非常に強力です。 「Xperia XZ Premium」の本体サイズは、長さ幅77×厚さ約7.9×高さ156mm、質量は約191g。ディスプレーサイズは大きくなったとはいえ、横幅は「Xperia XZ」と比較しても5mmの差にとどまっています。 キー入力の際に指が届きにくいという場合は、「POBox Plus」を「片手キーボード」にすれば右もしくは左によせて入力しやすくできます。逆に、PCキータイプの時にも数字段を表示してダイレクトにタップしやすいといった画面がサイズアップの恩恵もあります。ベンチマークと実感でわかるXZ Premiumの進化の度合い 中身はもちろん最先端のパーツが詰まっています。OSはAndroid 7.1.1。CPUはクアルコム製のハイエンド向け「Snapdragon 835」。いままで他社に比べ少ない、少ないと言われつづけてきたメモリーも4GB。ストレージも64GBと大容量になり、さらには従来のeMMCからUFSとなっているので高速な読み書きできるなど妥協はありません。 参考までに、「Xperia Z5 Premium」「Xperia XZ」「Xperia XZ Premium」と世代別にAnTuTu Benchmarkを実行してみました。機種名全体スコア3DUXCPURAMXperia XZ Premium1615406763753031327118161Xperia XZ1281425538640597258356324Xperia Z5 Premium623873160115694104104682 スコアーを見ると一目瞭然。あくまでも指標にすぎませんが、相対的に見ても「Xperia XZ Premium」の性能の高さがわかるでしょう。 そして、「Xperia XZ Premium」の最大の特徴と言えるのは、やはり4K解像度ディスプレ−です。さらに、XZ Premiumでは最新のテレビにも備わりつつあるHDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応。写真を見る時、4K動画を観るときなど、対応したアプリに限り、4K超高解像度を活かせるようになっています。 「スマホが4Kになっても見るものがない」と思われがちですが、国内ではすでにコンテンツの整備は済んでおり、dTVやAmazon プライム・ビデオなどでの配信が予定されています。 フルHD解像度のキメの細かさを上回る画質と、さらに広いダイナミックレンジにより明るさと色域の表現が豊かになり、より奥行き感や立体感のある映像を堪能できます。 そして、基本的に4KディスプレーとしてのクオリティーがZ5 Premiumよりも数段上がっています。元来、4K解像度にもなると1画素あたりの開口率が下がるため、暗くなってしまうものなのですが、XZ Premiumでは、あきらかに輝度が高くなっています。 比較画像は、もはやXZ Premiumの輝度が高すぎて写真での表現は難しいため、輝度レベルを同一まで下げています。 また、Z5 Premiumを使っていると、室内では気になることはないものの、どうしても屋外の日差しの強いところでは見えづらいなということがありました。それに比べ、XZ Premiumはピーク輝度は非常に高く、これなら十分に屋外でも視認できます。ディスプレー周りの設定もZ5 Premiumとは違う 輝度のみならず画質に対しても細かな設定ができるようになっています。従来は、動画に対して「高画質モード」の設定を「オフ」「X-Reality for mobile」「ダイナミックモード」の3段階で調整していたものから、新たに「色域とコントラスト」「動画再生時の高画質処理」それぞれにわけて変更できるようになりました。 「動画再生時の高画質処理」は、動画再生時に質感や精鋭感をアップする「X-Reality for mobile」のオンオフを切り替えるものです。こちらはオンオフ時のサンプル動画を表示してくれるので、好みで選べばよいでしょう。 そして、筆者がこれはいい!と思った機能が、「色域とコントラスト」の設定です。 こちらは静止画と動画、全体の画質に対する設定ができるようになっており、オリジナルの色彩にこだわる人向けにsRGBの色域を利用する「プロフェッショナルモード」、トリルミナスディスプレイ for mobileの鮮やかな色域を利用する「スタンダードモード」、より強調された色彩となる「ダイナミックモード」から選べるようになりました。 単に高解像度というだけではなく、色調も使い方や好みで決めることができます。 誰しもが鮮やかで派手な色合いを好むとは限りません。たとえば、デジタル一眼カメラで撮影した写真を現地ではなかなか細かいところまでチェックできないのが現状でできれば大きく画質のあったディスプレーで確認したいという場合もあります。 そんな時、XZ Premiumの画質をsRGBの色域を利用する「プロフェッショナルモード」にしておくことで、画像を転送して余計な色味が加わらないオリジナルの色彩でチェックできるというのは非常に重要です。しかも、5.5型4K解像度であるということは、構図のみならす手元で一部を大きく拡大してピント面をじっくりと見極めることもできます。 これはほかのスマホには真似できないアドバンテージ。写真を愛好する人たちにとっては、とてもうれしい機能ではないかと思われます。現時点で最高性能を求めるならXZ Premiumでキマリ! スマートフォンを買い換えようかなと思ったとき、いまいち変化したところがわかりづらく躊躇してしまいがちですが、「Xperia XZ Premium」は、抜け目なくかつ確実に進化しています。 最新のプロセッサーに大容量化したメモリーとストレージ、UFSやUSB 3.1 Type-C(SuperSpeed Gen1対応)の高速転送や、8月から始まる高速データ通信に対応という基本性能がしっかりした上で、ソニーならではのカメラやオーディオ機能も楽しめる。 そして、なんといっても4Kという高画質。4Kスマホを買ったら、4Kの動画コンテンツが楽しめるという導線もしっかりできているので、高性能を存分に味わえる端末に仕上がっていると思います。■関連サイトソニーが基本的に好き。ソニーモバイルdTVXperia on ASCII

Xperia XZ Premiumは4K HDR映像の鑑賞はもちろん、写真家にもオススメだ

Xperia XZ Premiumは4K HDR映像の鑑賞はもちろん、写真家にもオススメだ
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon