古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Xperia Z2/ZL2のカメラでは、あの“裏ワザ”が使えない?

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/06/03 ITMedia
Xperia Z2/ZL2のカメラでは、あの“裏ワザ”が使えない?: Xperia Z1のピクチャーエフェクトの撮影画面。スクリーンショットだと効果名や黒いラインが残る © ITMedia 提供 Xperia Z1のピクチャーエフェクトの撮影画面。スクリーンショットだと効果名や黒いラインが残る

 Xperiaシリーズのカメラにはさまざまな撮影機能が搭載されている。そのうちの1つ、Xperia ZやZ1などで使える「ピクチャーエフェクト」では、9つのエフェクトをサムネイルで確認しながら撮影できる。実は、この9枚のサムネイル画面を表示した状態でボリュームキーを押すと、サムネイルのまま撮影できるのをご存じだろうか?(詳細はこちらの記事を参照)

 スクリーンショットとの違いは、サムネイル画面に表示される「パートカラー」「フィルター」「ノスタルジック」などの効果名や、画面下部のオンスクリーンキー用の黒いラインが表示されなくなること。ボリュームキーで撮影したサムネイル写真のサイズは576×960ピクセルなのでスクリーンショットより小さいが、全画面+(効果名の)文字なしで残せるので、スッキリ見える。撮影直前にはピントを合わせてくれるし、カメラで撮った画像として保存されるので、Exif情報も確認できる。

 このピクチャーエフェクトは、Xperia Z2やZL2では効果がさらに増えて動画にも使える「クリエイティブエフェクト」に進化したが、撮影画面は9枚のサムネイルではなく、3〜4枚のサムネイル+撮影画面という構成に変更された。これに伴い、クリエイティブエフェクトの画面でボリュームキーを押してもシャッターは作動せず、通常どおりズームイン/アウトする仕様に変更された。

 ピクチャーエフェクトで9つの効果を同時に確認できて、かつ9枚を1つの写真として残せるのは面白かったので、今回の仕様変更はちょっぴり残念に感じた。

[田中聡,ITmedia]

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon