古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

9条自衛隊明記、賛成36%=消費増税は反対多数-出口調査【17衆院選】

時事通信 のロゴ時事通信 2017/10/22

 時事通信が22日に行った衆院選出口調査で、憲法9条に自衛隊の存在を明記する改正について賛否を尋ねたところ、賛成が36.2%で反対の30.3%を上回った。ただ、「どちらとも言えない、分からない」も33.3%に上っており、9条改正が世論を二分するテーマであることが改めて浮き彫りとなった。  9条への自衛隊明記は安倍晋三首相が提案している。支持政党別にみると、自民党支持層は6割弱が賛成した。公明党支持層も賛成(33.0%)が反対(20.5%)を上回ったものの、「どちらとも言えない、分からない」(46.3%)が最も多かった。  野党支持層では、日本維新の会を除きいずれも反対が賛成を上回った。最も反対が多かったのは共産党の73.4%。次いで立憲民主党(67.7%)、社民党(67.5%)、希望の党(40.1%)の順となった。  2019年10月に予定される消費税率10%への引き上げについては、反対が43.3%で、賛成33.9%を上回った。「どちらとも言えない、分からない」は22.6%だった。都道府県別にみると、42都道府県で反対が賛成を上回った。 (了)

image beaconimage beaconimage beacon