古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

【3時間48分一問一答】錦織「勝てたのがちょっと不思議な感じ」/全豪テニス

サンケイスポーツ のロゴ サンケイスポーツ 2019/01/17 13:45 株式会社 産経デジタル

 テニス・全豪オープン(17日、オーストラリア・メルボルン)世界ランキング9位で第8シードの錦織圭(29)=日清食品=は、男子シングルス2回戦で同73位のイボ・カロビッチ(39)=クロアチア=を6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で下し、3回戦進出を決めた。試合後の一問一答は以下の通り。

 --試合が終わった瞬間、手と足をコートについた。どんな思いだった

 「負ける1球が目の前まで何回か来ていた。最後の(タイブレークは)7-6でワンブレイクダウンだったので、勝てたのが不思議な感じというのがちょっとあります」

 --気持ちの部分で立て直した部分、考えを変えた部分は

 「なるべく気にしないことを意識してました。なかなかサービスゲームがサーブセットからブレークできなかった。ブレイクチャンスこそありましたけど、それを逃してから、なるべく次の一点に集中するようにしてました」

 --サーブもポイントだと言っていたが、試合を通じて集中力を保てたか

 「サーブは悪くなかった。パーセンテージはすごく高かったと思いますし、5セット目こそちょっと落ちましたけど、サーブは良かったと思います」

 --序盤はよかったが、第3、第4セットでブレークを許しピンチを迎えた

 「あれは苦しかったですね。タイブレークにいけばほんとにフィフティーフィフティーなのでまだチャンスはあったんですけど、そこまで持っていけなかったのはすごく悔いが残る。あの2セットはちょっと引きずりましたね」

 --よく最後ものにできた

 「うれしいですね。なかなか勝ちが見えない試合だったので。最後の方は特に。勝ててうれしいです」

 --次につながる1勝になったか

 「大きいと思います。1試合目もそうですけど、大変な試合を2試合勝てたので、なるべくリカバリーをしっかりして次に臨みたいと思います」

サンケイスポーツの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon