古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

オリンピック×算数ドリルって?元川崎・天野さんの仕掛けの先に。

Number Web のロゴ Number Web 2018/04/17 07:30 手嶋真彦
天野春果さんらが尽力して開催された今回のイベント。東京五輪に向けて子供たちに訴えかけるものは大きい。 © photograph by Masahiko Tejima 天野春果さんらが尽力して開催された今回のイベント。東京五輪に向けて子供たちに訴えかけるものは大きい。

 オリンピックと算数ドリルが、どう繋がってくるのだろうか?

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)が作成したのは、小学6年生用の算数ドリルだ。今年度(2018年度)は渋谷区の全公立小学校に配布し、授業で活用してもらう。オリンピアンやパラリンピアンが授業に参加する「実践学習会」も開催する。

 まだ春だというのに東京都下が“夏日”となった好天の4月12日、最初の「実践学習会」を取材した。冒頭の疑問の答えはそこにあった。

 渋谷区内の小学校を訪れたオリンピアンは、2000年シドニー五輪・女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん、2008年北京五輪・陸上競技男子4×100mリレー銅メダリストの高平慎士さんと塚原直貴さんの計3名。スポーツ庁の鈴木大地長官も参加した。

高平の50m全力疾走に校庭が静まり返った。

 校庭が驚きで満ち溢れたのは、高平さんが50mを全力疾走した時だ。日中の陽射しは強く、人工芝の緑が少しまぶしいトラックの端から高平さんがスタートすると、汗ばむ陽気の校庭が静まった。

 直線のトラックで銅メダリストはぐいぐい加速し、あっという間にゴールラインを通過した。思わず息を呑む、迫力だった。競技に注いできた高平さんの情熱が、ほとばしっていた。

 実践学習会に参加した小学6年生は、男女合わせて50人。トラックの脇に広がり、オリンピアンの走りを見守った。「5秒8!」。ストップウォッチを手にした記録係が発表すると、子供たちは一斉に「わぁ」っと、どよめいた。

 吹き抜ける風を、児童たちは感じていたのではないか。高平さんが目の前を駆け抜けていった一瞬の疾風を――。そこに居なければできない貴重な体験だった。

 驚きもまた、きっかけになり得る。好奇心旺盛な児童たちは、オリンピックに興味を抱いたかもしれない。関心をさらに強めたかもしれない。非日常の刺激を受けて、短距離走者やアスリートへの憧れすら芽生えたかもしれない。

オリンピアンに質問できる時間も。

 体操着に着替えて校庭に出る前は、教室でオリンピアンたちと触れ合った。算数ドリルを一人ひとり手渡され、担任の先生と一緒に問題を解いてみる。せっかくの機会だからと脱線して、オリンピアンたちが持参していたメダルに触る時間もできた。児童たちは順番に手に取り、首からぶら下げてみる生徒もいた。それまでの緊張が少しほどけ、会話も生まれた。聞こえてきたのは、こんなやり取りだ。

児童「齧(かじ)ってみてもいいですか?」

オリンピアン「おいしくはないと思うよ(笑)」

 教室で過ごした最後には、オリンピアンに質問できる時間もできた。ある児童は、こう聞いた。

「夢は何でしたか?」

 オリンピアンたちが子供の頃の夢を語り、教室全体で耳を傾ける。そこで新たな夢が生まれたかもしれない。あるいは、いずれ生まれる夢のきっかけになったかもしれない。

 校庭での驚きの走りと教室での夢の話。それだけで十分意義があるのではないか。子供たちがオリンピアンと触れ合う掛け替えのない経験に、無限の可能性が感じられたのだ。

天野春果さんが取り組む五輪算数ドリル。

 企画の仕掛け人は天野春果さん。この名前にピンときたなら、Jリーグに詳しいか、川崎フロンターレの熱心なファンに違いない。フロンターレ時代の天野さんは、国際宇宙ステーションとフロンターレのホームスタジアムを衛星回線で結んだ宇宙飛行士とのリアルタイム交信や、岡本太郎という没後も輝き続ける芸術家の作品をキャッチフレーズに取り込むコラボレーションなど、型破りなプロモーション企画の数々を実現させてきた。

 算数ドリルもフロンターレで手掛けた企画のひとつだ。今回は東京都内の有志の教員たちと「東京2020算数ドリル作成委員会」を作り、オリンピアン・パラリンピアンたちの監修を得ながら「楽しく解けるように工夫して」(天野さん)、まずは上巻の「オリンピック版」を完成させた。

 東京オリンピックで実施される33競技を、新たに追加されたスケートボードやスポーツクライミングまで漏れなく取り上げ、算数ドリルの問題とした。文部科学省の学習指導要領に準拠する副教材としたのは、「配って終わりにならないように」(天野さん)。週2~3回授業で使用できるように、算数教科書とリンクさせている。

 下巻の「パラリンピック版」は9月末までに作成・配布し、パラリンピアンが授業に参加する実践学習会も今秋開催する予定。今年度は渋谷区内のすべての公立小学校(18校)で展開し、来年度は他の自治体にも広げていきたい考えだ。

算数が嫌いな子が五輪ドリルで興味を。

 天野さんは2017年2月にフロンターレを離れ、出向中の東京2020組織委員会では「イノベーション推進室」の一員として日夜奮闘している。

 算数ドリルがイノベーション? そんな疑問も出てくるだろう。その答えも、やはり4月12日の実践学習会の中に潜んでいた。

 実践学習会を終えての、ある児童の感想を紹介しよう。

「算数は大っ嫌いで、計算もすごく苦手。でも興味があるオリンピックで勉強できて、これからは頑張れそう」

 わたしは足が遅いんですけど――。別の児童はそう前置きした上で、オリンピアンからのこの日の教えを口にした。

「楽しめばいいことを知りました」

 コンマ1秒のさらに10分の1単位でしのぎを削り、オリンピックのメダリストにもなった世界有数のアスリートから、どんなに足が遅くても、走ることは楽しめるとアドバイスされたとしたら……。スポーツに限らず、物事の多面性や価値観の多様性を知るきっかけにもできるのではないか。

Qちゃんも「アスリートの想いを詰め込んだ」。

 イノベーションを狭義に解釈すれば、おそらくテクノロジー分野の革新に限られる。しかし、算数ドリルを介したオリンピアン・パラリンピアンとの触れ合いが、多くの児童たちの心を豊かにするきっかけとなるなら、その変化もまた立派なイノベーションではないだろうか。

 この解釈は、東京2020組織委員会が掲げている次の大会ビジョンとも矛盾しない。

〈スポーツには世界と未来を変える力がある。2020年は、史上最もイノベーティブで、世界にポジティブな改革をもたらす大会とする〉

 ちなみに、高平さんの感想も紹介しておこう。

「こんなに楽しく学べる算数だったら、もっと勉強して、もしかするとオリンピック選手にはなっていなかったかもしれません(笑)」

 大きな手応えを、次のように表現したのは高橋尚子さんだ。

「アスリートの思いも詰め込んだ、そんなドリルができたと思っています」

ルールや楽しさを子供たちに知ってほしい。

 金メダリストのオリンピアンとしてよく知られる高橋さんは、2015年10月から東京2020組織委員会の「アスリート委員会」で委員長を務めている。競技者たちの意見を大会運営に反映させていくアスリート委員会がこれまで模索してきたのは、オリンピック・パラリンピック各競技についての魅力を発信する機会をどう増やしていくか。

「ルールや楽しさを含めて、子供たちにもっと知ってほしい。身近に感じてほしい」という願いは、とりわけマイナー競技のアスリートに強くあると言う。

 スポーツ庁の鈴木長官は、また別の角度から実践学習会の意義を感じていたようだ。この日、6年生の児童全員が50m走の記録を取ったのは、算数の実践学習に役立てるためだった。1秒間に進める距離を、実際に走って計算する。鈴木長官も児童に混じって50m走に参加した。

鈴木長官は「本当に勉強になった」。

 帰宅した子供の話を聞いて、びっくりした親もいたかもしれない。1988年ソウル五輪・競泳背泳ぎ100m金メダリストのあの鈴木大地と一緒に走り、おそらく本気を出していた鈴木さんよりも先にゴールラインを通過して、そのスポーツ庁長官から「おめでとう」と声を掛けられた6年生もいたからだ。

 鈴木長官は最後にこう締めくくった。

「(児童の)皆さんがオリンピック選手、パラリンピック選手になるということではなく、身体を動かして、それが楽しいと感じてもらえる授業を、もっとしていかなければならないと思いました。今日は本当に勉強になりました」

 仕掛け人の天野さんが東京2020組織委員会への出向を自ら志願したのは、東京オリンピック・パラリンピックの大きなポテンシャルを信じているからだ。「スポーツの価値そのものを高める」絶好のチャンスだと。

“刺さる”だけでなく“響き渡る”ものを。

 日本政府は国内スポーツ産業の市場規模を、2012年当時の約5.5兆円から、2020年までに10兆円、2025年までに15兆円へと拡大させる目標を掲げている。

 必要なのは、お金を払ってでもスポーツを続けたい、観たい、支えたいというロイヤリティ(愛着)の拡大であり、そのためにもスポーツの価値そのものを高める関係者の努力が欠かせない。

 スポーツの世界の中だけで、しかも競技単位やチーム単位のコアなファンに“刺さる”だけの企画を繰り返すばかりでは、広がりや奥行きが出てきにくい。まったく異なる分野、接点の少ない業界との意外な掛け合わせこそ、日本中に“響き渡る”可能性を秘めている。

 フロンターレの仕掛け人がオリンピック・パラリンピックの世界に飛び込み、算数ドリルを含めた様々なチャレンジを進めているのは、スポーツがもっと人々を幸せにしている未来を見据えているからなのだ。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon