古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

メガネ先輩の結婚でポジション変更を強要 韓国カー娘の告発会見に報道陣殺到

サンケイスポーツ のロゴ サンケイスポーツ 2018/11/15 15:40 株式会社 産経デジタル
メガネ先輩の結婚でポジション変更を強要 韓国カー娘の告発会見に報道陣殺到: 平昌五輪カーリング女子で“メガネ先輩”の愛称で話題となった韓国代表のスキップ金恩貞 © サンケイスポーツ 提供 平昌五輪カーリング女子で“メガネ先輩”の愛称で話題となった韓国代表のスキップ金恩貞

 平昌五輪カーリング女子で銀メダルを獲得した韓国代表チーム・キムが15日、ソウル市内で会見を開き、指導者から暴言や専横などで不当な待遇を受けてきたことを明かした。韓国紙の中央日報電子版によると、会見には国内外から約100人の報道陣が集まった。

 チーム・キムは6日、大韓体育会に指導者から暴言とともに不当な処遇を受けたという要請文を送っていた。この日の会見では「私たちは家族と呼ばれる枠組みの中で抑圧、暴言、不当さ、不条理に不安だった」とし、「このような状況が持続すれば、これ以上チーム・キムは存在できず、運動をやめなければならないかもしれないという恐れと、運動を続けたいという切迫さで勇気を出して要請文を出した」と話した。

 チーム・キムは“メガネ先輩”の愛称で話題となったスキップ金恩貞を中心に人気を集めたが、金恩貞が7月に結婚したことにより、指導者側は新しいスキップを準備しなければならなかったと主張している。

 これに対し、チーム・キムは「五輪の前にもすでに金恩貞の肩身を狭めようとしていたし、結婚をした後には他の選手たちが理解できないの訓練を強要した」とし、「チームを分けて宿舎まで離し、選手たちを分離させていた。チーム全体を分裂させようとする目的だったと考える」と反論。さらに「結婚後、妊娠を計画するという理由で、女子選手として運動をやめなければならないのかも私たちの疑問」と猛反発した。

サンケイスポーツの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon