古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中学野球部の露骨なボーク誘導。審判は「アンフェア」をどう裁くか。

Number Web のロゴ Number Web 2019/01/12 08:00 安倍昌彦
高校野球の世界で、将来性や育成よりも目の前の勝利が優先される場面は想像以上に多い。今後はどうなるか。 © photograph by Hideki Sugiyama 高校野球の世界で、将来性や育成よりも目の前の勝利が優先される場面は想像以上に多い。今後はどうなるか。

 以前、ライターの先輩から、こんなことを教わったことがある。

 記事はどんなテーマで書いても構わないが、「審判」については触らないようにしている。それが業界の暗黙の“申し合わせ”である、と。

 なるほどね……と思ったのを覚えている。たしかに、すでに終わったジャッジについて蒸し返してもしかたない。

 そう思って、ずっとそうしてきたのだが、ここで初めて「審判」について触れることにした。

 審判がテーマとなると「クレーム系」かと思われがちだが、決してそうではない。「前向き」な話だと思っている。

 ある集まりで、こんな話を耳にした。

 中学生の軟式野球。つまり部活の中学野球だが、ある大きな大会での出来事だ。

 中学軟式にも今は全国有数の「強豪」というのがあって、その強豪同士の一戦だから、試合終盤まで緊迫した“ゼロゼロ”の展開だったそうだ。

 一方のチームの選手たちが、打席でしゃがむように構え始めた。誰がどう見たって「四球狙い」だ。球審も、打者が構えている高さでストライク、ボールをジャッジしたから、あっという間に満塁になった。

ボークを誘導するアンフェアさに対して。

 さあ、どうする。

 すると、次のバッターの初球で、三塁ランナーがスルスルッとホームに向かってスタートをきった途端、ベンチにいた選手たちが、「ボーク! ボーク!」と、叫びながらベンチを飛び出してきたという。

 モーションを起こしていた投手は、その「叫び」に驚いて、踏み込んだあたりで上体の動きを一瞬止めた。

 投球モーションを途中で止めたら、普通は「ボーク」である。しかし球審はボークを宣告せず、プレーを続けさせた。

 攻撃側からあがった抗議の声に対して、

「明らかにボークを誘導するようなアンフェアな行為。ボークはとりません!」

 毅然とした態度で、抗議を退けたという。

 なにか、すごくホッとした。道理ではそうなって当然なのだが、最近の野球の現場ではそうならないことがよくあるので、実は話を聞きながら“結論”のゆくえを心配していたのだ。

それでスポーツの爽快感は得られるのか。

 悲しいかな、中学軟式の現場でそうした姑息でこざかしい、戦術ともいえない戦術で勝負のやり取りをしていることが時々ある……という事実は時折伝わってくる。

 打てばへこむ軟球を金属バットで快打にするのは、硬式より難しい。なかなか得点できないから、いろいろ知恵を絞って「なんとか1点を!」と気負うあまりに、あらぬ方向に妄想が広がり、「スポーツ」とはかけ離れた発想から戦術とは言えない戦術を“発明”してしまう悲しさ。

 おそらく“大人”が勝ちたいだけなのだろう。

 そうした野球の現場から果たして、全力を出し尽くして闘ったあとの、スポーツ本来の爽快感は得られるのだろうか。そこに集う少年たちの健やかな心身の成長を期待できるのであろうか。

「誘導ボーク」をアンフェアとして一蹴した球審の方の態度は立派であり、当然の処理だったと思う。

野球とラグビーの審判の違い。

 一方で、この数年だろうか、野球の現場でよく見かけるのが、審判の「合議」である。

 あるジャッジに抗議があると、球審、塁審が集まって協議が始まる。抗議する側が要求する場面も多く、「今のはアウトとジャッジします!」と突っぱねればよいのに、わかりました……と集まるのは、詰まるところ「ジャッジに自信がない」。

 見ている者には、そういうふうに見えてしまう。

 そのたびに思いだす場面がある。

 野球のない冬場は、何度かラグビーの試合を見に行くのだが、そのたびに、あの目まぐるしい展開の中で、複雑なルールを駆使してジャッジをしてみせる審判(レフェリー)たちの所作に感心する。

 ラグビーは選手たちの体と体が高速で強烈にぶつかり合うスポーツなので、特に大きなケガにつながるような「反則」については、ルール上きびしいペナルティを与えると共に、レフェリーがその場で、選手たちに指導を行う。

 たとえば、相手チームの選手の首に腕をまわして倒したりすると、

「もう一度やったら出しますよ」

 とピシャッとクギを刺し、オフサイドラインに近づき過ぎている選手がいれば、「11番、10m後ろへ! 車1台分!」

 無用な反則で試合のリズムを損なわないように、あらかじめ注意をうながす。そうした指導が、実に的確で毅然としているのに感心する。

 さらに質の良いラグビーになるように、安全に事故なく試合が進められるように、レフェリーが選手たちを指導、教育しながら試合を管理しているのだ。

試合進行を管理するのが審判。

 ひるがえって、野球界はどうだろうか?

 スピードアップの掛け声のもと、プレー時間の超過だけは神経質に指摘するが、ジャッジに対するクレームに毅然と立ち向かう気配もなく、すぐに審判を集めて協議することで、むしろスピードアップに逆行してはいないだろうか。

 たとえば、「ボーク」とジャッジした場面。見ている者の多くは何がどう不正なのかわからないのに、明瞭な説明がない場面がとても多い。

 おそらく当事者の選手たちもよくわからないのにそのままスルーさせているが、ラグビーでは必ずといってよいほど、不正の当事者を呼んで、どの動きが反則なのか、どうすればその反則は起こらなかったのかをレフェリーが直接選手に言って聞かせる。

 グラウンド上での試合進行を管理しているのが「審判」なのであれば、野球の現場でも、こうした場面が見られてもよいのではないか。

ルールで決着がつかないこともある。

 とりわけ、高校野球、大学野球の現場においては、審判だけが唯一「年長の大人たち」であろう。

「ルールブック」を適用すればそれで白黒がつく場面ばかりではない。

 たとえば「アンフェア」という、そこにいる指導者、選手の誰もが胸に誓っているはずの「スポーツマンシップ」という“精神”の部分で、あるまじき場面があったときこそ、即座にその旨ジャッジして、ただちに関わった選手にその“不正”をわかるように説明して正し、そのあとで観客にもわかりやすく説明する。

 そのことで、野球という競技の質が向上し、選手たちの意識が高まり、だからこそ、ジャッジする者の権威とジャッジする者に対するリスペクトが高まり、確立されていくのではないか。

 権威とかリスペクトというものは、まず「ありき」ではない。それにふさわしい行為や態度の実践があってこそ、そのあとから生まれてくるものであろう。

 そんなことをツラツラ考えながら、あと1カ月足らずになった野球シーズン到来を待ち遠しく思う今日この頃である。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon