古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

佐藤世那、3年目のフォーム改造。過去2年を捨てるたった1人の覚悟。

Number Web のロゴ Number Web 2018/02/14 10:30 安倍昌彦
甲子園での活躍と、ドラフト6位。佐藤世那が化けることを楽しみにしているファンは数多くいるはずだ。 © photograph by NIKKAN SPORTS 甲子園での活躍と、ドラフト6位。佐藤世那が化けることを楽しみにしているファンは数多くいるはずだ。

 オリックスバファローズ・宮崎キャンプのブルペンは、横に10人の投手が並んで同時にピッチング練習ができる壮大なスケールを誇る。

 プロ116勝のエース・金子千尋と、3年目未勝利の吉田凌(東海大相模高)が同じ時間と空間を共有する。そんな刺激的情景が現実のものとなる。

 そのブルペンに向かって、歩いてくる3人のユニフォーム姿。

 頭1つ半抜けた長身を真ん中に、右に中肉中背、左の1人は見るからにスリムな幼い体の線が残る。

 ひと際長身が目をひくのが、5年目吉田一将(JR東日本)。右が3年目の佐藤世那(仙台育英高)、まだ首も細く顔も小さいのがドラフト4位のルーキー・本田仁海(星槎国際高湘南)だ。

「なんだよ、3人ともボール受けたことあるよ!」

 思わず叫んでしまったから、“4人”で大笑いになった。

佐藤世那と本田仁海で貸切のブルペン。

「受けてる率、高いですよね、ウチ!」

 兄貴分格の吉田一将が返してきたから、そうかな……と数えていって、山崎福也(明治大)、東明(大貴・富士重工)、去年で引退したけど坂寄晴一(JR東日本)に、おお、そういえば守護神・平野佳寿(京都産業大)には去年のキャンプで、「その節はお世話に……」とご挨拶に行ったら、すっかり忘れられていて笑ってしまった。

 ピッチング練習の時間帯のいちばん最後。

 ブルペンは、佐藤世那と本田仁海、2人の貸し切りになっていた。

 佐藤世那がマウンドに上がる。

 彼とは、仙台育英でエースを張っていた頃から何度も会う機会があった。全力投球も受けていたし、プロ1年目に地元・仙台のテレビ局の取材でも長い時間、話をしていた。

 サイドハンドに転向の報道を知っていたから、だいじょうぶかな……と思っていた。

 プロ3年目の“Bチーム”なら、まだまだ駆け出しだ。自信よりもはるかに大きな不安を胸に、このキャンプにも臨んでいるはずだ。そこにピッチングスタイルという根本のところが変更になる。揺れないわけがない。

キャッチャーがミットの芯を外すボール。

 立ち投げから3球、4球。

 悪くない。

 投げにくそうにしていない。教わったことをなぞって投げているような“こわごわ感”がない。もともとそうして投げていたような、自然な腕の振りに見える。むしろ、今のサイドのほうが、彼の腕の長さを生かせている。

 あの腕の長さでサイドから来られては、打者はそれだけで嫌なものだ。右打者はボールが体のほうに来そうで踏み込めないし、左打者なら、左腕の“クロスファイアー”のような角度で食い込まれるし、逆に外はすごく遠くに見える。

 さっきまで投げていた増井浩俊や佐藤達也のように、スピードがすごいわけじゃない。

 しかし、10年、20年プロの剛球を受け続けてきたブルペンキャッチャーが、ミットの芯を外している。高めの速球をネットに引っかけて捕っているのだから、間違いなく“難しいボール”のはずだ。

「そうなんですよ。自分としても、割りといい感じなんで、このスタイルでやれるかなって」

甲子園準優勝の肩書きは、意味を持たなかった。

 悪くないよね、ピッチング終わりにそう振ったら、やっぱり明るく返ってきた。

 今のほうが世那くんの腕の長さも生かせてる気がすると、そんな率直な感想も伝えたら、

「それ言ってもらえるとうれしいですね。上から横にしたっていう感覚はなくて、むしろ、元に戻したっていう感じなんで、僕としては。高校の時も、上っていうよりスリークォーターでしたからね」

 夏の甲子園の準優勝投手という“肩書き”は、プロではほとんど意味を持たなかった。

 ドラフト6位でプロ入りして2年間、スピードを求めていったんはオーバーハンドに腕の角度を変えてみたものの、期待したほどの効果は得られなかったという。

「プロって、速いピッチャーならいくらでもいるんですよ。その中で特徴を出さなきゃいけないってなったら、僕の場合は今のほうが合ってるように思うんです」

友人からは「大丈夫なの?」と心配され。

 たしかに上から投げていた投手が横とか下に転向って聞くと、どこか「落ち武者」のような否定的印象があることは事実だ。

「なんか友だちとかも、サイドにしたって聞いて、大丈夫なの? とか、ずいぶん心配してくれて」

 そうじゃないんだよ、みたいな顔で笑っている。

「確かに、フォームの“入り”はちょっと前傾してるんでサイドっぽいんですけど、テークバックからは上体起こして投げてるんで、自分としてはスリークォーターに戻ったってだけなんですけどね」

 両サイドに構える捕手のミットに、ほぼきっちり投げ分けられていたのも、今のスタイルに違和感を覚えていない証拠だろう。

「右バッターの内角高目と外角低目。その対角線を突けるのが自分の持ち味なんで、今はそこに“ライン”が引けてますし、今日はスライダーにもいいラインが出てました」

「15日までいてくれたら……」

 高校時代から、雄弁な球児だった。

 問わず語りで、いつもありのままに、こちらが訊きたいことを察しながら語ってくれる。それが「佐藤世那」だから、今日の語りはそのままその通りに受け取っておけばよい。

 そう思った。

「こっちには、いつまでいるんですか?」

 次の練習グラウンドまで一緒に歩いてきて別れ際、彼が急に訊いてきた。

 その夜の便で帰京することを伝えると「ああ、そうなんですか……」と、今日初めて、言葉の調子が弱くなった。

 どうした?

「いえ、15日までいてくれたら……」

 なによ……?

「15日、確か15日だと思ったんですけど、紅白戦で投げるんで、そこでまた見てもらえればうれしいんですけど……」

 語尾がモヤモヤっとなって、2月の冷気に消えていった。

たった1人で勝負するプロ野球の世界で。

 人は味方がほしいものだ。

 熾烈な闘いの中で生きている者ほどその渇望は激しいはずだが、それをオモテに出さないのも、彼らの常であろう。

 チームに、同郷がいない。東北もいない。高校の先輩も、縁のある人もいない。

 と……ここまで考えて、いや仮に縁のある人がいたところで、それがどれほどの味方になろう。

 彼はプロ野球という、ひたすら“ピン”で勝負の世界に身を投じたのだ。

「フォームをもとに戻したと思えば」

 佐藤世那は笑って話してくれたが、彼の中には「ならばこの2年間はなんだったのか」……そんな反問も必ずあるはずだ。

 去年までの2年間を捨てる覚悟、そして今年を「プロ元年」と心得る開き直り。味方につけるとしたら、そこのところなのかもしれない。

 敵は我にあり。味方もまた我の中にあり。

 15日の紅白戦、彼らしく投げられることを遠くから願っていようと思う。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon