古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

個人勝負の攻撃なら武藤嘉紀だ!マインツでの孤軍奮闘を代表でも。

Number Web のロゴ Number Web 2017/11/23 西川結城
今季ブンデスではすでに3得点。現時点での武藤のゴール数は大迫、浅野ら他のブンデス日本人勢よりも多い。 © photograph by Getty Images 今季ブンデスではすでに3得点。現時点での武藤のゴール数は大迫、浅野ら他のブンデス日本人勢よりも多い。

 日本がベルギーに敗れた翌日。朝7時過ぎにブルージュを出発する列車に飛び乗り、昼頃にドイツ・マインツに下り立った。

 まだまだ、頭の中には前夜の試合がこびりついている。その熱が冷めない内に、ある選手に会いに来た。

 午前中の練習を終えると、武藤嘉紀が街中にやってきた。笑顔だった。今回、日本代表から選外になったことについて、本音はどう思っているのか。この時はまだ、何か装っている態度なのかもしれないと感じた。

 ドイツ移籍後、武藤は3度の大ケガを経験した。それによって武藤は常連だった日本代表からも長らく外れた。そして復帰を果たして以降もベンチ外を経験し、今回の欧州遠征で再び招集外となった。

 かつてほど攻撃陣において序列の高い存在ではない。それが、世間での武藤評だろう。

 以前よりも日陰の道を歩く日々。ただ、地道に自分と向き合っている。

専属トレーナーを呼び寄せ、徹底的に肉体を管理。

 今年2月から専属トレーナーを日本から呼び寄せた。もちろん度重なるケガを克服するための自己投資。練習前後、さらには夕飯後から就寝前にかけても、毎日時間をかけて体をケアしている。訪れた日も、少し脇腹に痛みがあると武藤が相談すると、すぐにトレーナーが改善に向けたアドバイスと施術を行なっていた。

 身体が資本の仕事。その基盤の安定はもちろん大切だが、一時期の武藤は負傷の連続に心も疲れ切っていた。ただ今は、的確な助言をしてくれる存在が隣にいることが、メンタル面の平静につながっていることは間違いない。

 そんな現状を踏まえて、代表から外れたことをどう受け止めているか。

 デリケートな話だが、単刀直入に聞いた。今回の遠征では本田圭佑、香川真司、岡崎慎司が外れた報道が目立ったが、武藤が外れたことも驚きを持って受け止められていた。特にドイツからやってきた記者たちは、日本代表の取材中「日本人のドイツ組の中で、武藤が一番好調の選手と言っていい。だからこそ(選外の理由が)わからない」と首を傾げていたほどだ。

「全然苦しくないんだよね。悔しさはあるけど」

 武藤は、この日あった時と変わらぬ笑顔を浮かべて答えた。

「全然苦しくないんだよね。もちろん代表でプレーしたいし、悔しさはあるんだけど。でもケガでプレーできないことの方が、比べ物にならないほど苦しかった。今はサッカーができていることに本当に感謝している。いい状態で戦えているし、チームのサッカーは決して良くはないけど、自分は今、試合が楽しい」

 ベルギー戦を終えてすぐだからこそ、武藤に話が聞きたくなった理由があった。

 日本はハリルホジッチ監督の生命線とも言える、速攻がほとんど決まらずにいた。ボールを奪う位置も低く、そこから単発のカウンターを繰り広げることが多かった。また選手の距離感も広く、素早い連係で攻めきる場面も少なく、個々が相手DFの圧力を感じてか自滅するようなミスを連発していた。

 ハリルジャパンの攻撃は個人頼みのカウンターと表してもおかしくはない。しかしアタッカー陣は、守備でこそ良さを見せながら、攻撃ではクオリティを発揮しきれなかった。また途中から投入された選手は攻撃への意識を強める一方、守備面の強度が弱く映った。

 要するに、攻守の能力バランスが悪かったのである。極論すれば、ハリルスタイルで輝ける選手とは守備でハードワークできて、攻撃では個人能力で力強く打開できる存在。攻守ともに高いレベルの才能が備わっている者が、理想なのだ。

「ゴール前で慌てることがある。もっと落ち着け」

 そんなことを考えながら取材する中で、自ずと武藤のことが頭に浮かんだ。ハリルホジッチ監督が求める理想を、彼はかなりのレベルで満たしているからだ。だからこそ、選外の理由がわからなかった。

 再び、少々意地悪な質問を武藤に投げかけてみた。「正直、ハリルホジッチに何か嫌われるようなことでもした? または嫌われていると感じることはある?」と。

 笑いながら、本人はこう返してきた。

「あるよ、というのは嘘(笑)。そんなことは全然ない。ハリルホジッチ監督は誰に対しても厳しく指導することに変わりはない。その中で、俺は何度も『ゴール前で慌てることがある。もっともっと落ち着け』と言われてきた。要は、力が入っているって。でもそれも最近は少なくなってきた。それは、俺自身も直すべきところだと感じてきたから」

日本と同じ悩みを抱えるマインツでの、武藤の意地。

 実は所属するマインツも、ハリルジャパンと同じような悩みを抱えている。攻撃時に冷静なプレーができていないのだ。

 日本の場合、最前線の大迫勇也が数少ないポストプレーで才能の片鱗を覗かせたが、ブラジル戦とベルギー戦ともに孤立することが多かった。マインツも同様に速攻主体の中で、選手たちが的確なプレー判断をできず、慌ててミスが増えることで、効果的に相手ゴール前まで迫ることができていない。つまり武藤がマインツで直面する光景は、大迫のそれと酷似している。

 それでも限りある攻め手しかない中、武藤の意地を見た瞬間があった。

 代表期間明けの11月18日に行われた、マインツvs.ケルン。武藤はFWとして先発し、大迫との日本人対決に臨んだ。

鋭いターンと強い当たりが、決勝点を呼んだ。

 前半終了間際のプレーだった。

 中盤から前方にアバウトなロングパスが蹴られる。右サイド奥に流れていったバウンドボールに向けて、相手DFソーレンセンと武藤が走った。190cm級の大型DFに対して、後方からスピードを生かし武藤が迫る。ソーレンセンがマイボールにしようと先にボールに触れたが、武藤は速さと対人プレーの強さで魅せた。

 すかさず鋭い腰の回転と強い当たりでボールを奪い返し、さらにキレのあるターンで相手を置き去りにする。そこからドリブルでゴール中央に入っていこうとした瞬間、サポートに入った味方がボールをさらう。この流れからペナルティエリア内で倒されPKを獲得。結局、これが決勝点になった。

 決して派手で華麗な攻撃ではない。言ってしまえば、泥臭いプレーだ。ただ、屈強なDFを相手にしても速さと強さ、キレ味、まさに個で太刀打ちする武藤を目の当たりにした。

 繰り返しになるが、現状のハリルジャパンの攻撃には、組織だったカウンターやコンビプレーはあまりない。だからこそ武藤の強引な打開力は、打ってつけなのではないか。そんな見立てを、武藤自身がケルン戦で証明したのだ。

「最後のパスで慌てるけど、出してくれれば……」

「ああいう(アバウトな)ボールでも自分で行くしかないから。今季の3得点も全部強引な感じのもの。攻撃の時に1人で孤立する場面も多いし、ボールを受けても一度仲間を使う、ぐらいまでの連係しか続かない。我慢しかない。とにかく最後のパスでみんな慌てるけど、そこを出してくれればどんどん得点が増えていく。その自信は今はあるから」

 この日対戦した大迫とは、ハーフタイムと試合後に会話を交わしたという。10月に行われたニュージーランド戦では、大迫が3トップの中央、武藤が左のFWでともにプレーした。ドイツではストライカーで起用される武藤にとって、久しぶりの左サイド。どんな動きをするかに注目していたが、常に大迫との関係を意識し、時には武藤がポスト役に入るなど互換性のあるプレーを披露していたことが印象的だった。

「代表でも個の対決で臆することはない」

 あらためて、武藤は代表でのプレーをイメージする。

「サコ(大迫)くんはポストプレーがうまいし味方を生かせる。確実にチームに必要な選手。でももう1人、点を取れる選手がいないといけない。ニュージーランド戦はサコくんの近くでプレーすることを意識したし、俺はサイドだったけど、うまくセカンドストライカーのようにゴール前に絡んでいけた。サコくんのポストプレーは相手DFも潰しに来るから、俺はそこで裏を狙って、逆にその裏で受けてから落としてサコくんが前を向く場面もあった。

 やっぱりドイツでやって、DFの当たりの強度は強い。でもそこでしっかり戦っていることで、代表でも個の対決で臆することはない。ベルギー戦も観ていて相手は強そうだったけど、ブンデスリーガのDFの強度も世界トップレベル。そんな相手にどう打開できるか。自分はもっともっと、そこを証明していかないといけない」

 何を語るにしても、ポジティブだった。ここまで明るくサッカーに打ち込めている武藤を、久々に見ることができた。

「代表、まだまだチャンスはあると思っている」

 もうすぐ2歳になる娘、そして妻と楽しく生活もしている。ケガというつらい経験を幾度も乗り越え、人としての耐久性も増しているということなのだろうか。

「サッカー選手として代表にいることは幸せなこと。でも、一度でも外れた選手はみんな思うことかもしれないけど、代表だけが全てではない。チームでプレーし結果を出すことも、自分のステップアップになるし、それが仕事人としての1人の男の役割。そこを評価されて、代表という舞台があるのだと思う。

 サコくんも代表に呼ばれていないこともあったけど、こう言っていた。『呼ばれない時はリラックスして、リフレッシュもして。いい状態を保っていれば大丈夫』と。俺はここマインツで、いい状態でいること。どんな状況に置かれても、そういうことが大事。

 やることはやっているし、ケガが連続した時は本当に苦しかったけど、身体も心も良い状態に戻っている。戻っているというか、さらにいい状態になっていると実感がある。

 今は自分が輝くところがある。それは幸せなこと。ただ、代表、まだまだチャンスはあると思っている」

 正直に言えば、早朝出発で寝ぼけ眼をこすりながらベルギーから列車に乗り、武藤に会いに来た。そんなぼんやりとした筆者の空気を、武藤の燦々とした光がかき消してくれた。

 溜め込むエネルギー。それを前向きに貯蓄しているところに、彼の明るい先を見ずにはいられなかった。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon