古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

原大智「金メダルを取れたのに……」男子モーグル初の銅もただの通過点。

Number Web のロゴ Number Web 2018/02/14 12:30 矢内由美子
東京・渋谷出身の原。東京都からの冬季五輪メダリストは初となる快挙でもあった。 © photograph by JMPA 東京・渋谷出身の原。東京都からの冬季五輪メダリストは初となる快挙でもあった。

「この五輪は僕のモーグル人生の分かれ道になる」

 日本男子モーグル界に初の五輪メダルとなる銅メダルをもたらしたのは、五輪3週間前にあった代表決定会見で、背筋を伸ばしてそう言った20歳の青年だった。

 長野五輪のフリースタイルスキー女子モーグルで北海道東海大3年(当時)の里谷多英が金メダルを獲得し、日本中に「モーグル」を知らしめた1998年2月11日から丸20年がたった2018年2月12日。

 幼少時からスキーにいそしんでいた原大智(日大1年)が、歴史に新たな1ページを記した。

「実感がない。本当に自分が銅メダル取ったのかなと、すごく今、そう思っています」

 快挙から一夜明けた13日朝、メダリストは静かな口調でそう言った。

 それでも周囲の反応のすさまじさには驚いたようで、「普段しゃべったことのないような人からもSNSでお祝いメッセージをもらった。ゆっくり、ゆっくり返していこうと思います」

 モーグル人生の分岐点を超えたばかりの若者は、笑顔を浮かべていた。

五輪に向けて用意していたオリジナル技。

「僕のオリジナルである『コークセブンのグラブ』を平昌五輪で見せつけたい」

 原は、昨年12月のW杯中国大会で初めて使った技を五輪の武器として挙げていた。

 W杯で一度も表彰台に上がったことのなかった彼にとって、第1エアで使うこの技が、銅メダル獲得のカギとなった。

「使い始めたときはランディング(着地)が甘かったが、そこを意識し始めたら点が上がった。安定させたらもっと点が出ると思っていた」

「グラブつきコーク720」を成功させた!

 2月12日、キリッと冷え込んだ夜のフェニックスパークスキー場。

 決勝3回目で最終滑走となる6番目に登場した原は、第1エアでオリジナル技の「グラブつきコーク720」を成功させると、多くの選手が悩まされた硬いコブをハイスピードのまま果敢に攻め、第2エアでは「バックフリップ」を成功。82.19点をたたき出した。

 先に滑っていたミカエル・キングズベリー(カナダ)の86.63点、マット・グレアム(オーストラリア)の82.57点には及ばなかったが、モーグル史上日本人男子初となる銅メダルを獲得した。

1番スタートの緊張で「吐きそうな思い」。

 大会中にはメンタル面の成長も見せていた。9日の予選は1番スタート。

「(予選の前日に)スタートリストで1番と聞いたときから『まじか~!』と、緊張で吐きそうな思いでした。

 10時半にベッドに入ったのですが、その後しばらくモゾモゾして……。でも、モーグルの全男子選手の中で先陣を切っていけると開き直ったら、これは凄いことだと、うれしい気持ちになりました」

 予選を全体の6位で通過すると、12日は決勝の2回目をトップで通過し、3回目は6人中、最後の滑走となった。

 結果はほぼノーミス。

 身長172cm、体重75kgというガッチリとした身体で板にしっかり乗り、硬いコブを攻略した。

なぜ「モーグル」の知名度は上がったか?

 五輪という競技大会の意義を正面から見つめてきた。

「オリンピックは4年に1度で、モーグルを知らない人も知る機会になる舞台。僕は特別な大会だと思っています」

 原が言うように、日本におけるモーグルの知名度は、'92年アルベールビル大会で五輪正式種目になってから6年後の'98年長野五輪で里谷が金メダルを獲得したことで、飛躍的に上がった。

 さらに、多くの人に注目される競技となった理由としては、里谷とともに出場した長野五輪で7位入賞を果たした当時18歳の上村愛子の存在も大きかった。

堀島行真の存在が、原を成長させた。

 長野五輪でのブレーク後、里谷は'02年ソルトレークシティー五輪で銅メダルを獲得し、'06年トリノ五輪、'10年バンクーバー五輪にも出場。

 上村はソルトレークシティー五輪6位、トリノ五輪5位、バンクーバー五輪4位、ソチ五輪4位とつねにメダルに挑み続け、出場した全五輪で入賞した。

 上村の全盛時に出てきた伊藤みきも、世界選手権でメダルを獲り、日本女子モーグルの歴史をつないだ。

 長らく女子に水をあけられていた男子がのろしを上げたのは、原の1学年下である堀島行真(中京大2年)がきっかけだ。

 昨年の世界選手権で2冠を達成した期待の星は、平昌五輪に向かう男子モーグル界を活性化させ、原も刺激を受けた。

「堀島行真のことは、僕が公式戦デビューしたときから知っていた。向こうはすごくうまくて、僕は予選を通過すらできていなかった。負けたくないなという思いが強かった」

 堀島の存在が原の急速な成長にもつながったのだ。

「この先の目標も金メダルと思っている」

 日本の女子モーグル界は、里谷と上村の二枚看板が競技の存在感を高めた。そして今度は、男子モーグル界に五輪メダリストの原と、世界選手権2冠の堀島がそろうことになった。

 “人生の分岐点”で銅メダルを獲得した原も、今回は敗れることになった堀島も、まだ20歳。

 メダル獲得から一夜明けての会見では、原の言葉が徐々に力強いものになっていった。

「今回は準決勝(決勝2回目)で1位通過をしてしまって、そこから3位に落ちてしまったので、金メダルを取れたのに……という気持ちがすごくあった。

 昔からの夢である金メダルは絶対に取りたい。この先の目標も金メダルだと思っています」

 もう、会見の冒頭でメダリストの実感が湧かないと言っていた原の顔ではなくなっていた。

 平昌の地で新たに刻まれた歴史は、今後の男子モーグル界の隆盛を確信させるものだった。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon