古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

大阪桐蔭が競り勝つ秘密は「選手の声」にある センバツ王者が国体で準優勝できたワケ

東洋経済オンライン のロゴ 東洋経済オンライン 2017/10/13 元永 知宏
えひめ国体・高校野球硬式2回戦。花咲徳栄に勝利し喜ぶ大阪桐蔭ナイン=松山中央公園野球場(通称、坊っちゃんスタジアム)(写真:共同通信社) © 東洋経済オンライン えひめ国体・高校野球硬式2回戦。花咲徳栄に勝利し喜ぶ大阪桐蔭ナイン=松山中央公園野球場(通称、坊っちゃんスタジアム)(写真:共同通信社)

 えひめ国体の高校野球(硬式)は10月7日(土)から9日(月・祝)まで坊っちゃんスタジアムで、大勢の観客が見守るなかで行われた。強肩で知られる広陵高校(広島)中村奨成のセカンド送球にざわめきが起こり、ファインプレーに拍手が送られた。甲子園大会のようにブラスバンド部の応援があるわけではないので、選手の声がスタンドまで聞こえてきたことは新鮮だった。

 夏の甲子園のベスト8に4校を加えた12校で優勝が争われたが、いちばん声が大きかったのは大阪桐蔭(大阪)だった。試合前のシートノックが始まるとき、整列するとき、チャンスやピンチ場面で相手を威圧するほどの大声が出ていた。

大阪桐蔭の誰もが認める実力、それを支えるのは声

 野球の試合中の声にはいろいろな種類がある。キャプテンの号令に合わせた返事(シートノック開始や試合前後のあいさつ)のほか、ピッチャーに対する激励、ピンチのときの注意喚起、相手にプレッシャーをかける声などだ。昭和の高校野球では相手チームをなじり挑発するためのやじもあったが、フェアプレーが定着した今ではほとんど消滅している。

 2017年センバツ王者の大阪桐蔭は夏の甲子園で3回戦負けを喫したが、選手の能力の高さとチームの実力は誰もが認めている。国体の初戦は開催県代表の済美(愛媛)にサヨナラ勝ち、2回戦で夏の王者・花咲徳栄(埼玉)を押し切り、準決勝では津田学園(三重)に5回コールド勝ちをおさめた。決勝で広陵に4-7で敗れたものの、投手も野手も別格の動きを見せ、目の肥えた愛媛の野球ファンをうならせた。

 中学時代に野球の才能を認められた優秀な選手が多く集まり切磋琢磨することで強さを磨いているが、彼らの声をよく聞くと、技術やセンスだけで勝ち上がっているわけではないことがわかる。

 たとえば、ワンアウト3塁のピンチの場面。

 「ローボール、ローボール」(低めに投げろ)。

 「ゴロゴー、ゴロゴー」(ゴロを打ったら三塁ランナーがホームに突っ込むぞ)。

 「ボールいらん、ボールいらん」(バッターのタイミングが合ってないから勝負しろ)。

 サインを出すキャッチャー、守備位置にいる内野手だけでなく、ベンチにいる控え選手からもそんな声が飛んでくる。その合間に「ナイスボール」「勝負、勝負!」という激励も飛び交う。

 チャンスでバッテリーのミス(ワイルドピッチやパスボール)が出たら、「また(ミスが)あるよ」「次も(ワンバウンドが)くるぞ」と選手は口々に言う。そうすることによって、ランナーは次にミスが起こったときにすぐ反応ができるし、相手は「またミスをしたらどうしよう」と考えてしまう。

選手の自主性に任せた、監督が何人もいる集団

 選手たちがてんでばらばらに勝手なことを言えば当事者(守備のときは守っている選手、攻撃時ならバッターとランナー)は混乱するおそれがあるが、その指示は見事なまでに統一されていて、ブレがない。彼らの声を聞けば、状況判断に優れた野球頭のいい集団だということがよくわかる。大げさに言えば、監督が何人もいるような状態だ。

 大阪桐蔭の西谷浩一監督は言う。「別に私は指示していません。選手が自主的にその場その場で判断して、声出ししています。元気のいいチームでした」。

 もちろん、フェアグラウンドにいる選手だけでなく、ベンチにいる者全員が1球ごとに集中していなければならない。この場面で相手がどんな仕掛けをするのか、注意すべきことは何なのかを考えなければならない。そのうえで、相手が嫌がる(プレッシャーを感じる)言葉を選ぶ。そんなチームは一朝一夕には出来上がらない。

 3年生が引退したあとの新チームでキャプテンを任されているのが、夏の甲子園で3番ファーストだった中川卓也だ。3回戦の仙台育英戦、最後の最後で一塁ベースを踏み忘れた選手といえばすぐに思い出すだろう。あの一戦でのミスが教訓になっていると中川は言う。

 「夏の甲子園は最後に自分のミスが出て負けてしまいました。それから100パーセントの確認をすることを心掛けています。99.9パーセントでも十分ではありません。夏の甲子園でそのことを学びました。大事なのは、その場面で重要なことの確認の声、相手にプレッシャーをかける声です。自分は声を出せるほうなので、その長所を生かしたい」(中川)

 春のセンバツ連覇を目指す大阪桐蔭は、国体の直後に行われた秋季大阪大会準決勝で近大付を8対1(7回コールド)で下し、近畿大会への出場権を得た。明日、10月14日(土)に履正社との決勝戦に臨む。

目まぐるしく変わる局面で重要なのはやはり「声」

 「自分たちの目標は、春のセンバツに出て41人の部員全員で優勝旗を返すこと。それをまた持って帰ることです。絶対に春夏連覇をしたいと考えています。まだ技術が不足していますし、メンバーとメンバー以外、レギュラーとレギュラー以外、1年生と2年生に温度差があるように感じています。チーム全員が同じ方向を向くこと、本気の本気で取り組むことが大切だと思います」(中川)

 どれだけ優秀な選手を集めても、野球にはミスがつきもの。1球ごとに局面が変わるだけに、しつこいくらいの確認が必要になる。そのために重要なのが声なのだ。才能豊かな選手の派手なプレーばかりに目が行きがちだが、彼らの声に耳をすませば、大阪桐蔭の強さの秘密がわかるだろう。

(文中敬称略)

東洋経済オンラインの関連記事

東洋経済オンライン
東洋経済オンライン
image beaconimage beaconimage beacon