古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

女王戴冠決定が濃厚 可能性を残された2人の条件は?

ALBA のロゴ ALBA 2018/11/14 12:04
今年はアン・ソンジュが賞金女王か…!?(撮影:佐々木啓) © ALBA 提供 今年はアン・ソンジュが賞金女王か…!?(撮影:佐々木啓) <大王製紙エリエールレディスオープン 事前情報◇14日◇エリエールゴルフクラブ松山(6525ヤード・パー72)>

今季の国内女子ツアーも、残りあと2試合。今週の「大王製紙エリエールレディスオープン」では、賞金女王が決まる可能性が濃厚だ。

先週の「伊藤園レディス」で賞金ランキングトップのアン・ソンジュ(韓国)が2位タイに入ったため、賞金ランク2位の申ジエ(韓国)との差は約3905万円に。本大会と最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の優勝賞金はそれぞれ1800万円と2500万円のため、ジエが2連勝しない限り、ソンジュの4季ぶり4度目の女王の座が決定する。

また、たとえ今週ジエが優勝したとしてもソンジュが単独6位以上に入ることができれば2500万円以上の差をつけることができるためその時点で決定。逆に言えばジエは相当苦しい状況となっている。

昨年の女王・鈴木愛は伊藤園で6位タイに入ったものの、ソンジュとの差が残り2試合の優勝賞金合計4300万円を上回る約4348万円となったため、女王レースから脱落。

ソンジュは前回女王となった2014年も本大会で決めた。そんな思い出の大会で今年もマネークイーンの座を射止めるのか。

■今週、賞金女王が決まる条件
(1)アン・ソンジュが単独6位以上
(2)申ジエが2位以下
■ジエの逆転女王への最低条件
残り2試合とも優勝

ALBAの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon