古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

宇野昌磨、不調でもファイナル決める。自身最後のGPでフェルナンデス優勝!

Number Web のロゴ Number Web 2017/11/21 10:30 田村明子
フェルナンデス自身最後のGPとなるフランス杯での表彰台。左から、宇野、フェルナンデス、ジー。 © photograph by ISU/ISU via Getty Images フェルナンデス自身最後のGPとなるフランス杯での表彰台。左から、宇野、フェルナンデス、ジー。

 GPシリーズ第5戦目、11月17日からグルノーブルで開催されたフランス杯。ハビエル・フェルナンデスが優勝し、宇野昌磨が2位でGPファイナル進出を確定させた。3位はウズベキスタンのミーシャ・ジーが、初のGPメダルを手にした。

 SP前日の公式練習後、囲み取材に現れた宇野昌磨は、うっすらと目の下にくまを作っていた。

 公式練習はジャンプが不調で、その理由を聞かれると「わかってはいるけれど、口にしたくありません」ときっぱり。だがその後、スケートカナダから帰国した翌日、インフルエンザに感染して4日間寝込んだことを告白した。

 納得のいく練習ができないままに、挑んだフランス杯だった。

転倒あるも質の高い演技で93.92獲得。

 翌日のSP、ビバルディの組曲『四季』より『冬』のバイオリンの音色に合わせて演技を開始したが、冒頭の4フリップで転倒。

 それでも持ち直して後半の4+3トウループ、3アクセルは成功させた。

 演技後、ミックスゾーンに来ると宇野はこうコメントした。

「つらかった。とても苦しかったです。体力面ではなく、何も跳べる気がしないけれど、やらなければならない、という。笑顔が出る余裕がなかったです。練習で失敗しているジャンプがそのまま出た。次のトウループが跳べたことが驚きですけれど」

 このところ安定していた宇野から聞いたことのない弱気な言葉だった。

 よほど調子が悪かったのだろう。氷との相性も、良くなかったようである。だがそれでも失敗を引きずることなく後半をまとめ、コンポーネンツは全て9点台。

 転倒があっても93.92を出したのは、全体の質が高いことをジャッジたちが評価しているからに違いない。

2位に終わるも……GPファイナルを確定させた。

 翌日フリー、『トゥーランドット』では、冒頭の4ループをきれいに降りて、次の3アクセルも難なく成功。だが後半の4フリップが回転不足になり、4トウループで転倒。次の4トウループは成功させて、3アクセル+1ループに続けた3フリップで再び転倒した。

 結局2度の4回転と、2度の3アクセル、3ルッツと3サルコウを降りてフリーは179.40で1位。

 総合273.32で2位という結果になったが、スケートカナダの優勝と合わせてGPファイナル進出を決めた。

 GPファイナル開催地の名古屋は、宇野の出身地で現在もトレーニングをしている地元である。特に今回の日本代表は宇野1人の可能性も高く注目が集まるであろうことを指摘されると、こう答えた。

「声援というのは力にもなりますけれど、自分へのプレッシャーにもなる。でもそれがプレッシャーになるかどうかは、それまでの自分のコンディション、精神面に影響されると思う」と、このフランスでの体験を経て、練習の積み重ねの大切さを改めて再認識したことを強調。3週間後に控えたGPファイナルでは、ベストなコンディションで挑んで欲しい。

世界チャンピオンらしい、圧倒的な演技に!

 優勝したのは、ハビエル・フェルナンデスだった。

 中国杯では腹痛が原因で本来の演技ができずに6位に終わっていたが、フランスの地でのSPでは、世界チャンピオンらしい貫禄を見せつけた。

 冒頭の4+3トウループと、それに続く4サルコウをきれいに着氷し、スピン、ステップすべてレベル4という完璧な演技で107.86を手に。

「前回の大会ではああいう結果になり、ここで良い演技を見せることができて嬉しい」とコメント。

フェルナンデス、最後のGPで見事に優勝だが……。

 翌日のフリー、『ラ・マンチャの男』では冒頭の4トウループと、4サルコウ+2トウループを成功させたものの、後半の4サルコウと3アクセルで転倒。

 だがベテランらしくドン・キホーテのキャラクターを最後まで演じ切り、質の高いスピンとステップなどを見せてフリー175.85で2位。

 総合283.71で7回目となるGPタイトルを手にした。

「今日は自分が見せたい演技ではなかった。GPファイナルには可能なら行きたいと思っていたけれど、(前回6位に終わり)おそらく難しいことは来る前にわかっていた」と演技後に語った。

 今季で競技引退を予定しているというフェルナンデスは、この試合が最後のGP大会になる可能性が高かった。

「とても(最後だという)実感がわきません。ものすごく長い間、戦ってきた気がする」と、少しセンチメンタルに語った。

ウズベキスタン男子として初メダルのミーシャ・ジー。

 3位に入賞したのは、ウズベキスタン代表のミーシャ・ジーだった。

 4回転ジャンパーではないものの、若いころから個性的なプログラムを次々披露して会場を沸かせ、多くのファンから支持される人気選手である。

 ジーはSP、フリーを通してノーミスで滑り、特にフリー、マスネの『タイスの瞑想曲』では8回の3回転ジャンプを成功させて情緒的な素晴らしい演技を見せた。

 4回転ジャンプを持ちながらも、失敗が出るとカバーするだけの質の高さを持ち合わせていない他の選手たちを追い抜き、172.93でフリー3位。総合258.34で3位となり、ウズベキスタン代表の男子として初のGPメダルを手にした。

フィギュアスケートはジャンプだけではないと再認識。

 ジーは昨シーズンで引退も考えていたが、ウズベキスタンにようやくアイスリンクが建設され、自分の存在が若い選手たちが育っていく助けになればと今シーズンも続ける決意をしたのだという。

 振付師としても活躍しており、これまでにアンナ・ポゴリラヤなど多くの選手の振付を手掛けてきた。スケートアメリカには、マキシム・コフトゥンとセルゲイ・ボロノフの振付師として行く予定だという。

 このところ新種の4回転に話題が集まっていたが、フィギュアスケートは総合力であるということを再認識させてくれる、興味深い男子の戦いとなった。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon