古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

村田諒太の“技”と“体”に迫る。ミドル級世界経験者とコーチが語る。

Number Web のロゴ Number Web 2017/05/20 二宮寿朗
こんなににこやかな調印式があるだろうか。世界戦を前に、村田諒太の調整は順調に進んでいるようだ。 © photograph by Hiroaki Yamaguchi こんなににこやかな調印式があるだろうか。世界戦を前に、村田諒太の調整は順調に進んでいるようだ。

 プロに転向して4年。

 村田諒太は「心」を磨くとともに、「技」「体」を向上させてきた。アッサン・エンダムとのWBA世界ミドル級タイトルマッチを直前に控えるなか、レベルアップした「技」と「体」を周囲はどのように見ているのか。

 アマで全日本選手権5連覇など輝かしい実績を引っさげてプロ入りし、東洋太平洋ミドル級王座を獲得した帝拳ジムの先輩にあたる佐藤幸治氏(2012年に引退、現在は日本シークレット・サービス社に勤務)が村田の「技」を、そしてフィジカルトレーニングに先進的かつ科学的なアプローチを試み、帝拳ジムと契約する中村正彦ストレングス&コンディショニングコーチが村田の「体」を語る。

高校時代に対戦した村田の印象は“凄くいい選手”。

 まずは佐藤幸治から見た「技」。

――佐藤さんが自衛隊体育学校時代、村田選手が高校時代に全日本選手権ミドル級決勝で戦っています。結果は佐藤さんの1回RSC勝ち(レフェリーストップ)でしたが、どんな印象がありましたか?

「村田くんが高校のときに、僕がいた日大に泊まりがけで練習に来たことがあって、マスボクシングやったんですよ。印象に残っているのが、ステップインの速さ。日本だとミドル級は重量級になりますけど、軽量級、中量級の選手がやるような速さでしたね。“コイツ、凄くいい選手だな”って思った記憶があります」

――プロでは重なる時期がありませんでした。佐藤さんは'12年6月に引退を表明して、村田選手はその年のロンドン五輪で金メダルを獲得。プロに転向して、'13年8月にプロデビューします。

「デビュー戦の相手がいきなり東洋太平洋王者の柴田(明雄)くんでしたからね。プロの世界で、そのプロのチャンピオンに2回で勝ったわけですから、凄いことだと思います」

アマでのスタイルをプロに持ち込んだ村田。

――技術の面で、何か目を引いたところはありました?

「僕がアマの時代は、パンチを当てることが重視される採点基準でしたけど、それが(ロンドン五輪を前に)積極性や有効打が重視されるようになりました。ガードを固めて前に出ていくアマでのスタイルを、そのままプロに持ち込みましたよね。今もそのスタイルを貫いている感じを受けます。

 パンチとしてはガードを上げて構えるので、ボディー打ちがやりやすい。下が当たれば上も当たります。ボディー打ちがうまいのは彼のひとつの特徴だと言えるかもしれませんね」

――対戦相手のエンダム選手は、非常にスピードがある選手です。アウトボクシングに徹してくる可能性もあると思うのですが。

「村田くんのスタイルからすれば、非常にやりにくい選手です。当てて逃げるを繰り返されて、捕まえ切れずに終わることも十分に考えられますから。ガードを上げているとエンダムはそこを狙ってパンチを当てて、バランスを崩そうと考えると思うんです。バランスが崩れると、村田くんとしては瞬時に攻撃につなげられなくなりますからね。そうなってくると厄介ですね」

ボクシングの技術ではないところで勝負する必要がある。

――村田選手が勝つためには?

「エンダムはアゴが弱いので、狙いはそこだと思うんです。ガードを固めて前に出ていくとしても、いつもとは違う状況をつくり出さなきゃいけない。そうなって初めてチャンスが来る。

 上が当たれば、ボディーも当たる。チャンスになったときにいかに多角的に攻められるかでしょうね。ボクシングの技術で勝負しようとすると相手が上だと思うので、あきらめずにガンガン行くしかない。そこでいつもと違う状況を何とか生み出して、世界チャンピオンの称号をぜひつかみ取ってほしいと思います」

計量から試合までに、1日で8kg増える!?

――佐藤さんは'09年4月にドイツでWBA世界ミドル級王者フェリックス・シュトルムに挑戦して7回TKO負けに終わりました。世界戦ではどんな点が重要になってくると考えますか?

「やっぱりコンディションだと思います。僕の場合、早く体重を落としたこともあって前日計量を終えてから食事や水分を取っても体重が3kgほどしか戻らなかった。普段の試合だと8kgほど戻っていたので、大きな違いでした。ドイツの会場でも立ちっぱなしで待たされたりして、疲れたりもありました。そういう意味でも慣れたホームで戦える利点は、あると思うんです。チャンピオンになってくれる可能性を信じたいですね」

半端ない燃料タンクと、ガッチガチに硬い体。

 続いて、中村正彦トレーナーから見た「体」だ。

――村田選手は走るのが速いと聞きます。身長や体重もあって大きい体なのに、長い距離も速いと?

「スプリントも帝拳ジムのなかでは一番速いと思いますが、ずば抜けるまではいってません。ただ、これが長い距離になるとずば抜けていきます。12、15、20kmと長い距離になると、他の選手との差は歴然。村田選手の普段の体重は80kgほどですが、50kg台の選手を周回遅れにしてしまうほどですから。下半身の筋力をしっかりと動力に変えることができていて、車にたとえると、燃費が良いというよりはガソリンタンクの容量が半端ないという感じですね」

――村田選手は体が硬いと言われていますが。

「ガッチガチに硬いと言ってもいいかもしれませんね。柔軟性に対する取り組みもやっていますが、ただ、ガッチガチなところの良さを発揮して結果を残してきた選手。無理に柔軟性のところは言わないようにしています」

計量でも「今からこんなに落ち着いていいのかな」。

――世界戦の12ラウンドは初めて。スタミナがあってタフで鳴らす村田選手ですが、さらにスタミナ面の強化に力を入れてきました。

「今回、世界戦をやるにあたって村田選手と話したのがピリオダイゼーション(期分け)です。試合までの日数を逆算しながら、トレーニングに強弱をつけていこう、と。そのなかで3月はスタミナをしっかりやらなければならない時期でした。2人で沖縄にいって、走り込みの合宿を1週間、徹底的にやりましたね。戻ってきてからも重量70kgのスレッド(そり)を押すトレーニングなどスタミナをつけるトレーニングを1日置きにやっています。

 疲労が来たら『あれ、おかしいな』となってさらに追い込もうするのがボクサーです。だからそうならないように、この週は無理して強度を上げよう、でも次の週はいくら調子が良くても弱めにしようとか、今回は非常に計画的にやってきたと言えると思います。ピリオダイゼーションを取り入れたのは初めてですが、うまくいっていると思いますよ」

 2人の話からも見えてくる「技」と「体」の充実。

 村田諒太は19日、前日計量を72.3kgで一発パスした。

「落ち着いていますし、いい状態だと思います。僕は結構ビビリで試合直前に、今から仕事だ! って開き直るタイプなので、逆に今からこんなに落ち着いていていいのかなと思います」

 心技体は、そろった。

 舞台は、整った。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon