古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

比嘉大吾の減量失敗はなぜ起きたか。「体重は落として当たり前」の声も。

Number Web のロゴ Number Web 2018/04/17 17:15 渋谷淳
比嘉大吾のキャリアは大きく歪んでしまった。ボクサーにとって階級の選択、そして減量は永遠の課題なのだろう。 © photograph by Hiroaki Yamaguchi 比嘉大吾のキャリアは大きく歪んでしまった。ボクサーにとって階級の選択、そして減量は永遠の課題なのだろう。

 WBC世界フライ級チャンピオンで15連続KO勝利の日本タイ記録を持つ比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が14日、秤の上で王座を失った。

 日本ボクシングコミッションによると、日本人選手が世界タイトルマッチで計量失格になるのは初めてのこと。翌15日、横浜アリーナの試合は行われたものの、比嘉はランキング2位のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)に9回1分14秒TKO負けに終わった。

 こんなに力ない比嘉を見たのは初めてだった。スタートからロサレスの攻撃を受ける場面が多く、パンチを当てても、いつものように相手を下がらせることができない。

 それでも圧倒的に負けていたという内容ではなかった。9回が始まって1分すぎ、離れた両者の間に主審が進み出て、ふいに試合を止めた。何が起きたか一瞬分からず、多くのファンがあっけにとられたのではないだろうか。試合が終わった理由は、比嘉陣営が棄権を申し出たからだった。

やるせなかった横浜の夜。

 比嘉は前日の計量でリミットの50.8キロに900グラム及ばず、王座をはく奪された。汗が一滴も出ない状態で、昼をまたいで数時間の減量に励んだが、体重はまったく落ちずにギブアップとなった。

 こうした事情があり、具志堅会長は最初から「(コンディションが悪ければ)2ラウンド、3ラウンドで止めることも考えていた」という。最終的には8回終了時の公開採点(79-73、77-75、76-76)でリードを許していることを知り、具志堅会長が決断をくだしたという。

 比嘉は試合後、野木丈司トレーナーに抱きかかえられるようにして控え室に引き返した。「本人は話ができる状態ではない」と取材に応じた具志堅会長によると、比嘉は試合後、「ごめんさない」と言葉を絞り出し、泣きじゃくったという。

 本来なら今回の試合は、連続KOの日本記録更新、尊敬する故郷の大先輩、元世界王者の浜田剛史氏を超える快挙を成し遂げるはずの試合だった。それが計量失格により暗転、見ているほうも、やっているほうもやるせない横浜の夜となったのである。

短い試合間隔、規格外の肉体。

 比嘉はなぜ減量に失敗してしまったのだろうか。具志堅会長は「期間が短かった」と前回の試合から2カ月強という短いスパンで試合を組んだことを悔やんだ。

 直近4試合の比嘉の試合間隔を見ると、3カ月半、5カ月、3カ月半。こうしたサイクルができていたために、2カ月強では心身ともに十分な準備を整えられず、それが最後まで尾を引いたとみることはできる。

 確かに言えることは、比嘉は試合のたびに減量に苦しみ、ここ数試合は危ない橋を渡っていたということだ。昨年5月の世界初挑戦前は、減量中にパニック障害を起こした。今年2月のV2戦ではサウナで脚のしびれが発生。このときは水分補給して、2日後の計量を何とかクリアした。

 比嘉のハードトレーニングは有名な話だが、一方で野木トレーナーによれば、もともとジャンクフード好きで、体に余分な脂肪がつきやすい傾向があった。

 では、比嘉が理想的な食生活を送れば、十分にフライ級でやっていけるのだろうか。この質問に野木トレーナーは「いや、あれだけの筋肉量ですから、それでもあと1試合、2試合がいいところだと思います」と試合の2週間前に語っていた。

 確かに比嘉の肉体はフライ級では規格外だ。今回の試合前に計測された比嘉の胸囲は97センチ。これは体重が20キロ重い、10階級上の村田諒太(帝拳)とほとんど変わらない数字である。

 こうした状況で過酷な減量を成功させようと、野木トレーナーは今回初めて朝夕2食の手製弁当を用意するなど、打つべき手は打ったつもりだったが……。

浜田氏は「体重は落として当たり前」。

 山中慎介と対戦したルイス・ネリ(メキシコ)の計量失格からわずか1カ月半ということもあり、今回の計量失格は大きな議論を巻き起こした。比嘉に厳しい指摘もあれば、同情的な見方もあった。

 ここで、計量失格直後、メディアに囲まれた浜田氏の言葉を紹介したい。浜田氏は沖縄の後輩である比嘉に大きな期待をかけていただけに、苦渋の表情を浮かべながらも次のように話した。

「体重は落として当たり前ですからね。たとえばドーピングだったら(それが禁止薬物だと)知らなかったということもひょっとしたらあるかもしれない。それと違って体重は、自分で毎日、3回も4回も測るわけですから」

 体重は落とすのが当然、落とせなかった最終的な責任は本人にある―─。

 浜田氏のシンプルかつストレートな意見を、ここでは支持したい。これまで世界タイトルマッチに出場した選手はことごとく体重を落とした。大いに苦しんだ選手も少なからずいたが、それでも最後には落とした。落とせなかったということは、やはり危機感が足りなかったと言わざるを得ない。

文句なしのスーパースター候補だった。

 本当に残念な話だと思う。比嘉はあすのボクシング界を背負う、文句なしのスーパースター候補だった。

 相手をこれでもかと殴りまくり、KOを量産する議論不要のスタイルは、ボクシングを知らない人でも大いに楽しむことができた。「テレビに出て有名になりたい」と愛嬌たっぷりに話す22歳は、だれからも愛されるキャラクターの持ち主でもあった。ボクシング界随一の知名度を誇る具志堅用高という強力な後ろ盾もあった。

 2月下旬には、アメリカで開催された軽量級の複数世界タイトルマッチを視察。現地でもパーフェクトレコードの持ち主としてその存在は知られており、アメリカ進出という大きな夢も現実味を帯びていた。

 まさにこれから大きく羽ばたこうというときの大失態。人生のはかなさを嘆かずにはいられない。

それなりの処分は避けられない。

 再起への道のりは厳しいものになるだろう。ネリは日本ボクシングコミッションから事実上の永久追放処分を受けた。比嘉にもそれなりに厳しい処分がくだるのは避けられないと予想される。

 失ったものは大きいが、やってしまったものは仕方がないし、これでボクシング人生が終わったわけではない。比嘉はこの1年間、めまぐるしく環境が変化する中を猛スピードで突っ走ってきた。立ち止まればまた、いろいろな景色が見えてくるはずだ。比嘉の新たな出発を見守りたいと思う。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon