古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

石川遼、2万球の練習の末に気づいたこと

ALBA のロゴ ALBA 5日前
石川遼、スイング時の頭の動きをつぶさにチェックした(撮影:米山聡明) © ALBA 提供 石川遼、スイング時の頭の動きをつぶさにチェックした(撮影:米山聡明) <ダンロップフェニックス 事前情報◇14日◇フェニックスカントリークラブ(7,027ヤード・パー71)>

今季の日本ツアー復帰以来、国内では自己ワーストとなる5戦連続での予選落ちを喫している石川遼。この日は2年ぶりにこの大会に出場する同い年の松山英樹、永久シードプロ・中嶋常幸の2人とインコースの9ホールをラウンドした。

先週はティショットが荒れてスコアを崩していた石川。しかし、この日は15番(パー4)で左の林に入れた以外は大きなミスもなく、先週よりも安定感が増していた。

石川には先週の金曜日に“気づき”があった。「どの選手も上下や左右に頭が動きますが、自分は前後にずれていた。自分は他の選手の10倍は(前後に)動いてしまっていました」。ホールアウト後の練習でそれに気づき、この日のラウンドではスタッフが後ろから頭の動きを細かくチェックしていた。

この日、前出の2人と回った理由として「緊張した状態でやりたかった」と話した石川。多くの注目が集まる松山、そして日本ゴルフ界のレジェンド・中嶋とラウンドすることで、通常の練習ラウンドよりも多くの視線にさらされる。その中で自分がやりたいことがどこまでできるか、という試みだった。

「収穫がありました。木曜日の試合でどうなるか楽しみです。初日のスタートホールのティショットで大体わかると思います。それまでに準備したいですね」。頭のズレを直すよう意識したところ、アイアンショットも安定。「体も開きにくく、手の位置も低く抑えられるようになった」と課題としていた点のいくつかも、改善がみられたという。

あとは試合でこの日のように回れるか、だ。「ここまで行き着くのに2万球はかかったかもしれない」。絶え間ない努力でつかんだこの“気づき”。「一番良かった時よりさらに上を目指していかないと、自分が目指しているところにはいけないので」。上だけを見て走り続ける石川。今週こそ手ごたえを結果につなげ、新スイングの完成に近づくことができるか。

ALBAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon