古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

福西崇史のロシアW杯ベスト11。「クルトワは存在が反則(笑)」

Number Web のロゴ Number Web 2018/07/18 17:30 福西崇史
アザール、カンテ&ポグバ……福西氏が強く推した面々は納得のメンバーだ。 © photograph by Getty Images アザール、カンテ&ポグバ……福西氏が強く推した面々は納得のメンバーだ。

「ロシアW杯のベストイレブンを選んでください」とリクエストされて、ここ数日間じっくりと考えましたが……めちゃくちゃ難しい!

 いろいろ違う国から選びたいし、最後まで勝ち残ったチームを重視したい気持ちもある。何より日本の選手たちも本当に頑張っていたので入れたいし……。「11人に絞るのは無理だろ~」と、楽しみながら悩みました(笑)。ということで、各ポジションで印象に残った選手に触れつつ、ベストイレブンを選んでいきますね。

 まずはGKですが、ここはベルギーのクルトワでしょう。今大会通じて最も安定したプレーぶりだったし、ここぞの場面でスーパーセーブも連発した。彼があれだけのプレーを見せてくれたからこそ、ベルギーも安心して攻められたんだと思います。最終ラインは裏を取られる場面がたびたびありましたが、そのピンチも全く慌てず処理する。そこにメンタルの強さを感じました。

あの手足の長さと跳躍力は……。

 そして「このコースは決まる!」というシュートを防ぐ身体能力です。準々決勝ブラジル戦の終盤、ネイマールが放ったシュートを弾いた場面が象徴的ですよね。199cmの長身であの手足の長さと跳躍力……クルトワの存在自体が反則だろ、と言いたくなります(笑)。

 また日本戦での最後の場面、CKをキャッチしてカウンターの起点になったように、守備から攻撃に移った瞬間の判断やプレーの正確性も群を抜いている。攻撃的なチームにあってその存在感は本当に大きかった。

 最終ラインは4バックです。今大会ではサイドバック、ウイングバックにすごくいい選手が多かったので……ここが一番の迷いどころです。

 マルセロ、ルーカス・ヘルナンデスにパバール、ムニエとシャドリ、ラクサール、ブルサリコ、トリッピアー、キミッヒ。それぞれの良さを目の当たりにしただけに、うーん……全員選びたい(笑)。でも、ここは左マルセロ、右ムニエにします!

マルセロ、ムニエが見せた中に入る動き。

 まずマルセロです。ディフェンスでの1対1の強さ、カバーリングなどの運動量はもちろん、攻撃力が圧倒的でした。様々なバリエーションをつけて相手の脅威になれる。

 何よりサイドを駆け上がってクロスを上げるだけでなく、「中に入り込んで」パスやシュートなど決定的な仕事ができるところに凄みを感じるし、その精度の高さが他のサイドバックとの違い。No.1の総合力だと思います。

 ムニエもマルセロと同じく「中に入ってこれる」タイプ。サイドでの上下動とともに素晴らしいクオリティで、周囲と息を合わせるタイミングの良さが目を引きましたね。3位決定戦の先制ゴールは左サイドのシャドリのクロスに対して、逆サイドから思い切りよくゴール前に飛び込んで奪ったもの。彼らのダイナミックな動きがあったからこそ、ベルギーの攻撃に迫力が出ました。

CB、センターハーフはフランス勢が盤石。

 センターバックは、バランとウムティティです。ロングボールやクロスを跳ね返す高さ、裏に抜け出る相手に対してのライン統率とスピード、息を合わせたチャレンジ&カバーのコンビネーション。どの部分から見ても穴がなかった。

 クロアチアのビダも奮闘したし、イングランドのマグワイア、ストーンズはセットプレーならぜひ使いたいですが(笑)、個人能力と連係面をトータルして、フランスのセットが盤石でしょう。

 中盤はアンカーにカンテ、インサイドハーフは右にポグバ、左にモドリッチという形です。カンテの運動量とボール回収能力は説明するまでもないでしょうが、個人的に驚いたのはポグバのバランス感覚です。

 所属するマンチェスター・ユナイテッドではもっと攻撃的な印象ですが、今回のチームではかなり我慢してバランスを取っていました。バランとウムティティの1列前にカンテとポグバのダブルボランチが構えることで、センターラインの強固さがさらに増した。これがフランス優勝の大きな要因でした。

 それに加えて決勝のクロアチア戦で見せたゴールは、ポグバがここまで抑えていた潜在能力をついに出したな、と。

モドリッチの冷静な戦術眼はさすが。

 フランスに負けたクロアチアですが、MVPに輝いたモドリッチは皆さんも心を打たれたんじゃないでしょうか。運動量、そして技術と戦術眼。中盤に必要な能力すべてをとても高い次元で発揮しました。

 特に冷静な戦術眼はさすがでした。クロアチアの攻撃はサイドアタックに迫力がありましたが、モドリッチは中央で相手を揺さぶってから展開していた。そういったモドリッチの細かな工夫があったからこそ、クロアチアは常に良いリズムを保てていたし、延長戦続きでも戦えたんでしょう。

アザール、ルカク、そしてムバッペ。

 そして3トップ。左にアザール、右にはムバッペ、中央はルカクという並びです。

 アザールは局面を変えるドリブルを成功させ続け、ルカクはフィジカルを生かしたパワーとスピードでそれぞれ攻撃の起点となりました。

 なおかつ彼らが凄いのは、それだけの能力がありながら独りよがりなプレーに陥らないこと。例えば自分より体勢、ポジショニングがいい味方がいればシンプルにパスを選択するなど、チームプレーに徹する。ベルギーが高速カウンターを何度も繰り出せたのは、その共通意識があってこそです。

 ムバッペはアルゼンチン戦を現地で見たので、選ばないわけにはいかない(笑)。圧倒的なスピードにも驚かされましたが、ムバッペに才能を感じたのは「マーカーの重心の逆をつく」センスです。

 メッシやロナウド、ネイマールにも共通する能力ですが、このセンスがあるからこそ、ドリブルでいとも簡単にマーカーを置き去りにしてしまう。“ただの速い選手”ではない、次世代のスーパースターの可能性を感じます。

泣く泣く外した名手たちにも拍手を。

 ちなみにベストイレブンから泣く泣く外したんですけど、触れておきたいのはラキティッチ、デブライネ、グリーズマンの3人。それぞれモドリッチ、アザールとルカク、ムバッペらの相棒の良さを十分に生かす動きを見せていた。チームプレーの大切さを感じさせる選手たちです。

 あと大会を通じて印象的だったのは、開催国ロシアのベスト8でしょうか。実は開幕戦直前までは「あれ、4年前のブラジル大会と比べると正直盛り上がってないかな……」と思ってました(笑)。でも勝利するたびに国内のムードが熱くなってきたし、大会全体に波及していきました。国全体に勢いがあったからこそ、スペインをPK戦の末に倒せたんだと思います。

育成年代に取り組んだ国の充実。

 最後に今回のW杯では、綿密な育成に取り組んできた国の充実ぶりを強く感じました。

「若い」というイメージが強いフランスやベルギーですが、すでに2年前のユーロでそれぞれ準優勝とベスト8という結果を残しています。

 育成年代から数多くの経験を積んだ選手たちがA代表の主力に成長したことが、ロシアW杯での飛躍に繋がっています。また20代前半から中盤の選手が数多いイングランドがベスト4まで勝ち上がりましたよね。

 この傾向は日本サッカー全体もしっかりと受け止めたいところです。A代表だけでなく、東京五輪世代はもちろんですし、さっそく再開するJリーグにも同じことが言えます。何より世界一の経験があるイニエスタ、フェルナンド・トーレスが来てくれましたから、学ばない手はない。

 トーレスは鳥栖の新加入会見の際、これまでのキャリアで築いたFWとしての秘訣を鳥栖の下部組織の選手に教えたいと話していたそうですし、どんどんいい部分を吸収していってほしい。その積み重ねがJリーグ、そして代表のレベルを上げていく一歩となるはずです。

(構成:茂野聡士)

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon