古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

菊池雄星がSBに打たれる理由とは。キーワードは「カットボール」。

Number Web のロゴ Number Web 2018/10/18 11:40 氏原英明
エース菊池雄星で初戦を落とした西武ライオンズ。2度目の先発もありそうだが果たして。 © photograph by Kyodo News エース菊池雄星で初戦を落とした西武ライオンズ。2度目の先発もありそうだが果たして。

 CSファイナルのために用意されたメットライフドームに隣接するプレスルームのモニターで試合を眺めていると、この日の殊勲となった川島慶三のコメントが聞こえてきた。

「打ったのはカットボール。逆転された後だったので、もう1回逆転できてよかったです」

 4回表のことだ。

 1点を追うソフトバンクは、相手先発・菊池雄星から先頭のデスパイネが中前安打で出塁、中村晃、松田宣浩のふたりが走者を進められなかった。しかし2死から8番の西田哲朗が右翼前安打でチャンスメーク、続く甲斐拓也が粘って四球として、川島を迎えた。

 1ボールからのストレートがアウトコース低めにややはずれた後の3球目。川島は菊池のスライダーをとらえると、左翼前に弾き返したのだった。

 この逆転打で勢いに乗ったソフトバンクは、続く上林誠知、グラシアルにもタイムリーがでて、一気に5得点を挙げて試合の大勢を決めた。

 2死一、二塁から甲斐が粘って選んだのがスライダーなら、川島、上林、グラシアルが打ったのも全てスライダーだ。

ソフトバンクが菊池に強い理由。

 これまでの9年間で13勝1敗とカモにしてきた西武のエース・菊池を今回も粉砕。改めて、ソフトバンク打線の脅威を感じた。

 なぜ、ソフトバンクは菊池を打てるのだろうか。

 ソフトバンクと菊池の対決について語られてきたのは「菊池が苦手なソフトバンク」といった、菊池側からの視点ばかりだった。

 しかし逆に、ソフトバンクが菊池を得意にしている理由もあるはずだ。

菊池のスライダーがカモにされている。

 菊池がソフトバンクに負けた試合を回想して脳裏によみがえるのは、150キロを越えるストレートを打たれたというより、今日のようなスライダーを痛打されたことの方が多い。

 記憶に新しいのは今年8月24日のヤフオクドームでの試合だ。

 1回に今宮健太の先頭打者本塁打で幕を開けたこのゲームでは、3回に走者をひとり置いて、4番の柳田悠岐が菊池のスライダーを捉えてバックスクリーンに放り込んで試合を決定づけた。

 打った柳田から「難しいボールやったっす。もう一回やれと言われても無理。うまく反応できた」という発言が出るほどのものだ。

 もうひとつ思い出すのが、昨年4月7日のメットライフドームでの試合だ。菊池は7回5安打4失点(自責点2)に抑えたが、その2失点が致命的だった。2回表、内川へのインコースを狙ったスライダーがややなかに入って左翼スタンドへ先制の本塁打、6回表にも同じボールを左翼スタンドに放り込まれた。

 ソフトバンク打線は、菊池のスライダーをカモにしている。

 その背景に隠されていた要素が、冒頭の川島のコメントにある。菊池のスライダーを「カットボール」と語っていることだ。

スライダーか、カットボールか。

 試合後、ニュースで川島らソフトバンクナインのコメントを知った西武の捕手・炭谷銀仁朗が、驚きの表情でこう明かす。

「雄星のスライダーのことをカットボールってソフトバンクの選手たちが言っているんですよね。それだけ変化していないっていうことなんかなというのもあるし、試合前に、小久保(裕紀)さんから『雄星はカットボールを投げるのか』と聞かれたんですよ。ソフトバンクは、そういう認識なのかなと」

 菊池が投げているのはスライダーではなくカットボール。この認識こそが、ソフトバンク打線が菊池に強い理由だ。

2つの球種をまとめて考える。

 この日、菊池対策に抜擢された西田哲朗が面白い話をしている。

 西田は今季、楽天からソフトバンクに移籍してきた。菊池とは同期入団でファーム時代からそのボールをよく見てきた打者だ。「自分が雄星にどんな対策をしたかは言いたくないんですけど……」と前置きした上で、こう答えた。

「ストレートを意識しながらのスライダーではなく、2つの球種を“ほとんどストレート”とひと括りにしています。スライダーというより、限りなくフォークに近いカットボールという印象です。

 ただカットボールといっても、待つのはストレートのタイミングで、ちょっと変化する。まっすぐを意識しながら待って、フォークボールに近い形のカットボールですから、コースが甘ければバットにあたる。そういう球やと思っています。必ず打てるわけではないですが、そのアプローチをしていけば、打てる打席もある。当然、打てない打席のほうが多いいいピッチャーであるのは間違いないんですけど、今日はチームとして意識できていたので、結果が出たのかなと思います」

 つまりソフトバンク打線は、菊池のスライダーは「曲がる」という意識を強く持っていない。ほぼストレートのタイミングで持っていき、球速の変化に対応する。カウントが打者有利なら狙いやすくなるし、カットボールが甘くなれば、ストレートよりはスピードが緩むので合わせやすいというわけだ。

引っ張り巧者の右打者たち。

 炭谷によれば、ソフトバンクの左打者はみな技術が高い一方、右打者は引っ張るのがうまい選手ばかりだという。

 引っ張ることを意識した打者からすれば、菊池が投じるインコースのストレートとスライダー(カットボール)は、いわば、内側に入って来る球種だ。西田がいうように、2つの球種を一括りにしてしまえば、甘いコースに来れば当てることは可能になる。

 また、その1点にだけ集中すれば、見極めも可能だ。インコース低めをヒットにするのは難しいので、その球を捨てれば変化しても振ることもないからだ。

 この日の川島のタイムリー。そして、右打ちの名人でありながら、昨年菊池から2本のホームランを引っ張ってスタンドの上段まで運んだ内川の打球を思い出すとソフトバンク打線の共通認識が見える。

 ソフトバンクが菊池に強いのは、菊池側の苦手意識があるからではない。

 “菊池=カットボール”という認識を共有しているからだった。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon