古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

選手権決勝、前橋育英の小さな伝説。“かき消される声”とハンドサイン。

Number Web のロゴ Number Web 2018/01/12 08:00 茂野聡士
前橋育英・田部井涼のシュートを流通経済大柏・関川郁万が守る――。白熱した決勝戦の分水嶺となったのは経験値だったかもしれない。 © photograph by Getty Images 前橋育英・田部井涼のシュートを流通経済大柏・関川郁万が守る――。白熱した決勝戦の分水嶺となったのは経験値だったかもしれない。

 冬の選手権は、今も昔も特別な舞台である。高校時代、サッカー部にいた人間であれば、これはどんな世代でも共通項だろう。

 赤き血のイレブン浦和南、レフティーモンスター小倉隆史、帝京vs.東福岡の「雪の国立」、野洲のセクシーフットボール、そして半端ない大迫勇也……。ほんの一例だが、これらの伝説を挙げれば理解してもらえるだろう。その積み重ねによって多くのファンが今もなお決勝に駆けつける。

 その大観衆が、非日常の空間を生む。多くても数千人が見守る普段の公式戦と違い、選手権では万単位の観客に膨れ上がる。もちろん会場の見た目とともに、普段と全く違うのは大歓声である。

ピッチレベルに立ってみると、声がかき消される。

 今大会、筆者は準決勝で写真撮影のためピッチレベルに立ってみた。そこで改めて感じたのは、声が通らないこと。

 選手の声が埼玉スタジアム2002に響き渡ったのは、両校のブラスバンド部やサッカー部員の応援が鳴り止んでいる間だけ。90分間のうち、数分あったかどうかだ。

 準決勝2試合の観客数はそれぞれ15953人、21245人だった。決勝戦はそこから2万人以上増加して41337人。J1でもなかなかお目にかかれない大観衆が応援を繰り広げ、決定機にどよめく。自らの声がかき消されてしまうのは、想像に難くない。

 サッカーには高校野球の伝令やバスケットボールのタイムアウトのように、ベンチが試合をストップさせる戦略がない。負傷の治療中などを除けば、基本的には流れの中で監督からの指示を受け取り、実践する必要がある。しかしその指示が、大歓声でほぼ聞こえないのだ。

 それでも、今回の決勝戦はここ数年でも有数の熱戦だった。初優勝した前橋育英は「攻守の切り替え、球際の強さ、ハードワーク、声、ファーストで競り合ってセカンドボールを確実に拾う」の5原則をベースに、攻守ともハイレベルだった。また流通経済大柏の守備での粘り腰も、称賛されてしかりだ。

前橋育英の5原則のうち、声はどうやってカバー?

 興味深かったのは、優勝した前橋育英の主将・田部井涼に聞いた話だ。

「5原則」の中で、大観衆の歓声で聞こえない「声」の部分はどうだったのか。質問をぶつけると、1つの例をこう明かしてくれた。

「試合前に(山田耕介)監督が『オレはジェスチャーで意思を伝えるから』という話をしてくれました。例えば……こめかみに指を当てたら“頭を冷静にしてプレーしろ”、胸に手をやったら“心を落ち着かせよう”というものです。それをテクニカルエリアに一番近い位置にいるサイドバックの選手に伝えて、全体に通すということを徹底していました。

 意思を統一することの大切さは(昨年度決勝の)青森山田戦で学びました。あの大観衆の中だと、ボランチとボランチの間で声を掛け合うくらいが限界だな、というのは体感していたので。5分に1回くらいは意思疎通をしていたし、そういうところが勝敗を分けたのかなと思います」

昨年度の決勝を経験したからこその解決策だった。

 声が通らないなら、ハンドサインで共通認識を作る――。前橋育英は昨年度の青森山田戦で0-5の大敗を喫している。その苦い経験があったからこその解決策だったのだろう。364日前の反省を生かした前橋育英は、大舞台を経験したからこその成長を見せつけた。

 考えてみれば、育成年代がこれほどの大観衆の前でプレーする機会がある国は、世界を探しても数少ない。例えば昨年日本が出場したU-17W杯、グループステージ日本戦の観客数はそれぞれ13285人(ホンジュラス戦)、9575人(フランス戦)、44665人(ニューカレドニア戦)。

 こうして見ると選手権決勝の観客数は“異質”とも言えるし、そんな環境を経験できるのは、なかなかない。

流経柏・本田監督が試合後に触れた日程問題。

「高校サッカー 過密日程に苦言」

 2017年度の全国高校サッカー選手権、試合終了直後に大きな反響があったのは、この報道だった。

 前述の通り、両校は高校生離れしたハイレベルな試合を見せた。それと同時に注目されたのは、流通経済大柏を率いる本田裕一郎監督の会見である。

 詳細は各メディアがすでに報じているが、簡単に説明すると、今大会の開催期間がわずか10日間で、超過密日程となったことに一石を投じたのだ。また長友佑都らかつて選手権に出場した選手も、自身のSNSで試合間隔について意見を提示している。

 近年の選手権は12月30日に開幕し、成人の日に決勝を開催するという流れが定着している。今年度の場合、成人の日は8日に設定されたため、いわゆる“連闘”が2日と3日、5日と6日の2回あったわけだ。

 例えば決勝が13日に実施された第92回大会では、準々決勝が5日、準決勝が11日と間隔が空いている。それと比べても、初戦の2日から決勝の8日までの1週間で5試合をこなさなければならない日程は、やはり過酷だったと言える。

「何が進化して、何がいけないか検証していきたい」

 今回大きく報道された理由の1つは、豊富な指導歴を持ち、選手権を熟知する本田監督からの提言だったことだ。会見では「96回も大会を重ねてきて、何がどのように進化してきたのか、何がいけないか検証していきたいと思います。ぜひ(メディア側からも)発信して欲しいと思います」とも表現している。

 日程への提言が話題になるのも、選手権がそれほどまでに存在感が大きいからこそだ。前橋育英を悲願に導いたハンドサインも、大舞台だから生まれた“小さな伝説”なのだろう。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon