古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

野茂や大谷が切り開いた道の先へ。16歳で渡米する結城海斗に幸あれ。

Number Web のロゴ Number Web 2018/07/12 11:00 氏原英明
結城海斗が下した「甲子園を目指さない」という決断は、現在の日本野球界では勇気がいる決断だったことだろう。 © photograph by Kyodo News 結城海斗が下した「甲子園を目指さない」という決断は、現在の日本野球界では勇気がいる決断だったことだろう。

 野球界の新しい発展の扉が開かれようとしている。

 カンザスシティ・ロイヤルズが16歳の日本人、結城海斗選手とマイナー契約を結んだ。16歳の日本人プレイヤーが日本のプロ野球球団どころか、甲子園を目指すこともなくメジャーリーグの球団と契約を交わしたというニュースには驚くほかない。

 結城選手が成功するのかどうかはスカウトでもない筆者には見当もつかないが、彼の勇気ある決断に感じるのは、かつてのパイオニアが果たしてきた「限界への挑戦」だ。“前例なき戦い”といった方がいいかもしれない。

 1995年、近鉄バファローズに所属していた野茂英雄が球団から任意引退する形でメジャーリーグへ挑戦した。前例がないことを嫌う日本の世論の中に、背中を押す人はほとんどいなかったが、野茂がメジャーリーグで華々しくデビューし、同年のオールスターに選ばれると、日本中は大騒ぎになった。

日本国内の人気は世界での活躍に影響される。

 メジャーリーグへの挑戦自体が猛反発されたはずの野茂の勇姿は、日本人の自尊心を大いに刺激し、自信と誇りをもたらした。そして、日本人でもメジャーリーグで戦えるというマインドを植え付けた。

 のちに、佐々木主浩(マリナーズ)、イチロー(マリナーズなど)ら日本球界を代表する選手たちが次々とメジャーへ渡った。佐々木はもちろん、イチローが数々の金字塔を打ち立てるなど、メジャーの舞台で日本野球の力を見せつけた影響は計り知れない。

「日本国内で人気があるスポーツかどうかは、世界の舞台や国際大会で活躍している選手がいるかどうか。野球ではメジャーになりますけど、他の競技もオリンピックで勝ったり、ヨーロッパのリーグで活躍したりしている競技は人気がある」

 元千葉ロッテの捕手・里崎智也さんはそう分析する。

 野茂やイチローの活躍に刺激を受け、さらには自身も第1回WBCで優勝を果たした時には「世界の舞台で勝つ」ことの意義を驚くほど痛感したという。

 1995年当時の日本の野球界は、'93年に産声を上げたJリーグ人気に押されていたが、野茂が前例を打ち破る活躍を見せたことで、活気を取り戻したのだった。

大谷「野茂さんがアメリカで結果を残して……」

 いまではメジャーリーグを目指すのは当たり前になったし、日本人メジャーリーガーを見て育った世代がプロ野球界の中心で活躍する時代になっている。

 そんな野茂の姿に、自身の将来を重ねようとしていた選手が現れた。

 大谷翔平である。

 高校3年のとき、ドラフト会議を控え高卒でのメジャー挑戦を表明する以前にこんな夢を語っていたものだ。

「野茂さんがアメリカで結果を残して、日本人の目標のレベルが変わってきた。自分もそうして世界レベルで活躍できる選手になりたい」

 当時から大谷には野心があった。限界への挑戦、前例のない戦いの突破だ。それは、花巻東高校で3学年上の先輩・菊池雄星(西武)が同じように高卒でのメジャー挑戦の意向を持ちながら断念したこととは関係ない。

「野球のレベルはそうやって上がっていく」

 大谷は、こうも話していた。

「僕が高校で160キロのストレートを投げることを目指したのは、誰もやったことないことをやりたかったからでした。『160キロを目指す』といったら、誰も信じないと思うんですけど、でも本当に160キロを出す人が1人現れたら、今度は、みんながそこを目指すようになる。

 野球のレベルってそうやって上がっていくんだと思います。目標のレベルが高くなれば、野球のレベルは高くなる。僕はそれができる存在になりたい」

 大谷は「高卒でメジャーリーグでの成功」という前例をつくることはできなかったが、その代わりに、新しい前例なき戦いを見つけることで野球界に変革を起こそうとした。

 それが二刀流だった。

 日本球界にいるときも、今年メジャーリーグに籍を移してからも、彼の前例なき戦いを前向きにとらえる人はそう多くはいなかった。しかし、シーズン開幕から大谷がみせた“二刀流レボリューション”は、今も日米の野球ファンを熱狂の渦に巻き込んでいる。

新しいマインドを持った世代が登場している。

 現在の大谷の姿は、メジャーリーグを遠い存在だと感じていた日本人に自信と誇りをもたらした野茂と重なっている。野茂や大谷が見せたのは、限界を突破していこうとする強い志であり、大谷の言葉を借りれば「目標のレベルが高くなれば、野球のレベルが上がる」というマインドに他ならない。

 今回、結城選手は菊池や大谷が目指した「高卒でのメジャー挑戦」よりさらに前の16歳でメジャーリーグの球団と契約を果たした。記者会見の映像を見る限り、結城選手の本気度は本物で、挑戦することへの恐れを感じている気配は全くなかった。

 そしてそれは、野茂英雄によって、大谷翔平によって開かれた扉の先を歩き、新しいマインドが日本でも登場していることの証左に思えて仕方がない。

 前例なき戦いには、これから大きな壁が立ちはだかってくるだろう。

 しかし、こうして前例を打ち破ろうとする先駆者の登場は、日本の野球に明るい希望をもたらす。

 日本野球界の発展の扉が、またひとつ、開かれるかもしれない。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon