古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高木美&小平、金メダル一騎打ち!14日女子1000メートル/スピード

サンケイスポーツ のロゴ サンケイスポーツ 2018/02/14 05:11
高木美&小平、金メダル一騎打ち!14日女子1000メートル/スピード: 1000メートルでは金メダルの大本命、小平。今大会の日本勢初の金をつかむ (撮影・松永渉平) © サンケイスポーツ 提供 1000メートルでは金メダルの大本命、小平。今大会の日本勢初の金をつかむ (撮影・松永渉平)

 14日のスピードスケート女子1000メートルに臨む小平奈緒(31)=相沢病院=と高木美帆(23)=日体大助手=が13日、会場の江陵オーバルで公式練習を行った。世界記録保持者で金メダル最有力の小平と、前日12日に1500メートルで銀メダルに輝いた高木美のダブル表彰台の期待が高まる。小平は1000メートルでは不利とされるアウトレーンから、高木美は有利なインスタートと決まった。

 スプリント女王の小平は、世界一への足がかりを築いている。金メダル大本命の1000メートルと500メートルへの試金石として臨んだ12日の1500メートルで6位入賞を果たした。

 2010年バンクーバー大会から3大会連続の五輪。過去2回の個人種目では最高5位にとどまった。今大会について小平は「スタートラインに立ったときの気持ちが過去2回と違う。地に足がついている」と風格を漂わせる。

 小平は「方程式」という言葉で五輪の計画を明かしていた。「500メートルで金メダルを取るために1000メートルで銅メダル以上が必要とすれば、1500メートルで入賞圏内にいたい」。長い距離で手応えをつかめば、本職の短距離に自信が持てる。1500メートルでは低地リンクの自己ベストで入賞。まさに描いた通りの展開だ。

 この日は会場リンクで加速の動きを確認するなど、約20分間の軽めの調整を行った。最大のライバルで地元韓国のエース、李相花(イ・サンファ、28)がこの日、1000メートル出場を見送ることが判明。高木美との“一騎打ち”の様相も高まってきた。

 1500メートルのレース後、「1000メートルにつながる滑りができた」と手応えを口にした小平。500メートルとの2冠へ、絶対女王が金ロードを突き進む。(鈴木智紘)

★滑走レーンの“明暗”

 スタートするレーンはコンピューターの抽選で決まる。短距離種目では内か外かで滑り方も変わり、特に1000メートルは圧倒的にインスタートが有利とされる。

 前回ソチ五輪は同種目で上位7人中6人がインスタート。出だしの直線がアウトよりやや長く、最初に体を傾けやすい小さいカーブに入り序盤に加速しやすい。疲れてくる最終盤には、バックストレートで同走者の背中を追って内側のカーブからまくる形になる。

 高木美は16組中14組目で内、小平は15組目で外からのスタート。小平は「どちらでも対応できる」と自信を見せる。

サンケイスポーツの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon