古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

F1の魅力は究極の駆けっこなのに。PU新ルールに各方面から不評の声。

Number Web のロゴ Number Web 2018/01/14 07:00 尾張正博
2017年のマクラーレン・ホンダは、名手アロンソにして、完走扱いを含めれば10回リタイアという信頼性の低さだった。 © photograph by Getty Images 2017年のマクラーレン・ホンダは、名手アロンソにして、完走扱いを含めれば10回リタイアという信頼性の低さだった。

 2018年からF1にまた新しいレギュレーション(ルール)が適用される。

 昨年は、パワーユニットを年間通して4基しか使用できなかった。それが、今年からはさらにパワーユニットの6つの構成部分のうち、エンジン(ICE)、MGU-H、ターボチャージャーは年間3基、MGU-K、エナジーストア、コントロールエレクトロニクスは2基に制限される。これを超えて使用すると、グリッド降格ペナルティが科せられる。

 この適用に異を唱えたのがルノーとホンダだ。彼らは昨年も年間4基の制限を超えるパワーユニットを使用し、大量のグリッド降格ペナルティを受けてしまったからだ。

 中でもマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソとストフェル・バンドーンの2人が昨年受けたグリッド降格ペナルティは合計約400にも上る。

 しかし、パワーユニットの信頼性で勝るメルセデスとフェラーリは「1年前から決定したこと」と意に介さなかった。一度決まったレギュレーションの変更には全チームの同意を得る必要がある。果たして、新レギュレーションは変更されることなく、今シーズンから適用されることになった。

PU年間使用代金は約30億円とFIAは財政を案じたが。

 ここに現在のF1が抱えている問題が潜んでいるように思う。

 パワーユニットの年間使用基数制限は、高騰する開発費を抑制するために導入された案だ。現在のパワーユニットの年間使用代金は約30億円。パワーユニットの基数に制限を設けなければ、開発費は高騰し、それはパワーユニットの代金に跳ね返ってくるだろう。

 30億円以上ともなれば、小規模チームがパワーユニットを購入できなくなる。新しい年間使用基数制限は、小規模チームの財政を案じたFIAが講じた策だった。

 だが、それはレースを運営する側の論理。見ている側の人々の思いとは乖離しているのではないか。

使用制限を設けたことでレースのペースが落ちる。

 レースの本質は、スタートして最初にチェッカーフラッグを受けたドライバーが勝者となる、自動車という道具を使用した究極の「駆けっこ」である。レース毎に、入賞したドライバーにポイントが与えられ、その合計ポイントが最も高かった者がチャンピオンとなる。

 ところがパワーユニットに年間使用基数制限を設けると、チームはペナルティを受けないため、パワーユニットの使用を必要最小限にとどめるようになる。

 現在のF1では、レースの情勢が見えてきた終盤になると、ドライバーがパワーユニットを労ってペースを落とすことは珍しくない。

 中には戦略的に自らリタイアするケースもある。これでは、レースがエキサイティングでなくなるのも当然だ。

ハミルトンも「エンジン音が体中に響いていたのに」。

 このような状況を危惧しているのは、ルノーやホンダだけではない。実は昨年のチャンピオンであるルイス・ハミルトンも警鐘を鳴らしている。

「F1は2018年から3基ルールを適用するけど、僕はこのアイデアは好きじゃない。というか、最悪だ。F1は世界最高峰のモータースポーツ。だったら、限界まで走るべき。でも、最近はパワーユニットのことを必要以上にケアしてレースしている。

 僕が初めて生でF1を観戦したのは1996年のベルギーGPだけど、僕はいまでもあのときの感動を忘れていない。目の前をミハエル(・シューマッハ)のマシンが全開で駆け抜けていった。エンジン音が僕の体中に響いていた。いまのF1にはそれがない。今年、さらに静かなマシンを見せることになるなんて、悲しいね」

「予算削減を狙っていても、じつは全くの逆効果」

 昨年までホンダでF1プロジェクトの総責任者を務めていた長谷川祐介も、技術競争でライバルに後れをとっている状況に忸怩たる思いを持ちながらも、新しいルールがファンが望むものかどうかは別の話とした上で、今回の導入目的であるコスト削減にもつながらないと疑問を呈していた。

「エンジンを3基にすることは、コスト削減にはつながりません。3基で年間21戦を戦うには、信頼・耐久性をさらに向上させる必要があり、それには多くの予算を使わなければならないからです。FIAはエンジンを3基にすることで予算削減を狙っているのかもしれませんが、じつは全くの逆効果です」

 自動車メーカーがF1に参戦する理由は、そこが技術開発の場であるからだ。そして、エンジンがなければ、レースが成立しない。そこでFIAはルールを自動車メーカーが参入しやすく変更した。だが、ファンは離れていった。

 F1に限らず、モノづくりに関わる技術というものは、あくまでも、それを使ったり、見て楽しむ人々が喜ぶための手段である。その手段であったはずの技術が、いまのF1では一人歩きしてしまっている。それを止めるのは誰だろうか?

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon