古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

U-17W杯で痛感した世界最強との差。福岡慎平と上月壮一郎の成長曲線。

Number Web のロゴ Number Web 2018/02/15 07:00 安藤隆人
ネクストジェネレーションマッチでゲームメークした福岡。東京五輪世代を目指す中心メンバーの1人だ。 © photograph by Takahito Ando ネクストジェネレーションマッチでゲームメークした福岡。東京五輪世代を目指す中心メンバーの1人だ。

 2018シーズンの幕開けとなった富士ゼロックススーパーカップの前に、日本高校選抜とU-18Jリーグ選抜によるネクストジェネレーションマッチが開催された。

 この一戦は全国高校サッカー選手権の優秀選手を中心に、3月下旬のヨーロッパ遠征をに向けて日本高校サッカー選抜と、Jクラブユースに所属する新高校3年生以下から選ばれたU-18Jリーグ選抜が対戦する試合だ。

 試合は2-1で日本高校選抜の勝利となったが、敗れたU-18Jリーグ選抜の中には昨秋のU-17W杯でかけがえのない財産を得て、それを成長の糧にしている2人がいる。

 京都サンガU-18所属の福岡慎平と上月壮一郎である。

「(イングランド代表に関しては)衝撃しかなかった。すべてにおいて相手は僕らを上回っていた」

 福岡は、U-17W杯最後の一戦をこう振り返っていた。

体格どころか技術でも負けている。

 U-17日本代表は決勝トーナメント初戦となるラウンド16でイングランドと対戦した。

 この世代イングランドはタレントの宝庫と呼ばれており、日本から見ると明らかに格上だった。ドルトムントで出番をつかんだMFジェイドン・サンチョ、チェルシーで出番を得ているMFハドソン=オドイ、大会MVPに輝いたMFフィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、マンチェスター・ユナイテッドのMFアンヘル・ゴメス……。世界最強チームだった。

 結果は0-0の末、PK戦で敗退。この大会で優勝を飾ったイングランドをゼロで抑えたのは日本だけで、数字から見れば“イングランドを一番苦しめたチーム”だった。しかし、ピッチに立った選手たちは、点差以上の差を感じていた。

「イングランドはもちろん球際が強いなと思った。ただそれ以上にパスの質とボールコントロールの質が上回っていました。“身体が大きくてフィジカルもあって、こんなに上手いのか!”という衝撃しかなかった。すべてが僕らより上回っていて“自分達は置いていかれている”という強烈な危機感を覚えました」(福岡)

「あの試合は自分の価値観が180度変わった試合でした。相手はどんなタイミングでパスを出してくるのか、どのタイミングで抜いてくるのかが全然分からなかった」(上月)

 2人のコメントは、その衝撃を大きさを強く感じさせた。

「あの試合以降“これではいけない”と」

 この試合以降、彼らの意識は変わった。

「あの強度をベースにやっていかないと、どんどん彼らに置いていかれる。ただ日本ではなかなかああいうチームと戦うことができない。だからこそ個々のレベルで意識を高めて行かないといけません。僕も(福岡)慎平もW杯後、練習から取り組む姿勢が変わった。いつも“これではいけない”と話し合って、お互い刺激し合えていると思います。

 上月は自分のプレースタイルをもう一度見直した。左サイドハーフ、ウィングを主戦場、180cmの長身ながらキレのあるドリブル突破を見せ、シュートセンスも非常に高い。日本には数少ない大型サイドアタッカーとして、関係者の期待も高い。

 上月はイングランド戦、開始早々からFW久保建英(FC東京)からのパスを受けると、得意のカットインから強烈な右足シュートで相手GKを脅かした。それ以降も左サイドで積極性を見せ、相手にとって厄介な存在になっていた。

速い強い上手い。奪える気がしない。

 とはいえゴールをこじ開けられず、90分間の中でその差を感じた。

「フィールドの選手全員がパスも出せるし、動いて受けられる。しかもかなり素早いタイミングで、ついていけないところがあった。一番驚いたのはハドソン=オドイです。彼がボールを持ったときは速くて強くて上手くて、正直奪える気がしなかった。スピードで抜いたり、ちょっとしたテクニックでかわすところは自分と似ていますが、似ている中でもレベルが全然違った」

 上月とマッチアップをしたハドソン=オドイの身長は182cm。世界に出れば自分と同じような大型アタッカーが当たり前のように、そして自分を軽く凌駕する能力を持っている。「彼が明確な基準になりました」と、現実を痛感した。

 一方、背番号10をつけた福岡は攻守の柱だった。豊富な運動量と高いボール奪取能力、戦術理解度の高さで、ボランチとして全体のバランスを支えた。

“ピッチ上の頭脳”として相手の変化を感じ取りながら、柔軟に対応できる福岡だが、彼もまたあの試合で相当な圧迫感を覚えていた。

攻撃の起点、多彩なカットインの習得を。

「僕は試合や練習で感じたことを携帯にメモしつつ、自分の動画を見て“この時こうしておけば良かったな”と頭を整理させているんです。U-17W杯が終わって、僕の中でメモしていたのは、イングランドのボランチについてです。例えば彼らは狭いスペースでもボールをもらって素早くターンして、ペナルティエリア手前まで簡単にドリブルで運んでしまう。“ボランチなのにここまで運べるのか”と思いました。

 もちろんドリブルだけでなく、縦パスもバンバン付けていた。だから自分も帰国してからはドリブルと縦パスは相当意識するようになりました。もっといいポジションを取って、すぐに前を向いて縦パスをつけられるボランチになれたら、もっと怖い存在になれるのでこだわりたいんです」

 バランスを司るだけのボランチではいけない。膠着状態をこじ開ける攻撃の起点となるという決意を持って帰国後の時間を過ごした。

 その決意は上月も同じだ。

「やるべきことは多いです。例えばもっと細かいタッチの仕掛けだったり、オフ・ザ・ボールの動きの質を上げて、パスを呼び込むタイミングを早くしたり。突破1つをとっても、これまでは縦に行けなかったら、“なんとなくカットイン”していましたが、それでは相手に読まれてしまう。シュートを決めるためのカットイン、縦を抜くためのカットインを同時に磨きつつ、判断の質を上げることを意識しています」

 2人の頭の中にはイングランドの残像が残っているし、あえて残し続けているのだろう。

ボランチでゲームメーク、後半は左SB。

 話をネクストジェネレーションマッチに移そう。

 ボランチで先発した福岡は、常に周囲を見渡しスペースに走り込んでボールの出し入れを繰り返す。14分にはDFを食いつかせつつタイミングをずらしたトラップで前を向き、フリーのMF奥野耕平(ガンバ大阪ユース)にラストパスを送った。

 22分には前へ出てボールを受ける裏に飛び出したFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)にループパス。どちらも得点にこそ至らなかったが、ボールの落ち着きどころ、そしてチャンスメーカーにもなった。

 後半途中からは左サイドバックに移った。「小4の時にやった以来のサイドバックで、いきなりだったので最初は難しかったですが、スプリントと守備力をどう表現して、サイドで起点になれるかを考えた」とすぐに順応。高い位置を常にとりながら左サイドを活性化させ、40分ハーフの前後半を通じて成長の跡を感じさせた。

「もうオドイはチェルシーで出ている」

 手応えより悔しさが残ったのは上月だ。後半から慣れない右サイドハーフとして出場し、ドリブルでの打開を狙ったが、シュートゼロで終わった。

 この日の出来は対照的だったが、彼らの信念は揺るがない。

「試合前にU-17W杯のメモを見て頭を整理しました。どんなポジションでもボールを持ってから考えているようじゃ(世界で)通じないし、もらう前から良い判断と準備をしておかないと良いプレーは出ない。U-17W杯でできなかったプレーをもっと追求しないと生き残れないし、上では戦って行けない。だからこそ自分の新たな良いプレーをできように磨かないといけません」(福岡)

「“違い”を見せられないのは、まだまだだと思います。U-17W杯で変わった意識を、本物にしていかないといけない。自分の身長に加えて武器を加えていけば、今までの日本人にはいないタイプのサイドハーフになれると思うので、貪欲に成長したい」(上月)

 今年1月に2人はトップチームに2種登録をされ、プロデビューできるチャンスを掴んだ。

 試合後のミックスゾーンでのこと。「もうハドソン=オドイはチェルシーで試合に出ているのに、僕はトップに絡めていない。早くトップで試合に出たいです」と、上月がオドイの名を出して闘志を燃やすと、福岡は「上のレベルでやればやるほど、絶対成長できる。“知”は絶対に衰えないし、積み重ねて行けると思うので、常に考えて、考えて、なりたい自分から逆算する姿勢を追求したい」と今後の展望を話した。

 W杯での濃密かつ悔しい90分間で得たもの。その真価が問われるのは、今後の成長ぶりだ。あの日のピッチに立った者としての“使命”とも言える。

 それを自覚している2人の未来予想図は現実なるとか。積み重ねの日々はひたすら続いて行く。先にある“なりたい自分”を目指して。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon