古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

W杯で見えた女子バレーの課題とは?海外勢の練習に大山加奈が注目。

Number Web のロゴ Number Web 2019/10/09 11:30 大山加奈
バレーボールW杯で5位(6勝5敗)となった女子日本代表。中国は、前回大会に続いて連覇を果たした。 © Bungeishunju Ltd. 提供 バレーボールW杯で5位(6勝5敗)となった女子日本代表。中国は、前回大会に続いて連覇を果たした。

 力強いスパイクを武器に、バレーボール日本代表として活躍した大山加奈氏による連載がスタート。現役引退以降、育成世代の指導など、バレーボールの普及に向けて精力的な活動を続ける彼女に、日本バレーの現状、展望を大いに語ってもらいます。

 第1回となる今回は、先日閉幕したワールドカップについて。大会を通じて浮き彫りとなった課題、そして試合前の練習の違いについてお話いただきました。

 女子バレーのワールドカップが閉幕しました。結果は6勝5敗。非常に厳しい結果です。

 なぜなら、オリンピックまで1年を切り、出場国も決まり始め、もうチームが固まっていなければならない状態であるにも関わらず、まだ自分たちがやっていくこと、やろうとしていることが共有されていないからです。

 速さを追求して、うまくいかなくて、ゆっくりと、間を使ったバレーに戻す。同じことが何度も繰り返されているのが、本当にもったいない、と感じさせられた大会でした。

 結果的に1つ勝ち越すことはできましたが、負けた試合では被ブロックの本数が2ケタ。確かに海外勢は高さという利点で日本を上回っているかもしれませんが、なぜこれほどのブロック失点を喫したのか。

 理由は2つです。

トスの低さと攻撃枚数の少なさ。

 まず1つはトスが低いこと。

 アタッカーの最高打点で打てれば、高いブロックに対しても当てて出すとか、コースを打ち分けることもできるのですが、トスが低いとブロッカーの手に囲まれた状況から打たなければならない。そうなれば空中でコースを選択する余裕がなくなり、打つ場所が限られてしまいます。

 そしてもう1つが、攻撃枚数を増やせなかったことです。

 大会前、日本は攻撃力の強化を課題に掲げていて、その1つの策としてオポジットに黒後愛選手を入れる布陣を考えていたはずです。残念ながら黒後選手のケガという想定外のアクシデントに見舞われ、当初のプランが実行できなくなってしまったのかもしれませんが、大前提として、誰かがいるからこれをやる、やらない、というのではなく、チームとしてこうする、というスタイルがなければ強いチームに勝つことはできません。

中国を乱したブラジルから学ぶこと。

 実際に全勝で優勝した中国は、今大会で頭1つ抜けていました。それはエースの朱テイ(シュ テイ。※テイは女ヘンに亭)選手がすごいから、袁心ゲツ(エン シンゲツ。※ゲツは王ヘンに月)選手がいるから、というだけでなく、若手選手や誰が出ても同じスタイルが構築されていたからです。

 どこに穴を見つければいいのか。そう思わずにいられないほど、強い中国でしたが、唯一苦戦を強いられたのが札幌ラウンドでのブラジル戦です。

 ブラジルのサーブ、組織力を前に中国はトスが低く、速くなり、セッターが1本目をレシーブした後の2本目、セッター以外の選手が上げるトスの精度が落ちてしまいました。その結果、スパイカーが自分の能力を活かせない状況になってしまったため、あの中国でさえ、苦しい展開を強いられた。

 加えて、ブラジルはミドルブロッカーのマーラ・レオン選手を起用しました。マーラ選手はクイックに入る時、大きく、ゆっくりしたリズムなので、サイドやバックアタックの選手と攻撃のスピードが揃い、中国のブロックに対してブラジルの攻撃が数的優位な状況をつくることができた。その結果、あの鉄壁で穴がない中国のブロックですらブラジルの複数での一斉攻撃に太刀打ちできず、今大会初めて2セットを失いました。

日本も常に4枚攻撃を展開したかった。

 つまり、どれだけ高さのあるブロックに対しても、攻撃枚数を増やせば打開するチャンスは生まれる。

 日本も常に4枚攻撃を展開したかったのですが、枚数は少なく、残念ながらレフト、レフトとトスが偏り、ブロック失点が増えざるを得ない状況を招いてしまった。

 大会前半の成績が苦しかったこともあり、セッターのトスに工夫がない、という発言も目にしましたが、それは違います。セッターがさまざまな攻撃を選択できるように、苦しい状況だからこそミドルもしっかり開いて、助走をとって攻撃に入らなければならないし、バックアタックも常に入る意識を持たないといけない。

 すべてがセッターのせいにされてしまうのは、とてもかわいそうでした。

アフリカ勢の躍進と韓国の進化。

 中国は別格として、海外勢の試合を見ているとたくさんの学びがありました。

 特に驚かされたのはアフリカ勢の進化です。カメルーンもケニアも、もともと個々の力を見れば非常にポテンシャルが高いことは証明済みですが、実際のプレースタイルを見れば日本よりも世界のトレンドを当たり前に取り入れていました。

 特にカメルーンは、サーブレシーブも少しラインを前に出してアンダーハンドではなく、オーバーハンドで処理することで素早く攻撃に入る準備ができていましたし、ブロックも組織的で、攻撃参加の意識も高い。今は「アフリカ勢には負けない」と思われているかもしれませんが、これからどんどん強くなる。日本にとっても、世界にとっても脅威になる日は遠くないはずです。

 進化、という面で言えば韓国にも驚かされました。

 日本戦ではキム ヨンギョン選手だけでなく、178cmのイ ジェヨン選手にブロックの上から決められた。「高さに負けた」と言い訳ができない内容でした。イ ジェヨン選手が高い位置からハードヒットできるように、トスも高かったのですが、そこにプラスして相手ブロックによって打つ場所、スロットを変えていましたし、攻撃準備が速く、イ ジェヨン選手のスパイクはファーストテンポなのでブロックが完成する前に叩かれる。

韓国にあって、日本になかったもの。

 ではなぜそうなったか。それは1本目、ファーストタッチの差です。

 日本は速く攻撃展開しようとするあまり、ファーストタッチが速く、低くなっていましたが、韓国は高さがあった。低いとセッターもアタッカーも余裕がなくレフトに偏ってしまう日本に対して、韓国はスパイカーがしっかり助走を取って、そこから打つまでが速い。

 イ ジェヨン選手に限らず、全体の攻撃参加意識が格段に上がっていたため、複数の場所から一斉に攻撃してくるので、速くて低いトスを打たなくても日本のブロックから見れば、韓国の攻撃には速さと高さ、何より余裕がありました。

 大阪の3戦では日本のファーストタッチも高さを出したこと、芥川愛加選手や奥村麻依選手のように攻撃参加意識の高い選手が入ったことも重なって、3連勝できました。もしもはじめから、スパイカーの能力を信じて、大阪ラウンドのようなスパイカーを活かす展開ができていれば、もっと違う結果になったのではないでしょうか。

海外勢が実践していたゲーム形式の練習。

 何が通用して、何が通用しなかったか。東京五輪まで時間が限られている中、そこを掘り下げ、突き詰めていかなければならない。取り組まなければならない課題の多さを感じると同時に、個人的に思ったのは、もっと海外の練習を多くの方々、特に育成年代の指導者に見てもらえる機会はつくれないか、ということです。

 各国の練習取材をする中、スパイクはスパイク、サーブはサーブ、と1つひとつ技術練習を個別で行っていたのは日本だけで、他国はすべて、練習メニューが連動していました。もちろん課題克服という面では、個別練習が必要な時もありますが、試合の中でどう修正するかということを考えると、やはり個別練習よりも、ゲーム形式の実践練習をいかに行っているか、というのが大きな要素になるはずです。

 私の現役時代と比べれば、今は日本の練習も進化していますが、それでも海外勢、特にアメリカやブラジルの練習は見ているだけで意図が伝わってくるので、見ていて飽きない。そして、普及の現場で子供たちを指導するうえで、多くのヒントがありました。

 なぜなら、選手たちは全力で練習に取り組み、なおかつ楽しみながら課題を克服するだけでなく、ゲーム練習の中でどうやって点を取るか。常にチャレンジ、トライする姿勢が見られたからです。

 ラグビーワールドカップでは来日した海外の選手と、日本の子供が接する機会も多くありました。試合日程が過密なバレーボールを同じように考えるのは難しいですが、ファーストタッチを高くして余裕を持ち、常に攻撃枚数は4枚、という発想を子供の頃から持って実践するためには、指導者の意識改革も大切。

 日本代表に残された課題はもちろん、ワールドカップという貴重な機会を活かせる方法はまだまだたくさんあるはずです。

(構成/田中夕子)

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon