古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「車でもアレクサ」普及に大きな一手、アマゾンが車載用SDKをGitHubで公開

Engadget 日本版 のロゴ Engadget 日本版 2018/08/10 16:30

Ford and Amazon team up to offer consumers the ability to access their car from home, and call up other features from their vehicle via Alexa – Amazon’s cloud-based voice service © AOL Inc. 提供 Ford and Amazon team up to offer consumers the ability to access their car from home, and call up other features from their vehicle via Alexa – Amazon’s cloud-based voice service

[Engadget US版より(原文へ)]

アマゾンは、自動車の情報システムにアレクサを組み込むためのツールを、あらゆる自動車メーカーに提供することにしました。

同社は、Alexa Auto Software Development kit(アレクサ自動車用ソフトウエア開発キット:アレクサ・オートSDK)を、アメリカ時間の8月9日にGitHubを通して公開。すべての開発者がアクセスできる体勢を整えました。自動車とアレクサを統合することで、ユーザーは、天気予報、通知、スマートホーム機器のコントロール、メディアのストリーミングと行った基本機能に加えて、アレクサ向けに登場している、数多くのサードパーティー製スキルが楽に使えるようになります。

またアレクサ・オートは、とくに運転に役立つ機能として、ナビゲーション、電話、ローカル検索なども提供します。

自動車用アレクサは既に、一部の車種へ搭載をすでに始めている自動車メーカー、または搭載を検討しているメーカーが数多くある状態。具体的には、現代、フォード、BMW、フォルクスワーゲン、トヨタ、レクサスといったメーカーが含まれます。

今回アマゾンが開発者向けキットを一般公開したことで、将来、さらに多くの車種にアレクサが組み込まれることになるでしょう。

編集部が日本向けに翻訳・編集したものです。

原文著者:Mallory Locklear

Engadgetの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon