古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アメリカではVRを使って教員が銃撃事件対応のトレーニングを受けられるように

ギズモード・ジャパン のロゴ ギズモード・ジャパン 2018/01/07 07:30 塚本 紺
Image: Gizmodo US © ギズモード・ジャパン 提供 Image: Gizmodo US

現実世界では体験できないことを仮想空間で体験できることがVRの魅力です。空飛ぶヒーローになったり、襲いかかるゾンビを撃退したり...VRゲームはますます盛り上がりを見せています。その一方で、VRは実地での経験を積むのが難しいスキルを習得するためのトレーニング・マシーンとしても利用されています。

アメリカでは毎年のように学校での銃乱射事件が起き、教職員や生徒たちが大勢犠牲になっているという悲しい現実があります。そんな事態の被害を最小限に抑えるためのトレーニングにVRが使われているようです。

使用されているのは米国陸軍と国土安全保障省によって5600万ドルをかけて開発されたVRプログラム「EDGE(Enhanced Dynamic Geo-Social Environment)」です。EDGEはこれまでも消防隊員や警察官が学校における銃撃事件に対応するためのトレーニング・シミュレーションとして利用されてきました。そして今春には教職員のトレーニングにも活用できるようにアップデートが行なわれるとのことです。

Image: Gizmodo US © ギズモード・ジャパン 提供 Image: Gizmodo US

このシミュレーションにおけるプレイヤーの種類は教員、銃撃犯、そして警察官の3つです。教員はパニックになった生徒たちを囲い、安全な場所を見つけることがゴールです。銃撃犯は学校内を移動してターゲットを見つけ、ランダムに銃殺することがゴールです。警察官のゴールは、銃撃犯を見つけて射殺すること。銃撃犯の立場でのシミュレーションも行うというのがすごいですね。確かに犯人の視点を経験していれば、教員として行動する時の判断に役立ちそうです。

EDGEのチーフ・エンジニアであるタマラ・グリフィスさんは「体験をすればするほど、生き残る可能性は高くなります。EDGEのおかげで複数の体験をし、練習をし、何が良い行動で、何が悪い行動かを知ることができます」と語っています。

残念なことに学校における銃撃事件の対応は、アメリカでは必要な訓練となってしまっています。かと言って実際の銃撃事件を何度も体験するような教員はいないわけです。それは現場に駆けつける警察官も同様です。

Image: Gizmodo US © ギズモード・ジャパン 提供 Image: Gizmodo US

EDGEを開発するにあたって、エンジニアチームはバージニア工科大学銃乱射事件やサンディフック小学校銃乱射事件の現場に駆けつけた警察官のディスパッチャー録音を参考にしたとのこと。単独でパニックになって走って逃げようとした被害者の中には教員も生徒も含まれています。銃声や子どもたちの泣き声が響くこれらの録音ファイルは、時に聴くのが耐えられなくなります。

しかし、そうしたファイルからディベロッパーたちはサバイバル戦術を考えだしたとのこと。プレイヤーは自分がどのような行動を取るべきか、シミュレーション内で指示されます。状況に応じてドアを施錠し、窓から離れる。生徒たちを壁に並べ、バリケードとして使えるような物を見つける…といった具合です。また自動ロックやインターコムといったシステムと組み合わせて違ったバリエーションのシミュレーションも行えるようです。

こういった異なるセキュリティ・オプションを組み合わせて、かつ異なる役割を経験することで、万が一実際に銃撃事件の現場に居合わせた場合も教職員は落ち着いて対応ができるようにと、グリフィスさんのチームはEDGEを開発したわけですね。

「教員たちは銃弾が飛び交うような場所を職場として選んだわけではありません。しかし残念ながら、それが現実となりつつあります。だからこそ、どのようなオプションが可能で、何が有効かを学べるチャンスを与えたいのです」と彼女は語ります。

Image: Gizmodo US © ギズモード・ジャパン 提供 Image: Gizmodo US

1999年のコロンバイン高校銃乱射事件の後、多くの親、教員、そして政治家たちがビデオゲームに責任を見出そうとしました。しかしそれから20年が経とうする今、VRのシミュレーションが人命救助のためのツールとして活用されるのは皮肉な現実です。テクノロジーと人間社会の関係はこの20年で大きく変化しました。しかし学校における銃撃事件とそれがもたらす悲惨な結果はますます悪化する一方です。VRによるトレーニングは根本的な解決にはならないものの、少しでも人命を救う助けになることを祈るばかりです。

Image: Gizmodo US

Sidney Fussell - Gizmodo US[原文]

(塚本 紺)

ギズモード・ジャパンの関連リンク

ギズモード・ジャパン
ギズモード・ジャパン
image beaconimage beaconimage beacon