古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ホッキョクグマより巨大? 新種の古代ライオン、ケニアで骨と歯を発見

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2019/04/19 13:59 AFPBB News
2000万年以上前のアフリカに生息していた超大型の肉食哺乳類「シンバクブワ・クトカアフリカ」の想像図。米オハイオ大学提供(2019年4月18日公開)。 © AFP PHOTO / OHIO UNIVERSITY / MAURICIO ANTON 2000万年以上前のアフリカに生息していた超大型の肉食哺乳類「シンバクブワ・クトカアフリカ」の想像図。米オハイオ大学提供(2019年4月18日公開)。

【AFP=時事】約2300万年前にアフリカ大陸に生息していた巨大な牙を持つ「超大型ライオン」の歯と下顎などの骨を、ケニアのサバンナで発見したとする研究論文が、学会誌「古脊椎動物ジャーナル(Journal of Vertebrate Paleontology)」に発表された。

 研究チームによると、見つかったのは史上最大級の肉食哺乳類の新種。スワヒリ語で「アフリカの大きなライオン」を意味する「シンバクブワ・クトカアフリカ(Simbakubwa kutokaafrik)」と名付けられた。

 シンバクブワの体重は最大1500キロにもなり、ゾウの祖先などを捕食していたと考えられるという。

 この研究は、米デューク大学(Duke University)とオハイオ大学(Ohio University)が共同で行った。研究を主導したデューク大のマシュー・ボース(Matthew Borths)氏は、「歯の巨大さからみて、シンバクブワは肉食に非常に特化した生物だ。現代のライオンよりもはるかに大きく、もしかしたらホッキョクグマより巨大だったかもしれない」と述べた。

 研究チームによると、シンバクブワの生息していた時代は肉食哺乳類の進化の過程で重要な時期に当たる。今回の発見は、古第三紀(Paleogene Epoch)の末期に哺乳類が小型齧歯(げっし)類から多様な種へと枝分かれした際、超大型捕食動物と被食動物が数百万年かけてどのような進化をとげたのかを解明する手掛かりになり得るという。

【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon