古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

世界で「5G」が花開く2019年 その動向を簡単にチェック

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2019/01/11 14:00
Qualcommブースに展示されている5Gスマホ © ITmedia Mobile Qualcommブースに展示されている5Gスマホ

 2018年10月、米国の大手キャリア「Verizon Wireless」が世界で初めて5G(第5世代移動体通信システム)の要素技術を取り入れた商用通信サービスを開始した。2019年には、日本を含む複数の国で、トライアル(試験提供)を含む5Gの商用通信サービスが始まる予定となっている。

 米国太平洋時間の1月8日から11日まで米国・ラスベガスで開催されている「CES 2019」では、これから5Gが“やってくる”ことを感じさせる展示がいくつか見られた。この記事では、米Qualcomm(クアルコム)と米Intel(インテル)の展示を簡単に紹介する。

●Qualcomm:5Gスマホ・ルーターの実機を展示

 自社の「Snapdraon 855」プロセッサと、組み合わせて使う5Gモデム「Snapdragon X50」を組み合わせた5Gモバイルデバイスが30超登場することを発表したQualcommのブースにある5Gコーナーのテーマは「THE REAL 5G(ホンモノの5G)」がテーマ。5Gが実用フェーズに入ったことを意識した展示が複数見られた。

 Verizon Wirelessの5G NR(5G New Radio:5Gの商用通信規格)ネットワークを使った動画のストリーミング再生デモでは、Snapdraon X50とミリ波(mmWave:30GHz超の電波)に対応するアンテナ「QTM052」を搭載した5Gスマートフォンのプロトタイプが用いられた。

 ブースではSnapdragon X50を搭載する5Gスマホや5Gモバイルルーターも展示された。

 スマホはOPPOの「Find X」、vivoの「NEX」、Xiaomiの「Mi Mix 3」の5G版(NEXのみプロトタイプ)が展示された。いずれも、2018年12月に中国の大手キャリア「China Mobile(中国移動通信)」が行った5Gサービスに関する説明会で披露されたものだという。

 5GモバイルルーターはChina Mobile、米Netgear(米AT&Tを通して販売)、米Inseego(Verizonを通して販売)の各1機種が展示された。中でもNetgearの「Nighthawk(ナイトホーク)」は米国の一部地域で提供を開始しているものだ。

 さらに、このブースでは米AT&Tの5G NR回線を使ったxR(VR【仮想現実】やAR【拡張現実】)のデモも行った。ITmedia PC USERの記事「なぜ5Gのデモは『VR・ARが人気』なのか」にもある通り、5Gの実力を一番“分かりやすく”示せるからだと思われる。

 QualcommブースにはVerizon MobileとAT&Tの5G基地局用のアンテナが臨時設置された。前者は28GHz帯、後者は39GHz帯と、両者ともにミリ波(付近)の帯域で通信を行った。

●Intel:600MHz帯の5G NRを使った音声通話デモを実施

 2019年中に5Gモデムと基地局用プロセッサを出荷するIntelのブースにおける5Gコーナーでは、モデムやプロセッサ……ではなく、5Gを使って何ができるのかに主眼を置き、関連企業とコラボレーションする形の展示が行われた。

 筆者が一番に注目したのは、米国の大手キャリア「T-Mobile US」、スウェーデンの通信機器大手「Ericsson(エリクソン)」と共同で実施した600MHz帯の電波を利用したビデオ通話だ。

 「え、ビデオ通話って今(LTE)でもできるよね?」と思うかもしれない。しかし、この実験のポイントは2つある。

 1つは、600MHz帯という非常に低い周波数帯の電波を使っていること。5Gを使った通信実験は、3.5GHz帯やミリ波付近、あるいはミリ波の電波を使うものが多い。電波の周波数は、高ければ高いほどスループット(実効通信速度)が向上するが、電波の直進性も強まるため、広いエリアのカバーが困難になる。

 そこで、電波の回折性(障害物を回り込む)特性に優れた低い周波数帯を使ってエリアカバーを広めようとしているのだ。

 もう1つは、映像と音声を伝送していること。5GはLTEと同様にパケット(データ)通信に特化した通信規格で、現時点において音声通話(あるいはビデオ通話)に関する統一規格が定められているわけではない。将来的にLTE(4G)を5Gで置き換える場合、LTEにおける「VoLTE(Voice Over LTE)」のように、5Gで音声通話ができる共通規格を定めることは不可避であると思われる。

 5Gを使ってビデオ通話をする実験を通して、将来的な5Gによる音声通話の可能性を模索しているものと思われる。

 次に注目したのは、5Gを使ったクラウドゲームのデモだ。このデモは、米国でGaaS(Gaming as a Service:クラウドゲーム)事業を手がける「PlayGiga」と、Ericssonとのコラボレーション展示だ。

 クラウドゲームは、ゲームをプレイする端末自体はそれほど高スペックでなくても問題ない。しかし、高速かつ遅延の少ないネットワーク接続が求められる。

 そこで、従来のLTEよりもさらに高速かつ低遅延な5Gの出番だ。米国における5Gは、先述のT-Mobile USを除いて固定ブロードバンド回線の代替としての役割により多くの期待が集まっている。

 5G通信なら、遅延を感じることなくクラウドゲームを楽しめるということをアピールした格好だ。

 その他、Intelブースではフィンランドの通信機器メーカー「Nokia(ノキア)」と組んだ感触付きAR体験や、ホログラフィックソリューションを手がける米国企業「MIMESYS」とEricssonと組んだホログラフィックを使った共同作業のデモが行われた。もちろん、いずれも通信に5Gを用いている。

 冒頭に上げた2つのデモに象徴されるように、先に取りあげたQualcommと比べると「5Gを現時点で“実用”するとどうなるか」ということに重きをおいていたように思う。 すでに要素技術を使った商用サービスが始まっている米国ならではだろう。

 去年(2018年)のCESと比べると、QualcommもIntelも5Gが“実用”フェーズに移行したことを感じさせる展示だった。

 5Gに関する展示の「本命」は、2月にスペイン・バルセロナで行われる「MWC Barcelona 2019」だろう。5G端末を含めて、より具体的な展示・発表に期待したい。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon