古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

各社最強スマホ、Galaxy、isai V30+、Xperiaを比較する

アスキー のロゴ アスキー 2018/02/12 12:00 小林 誠 編集● ASCII編集部

 今回は久しぶりに3大キャリア&主要3メーカーのハイスペックスマホを比較。Galaxy Note8、isai V30+、Xperia XZ1の3機種を取り上げる。端末価格も当然高額なのだが、それだけの性能があることが期待できる。まずはスペック、料金、外観をチェック!

Galaxy Note8

Galaxy Note8
© ASCII.JP 提供

スペックが高く機能も満載 独自性も強い

 今回から取り上げるのはドコモ「Galaxy Note8 SC-01K」、au「isai V30+ LGV35」、ソフトバンク「Xperia XZ1」。いずれも現在国内で販売されているキャリアスマホでは、ハイエンドクラスに位置付けられる。まずは3機種の簡単な紹介から。

●ドコモ「Galaxy Note8 SC-01K」

エッジスクリーンの曲面ディスプレーとタッチペンの「Sペン」が特徴的で、ノートのような書き心地で手書きが可能。画面サイズは18.5:9の縦長6.3型。デュアルカメラに6GBメモリー搭載など、ハイエンドスマホにふさわしい性能を持つ。auからもほぼ同じモデルが販売されている。

●au「isai V30+ LGV35」

LGの有機ELテレビの技術を採用した、高精細なディスプレーが特長。画面サイズはこちらも縦長の6型。デュアルカメラ搭載でレンズのF値1.6、こちらは標準+広角の組み合わせ。B&O PLAYのチューニングによる高音質をうたう。Galaxy Note8と同じく、ドコモとauでほぼ同じモデルが販売されている。

●ソフトバンク「Xperia XZ1」

他2モデルと異なり、縦長ではない通常タイプの5.2型液晶を搭載。カメラに「Motison Eye」と呼ぶ先読み撮影が強化され、スーパースロー撮影や3D撮影もも可能。高音質ハイレゾへの対応、音量アップのスピーカーと音楽再生も進化した。3キャリアからほぼ同じモデルが発売中。

 そのほか、主なスペックは以下のとおり。

 6.3型のGalaxy Note8、6インチのisai V30+のサイズが縦長とは言え、大きいのは当たり前だが、isai V30+がXperia XZ1と重さが近い。他機種と同じく、防水対応ながらこの軽さは魅力の1つだ。

 OSはisai V30+とXperia XZ1が最初からAndroid 8.0。CPUは横並びのSnapdragon 835(クロックは若干異なる)。またストレージが大きいisai V30+は写真や動画を貯め込む人に魅力的。

 カメラはGalaxy Note8とisai V30+のメインカメラがデュアル。Xperia XZ1はシングルであっても、カメラ機能に自信ありなのでそこは実際にチェックが必要だろう。だがXperiaはインカメラが13メガと高画素だ。

 日本向け機能と言われるワンセグ/フルセグ、おサイフケータイなど諸機能もしっかり対応し、防水・防塵も当然対応。海外で普及の兆しをみせているワイヤレス充電のQiにはGalaxy Note8とV30+が対応。生体認証についてもこの2機種は指紋センサーだけでなく、顔認証や虹彩などに対応する。

 3機種、特にGalaxy Note8とV30+は文句なしの豪華スペック。これらのスマホを使えばしばらくは不満も無さそうだが……問題は料金だ。

最安で13万円台~

MNPを含めればソフトバンク「Xperia XZ1」のリード

 続いて2年間使った場合の料金を比較する。各社のオンラインショップで本体を購入したと想定し、主要プランの中から、単身者を想定し、なるべく安いものを選択した。すべて税込。下取りやキャンペーンは除くが、一部例外もある。

※:48回払い+半額サポート適用(2年後の端末下取りを含む)

 最安はソフトバンクのXperia XZ1で13万円台で利用が可能。これは半額サポートに加入し、48回払いを選択。25ヵ月目に機種変更をし、その際には旧機種(Xperia XZ1)が回収されるので、実質的には端末の下取りが含まれた形にはなるのだが、本体価格は24回払いで済むわけだ。さらにMNP時は月月割の金額が大きく、実質8160円となる。ただしデータ定額ミニは月1GBしか通信容量が無いので、ほとんどのユーザーはもっと料金が高くなるだろう。

 とはいえ工夫次第で大手キャリアのハイスペックスマホが2年間で13万円台で使えるのも確かだ。

 それに続くのは、MNP時のドコモGalaxy Note8で、ギリギリ16万円台。こちらもMNP時はGalaxy Note8が実質2万6568円と安いのだ。しかもソフトバンクのような48回払いを選択したわけではない。しかし新規・機種変更の場合はプラス5万円なので、その場合は一気にコストが上がる。

 18万円台となったのはauのisai V30+。本体価格はMNPでも変わらず、その点が不利になった(auの他のスマホならMNP時にキャッシュバックがあることも)。auピタットプランへ加入しアップグレードプログラムEX(不課税)を適用し、ビッグニュースキャンペーンで1年間は月1000円引き。ただしauスマートバリューは含めてなかったので、その分の割引はない。なお、auピタットプランの料金は月1GBまでの利用を想定しているため、こちらも実際はさらに高くなるケースも多いだろう。

キーが独自配置のGalaxy Note8とisai V30+

スタンダードなXperia

 外観を比べるとGalaxy Note8が頭ひとつぶん高いが、縦長なので案外自然に使える大きさ。isai V30+とXperia XZ1は画面サイズがだいぶ違うのだが、縦長な分、本体サイズは見た目ほぼ同じ。isaiは狭額縁も加わって、6型と言っても比較的コンパクトに感じる。

縦長とは言え、6.3型のGalaxy Note8が一回り大きいが、V30+は案外コンパクトな印象 © ASCII.JP 提供 縦長とは言え、6.3型のGalaxy Note8が一回り大きいが、V30+は案外コンパクトな印象

 Galaxy Note8はエッジスクリーンにはなっているが、わずかにサイド部分があり左側面に音量、Bixbyキー(ユーザーに合わせた情報を表示できる)を用意。慣れていないうちは、Bixbyキーを電源ボタンと間違えることがあるかも。右側面に電源ボタン。上部にSIM、microSDスロット、下部にSペンを収納できる穴があり、USB Type-Cとイヤホン端子がある。背面の上側カメラ周りに指紋センサーや心拍数センサーが集中している。

© ASCII.JP 提供

 isai V30+は右側面にSIM&microSDスロット、左側面に音量ボタン。背面にあるのは電源ボタン兼指紋センサーで、最初は電源を押すときに戸惑うが、慣れてしまえば普通に使える。上部にイヤホン端子、下部にUSB Type-C端子。

© ASCII.JP 提供

 Xperia XZ1は右側面に音量ボタン、大きめの特長的な電源ボタン(指紋センサーと兼用)、さらにその下にカメラボタンというXperiaおなじみの配置。上部にイヤホン端子、下部にUSB Type-C端子、左側面にSIM&microSDカードスロット。

© ASCII.JP 提供

まずはMNP時の圧倒的安さで

ソフトバンクのXperia XZ1がリード

 高価なキャリアのハイスペックスマホが実質1万円切り、MNP時とはいえソフトバンクのXperia XZ1の安さは非常に魅力があり、初回の勝利機種としたい。パッと見ただけでは新鮮味があまり感じられないが、操作に慣れやすいというメリットもある。

 Galaxy Note8はスペックだけなら最有力候補。3機種の中でも独自性が強いので優劣がハッキリつきそう。isai V30+はコンパクトで大画面という点では片手操作で有利か。今後は片手操作のテストが多いので強いかも……。

 というわけで次回はスピードチェック。久しぶりに3大キャリアの通信速度も測っているのでお楽しみに。

■関連サイト

アスキーの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon