古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

Huaweiと真っ向勝負のOPPO 「Reno」の投入で“カメラと技術”をアピール

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2019/08/14 06:05
次々と新しい技術を発表するOPPO © ITmedia Mobile 次々と新しい技術を発表するOPPO

 OPPOのスマートフォンが活発な動きを見せている。世界のスマートフォン出荷台数はここのところ前年比割れが続いており、ガートナーの調査によれば、2019年第1四半期も全年同期に比べて97%の3億7300万台だった。上位5社は1位Samsungと3位Appleが数を落とす一方、2位Huaweiは144%と今期も好調、4位OPPOと5位Vivoは微増だった。数だけを見ればHuaweiが圧勝しているが、OPPOは新しい技術を次々と発表し、2020年以降のスマートフォン市場で大きな存在感を示そうとしている。2019年のこれまでの動きを振り返ってみよう。

●5Gスマホをいち早く投入

 日本でも発売された「Reno 10x Zoom」は、ペリスコープカメラを搭載した高倍率ズームレンズが特徴の製品だ。光学5倍、ハイブリッド10倍、デジタル60倍と望遠性能は高く、ここ数年「スマートフォンカメラをけん引するのはHuawei」という市場の動きに風穴を開けようとしている。しかもインカメラも収納式でディスプレイは切り欠きりのない全画面化を実現。そのカメラも扇形に動く特徴的な機構を採用しており、動きを見るだけで魅了されてしまう人もいるだろう。

 しかも同じスペックのまま5Gに対応した「Reno 5G」も発表、既にスイスの通信事業者から販売されている。Huaweiが米中貿易摩擦に巻き込まれる中で、5Gスマートフォンの投入はOPPOが半歩リードした格好だ。日本でも2019年7月31日から開催された楽天の「Rakuten Optimism」で同モデルを展示し、実際に5Gの電波を拾うデモを披露した。OPPOの技術力を日本でも十分アピールできたのではないだろうか。気が早いが、日本のキャリアが5Gを開始する際、OPPOのスマートフォンを導入する可能性も見えてきた。

●ラインアップの主役はRからRenoシリーズに?

 OPPOのスマートフォンはHuaweiとは別の進化を進めながら、新興国を中心に販売数を伸ばしてきた。2018年までのOPPOは「高性能かつ美顔機能を充実させたインカメラ」「Snapdragon 600系を採用し高性能とリーズナブルな価格を実現」「独自開発の『VOOC』急速充電システム」そして「若い世代を狙ったマーケティング」という4つを特徴に製品展開を進めてきた。その中核をなすのが「R」シリーズだった。

 ところが2019年に入ると、Rシリーズは1機種も投入されていない。高性能なアウトカメラ性能を持つ「Reno」を4月に発表すると、OPPOの販売国全てでRenoを訴求する戦略を進めているのだ。Renoはペリスコープカメラ搭載の前述した2モデルに加え、同じ形状のポップアップカメラを搭載しながらペリスコープカメラを省いた「Reno」、そのRenoのインカメラをディスプレイ上部に搭載した「Reno Z」と4モデルが2019年になって登場している。

 また、東南アジアなどの新興国には、Rシリーズのスペックを落としたFシリーズが投入されてきたが、2019年は「F11」「F11 Pro」の2モデルしか発売されていない。Fシリーズは東南アジアではOPPOの顔となるモデルだったが、今や新興国のOPPOのWebページを見ても、最初に目にするのはRenoに置き換わっている。一方、エントリーモデルからミッドレンジクラスをそろえるAシリーズは5機種がコンスタントに登場し、Fシリーズが減った穴を埋めている。

 このように、2019年のOPPOはグローバルでフラグシップモデルをRenoシリーズに統一し、その下はAシリーズの幅広いモデルでカバーするという製品展開の大きな方向転換を行ったのだ。カラフルできらびやかなボディーの製品が多いというイメージも、Renoの落ち着いたグリーンカラーがOPPOの新しい印象を与えるものになりつつある(OPPOのコーポレートカラーも同系の明るいグリーンだ)。

 ミッドハイレンジ中心からハイエンドモデルを頂点とする製品ポートフォリオの転換は、これまでの製品展開ではユーザー層拡大に限界が見えてきたからだろう。HuaweiのPシリーズはスマートフォンのカメラに不満を持っていた層の取り込みに成功し、ハイスペックなMateシリーズはSamsungやAppleには飽き足らない高性能端末を求めるユーザーの心を捉えている。Renoは4つのモデルでHuaweiの2シリーズに対抗できるラインアップをそろえ、「高性能なアウトカメラ」「ハイスペック」「5G」「特徴あるインカメラ」という4つのキーワードでHuaweiに真っ向から対抗しようとしているのだ。

●業界を一歩リードする技術も開発

 Reno 10x ZoomとReno 5Gは他社のフラグシップモデルと並べても全くそん色のない製品といえる。しかしOPPOはそれだけではなく、2020年以降を見据えた新しい技術の開発にも積極的だ。ディスプレイを曲げられる折りたたみスマートフォンではHuaweiに出遅れたものの、他の技術では業界を一歩リードする新しい技術を次々と開発している。

 2019年6月に発表されたディスプレイ埋め込み型のインカメラは、5G時代のスマートフォンに必須の技術になるかもしれない。5Gの高速・大容量・低遅延ネットワークはスマートフォンでの動画利用を当たり前のものとし、スマートフォンの画面には常に動画が流れている、そんなユーザー体験を提供しようとしている。

 そうなると、スマートフォンのディスプレイは全画面が表示エリアになるべきであり、インカメラは邪魔な存在になる。現状のポップアップカメラや本体スライド式によるインカメラでは、顔認識の際もカメラを動かす必要がありレスポンスも遅れる。しかしディスプレイに内蔵されれば常に全画面表示を可能にしつつ、顔認識も即座に反応できるのだ。

 また7月末に発表した「Waterfall Screen」はSamsungが開発したエッジディスプレイをさらに進化させたもの。側面のボタンレス化に加え、画面表示をその名の通り「滝のように」スクロールできるようになるだろう。

 側面が表示エリアであれば誤タッチが心配、という声が多く聞かれるが、そもそもタッチミスが起きるようなディスプレイをOPPOが開発するはずがない。側面のタッチ状態により握っている状態を認識するシステムが搭載されているのだろう。そして左右に画面をスワイプすると、側面からまるで巻物のように画面が左右にスクロールされて出てくる、という表示体験が得られるに違いない。

 さらには、スマートウォッチでも折りたたみとロールディスプレイを搭載する特許を発表。特許を取ったからといって、すぐに製品化されるとは限らないが、スマートウォッチ市場では今のところ一切の動きがないOPPOだけに、そろそろ何かしらの製品を準備しているかもしれない。2020年のOPPOはアッと驚くような新製品を次々と投入してくれるに違いない。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon